アバドンの業火

IQTechLogo.jpgIQテック・リサーチ社(IQTech Research)
2015/10/31 13:28:02
アバドンに関して明らかとなっていることを列記します。

2015年初頭に11名のナイアンティック研究者がシャードと化してポータルネットワークへ取り込まれました。ナイアンティック研究者のハンク・ジョンソン、アンチマグナス指導者ヤーハン、そしてハンクの仲間であるアズマティがアフガニスタンにある13マグナスの「ネスト」へと入った直後のことです。そのネストは、数年前にハンクとアズマティが強力なXM体に遭遇していた地です。アズマティは争いの最中に命を落としましたが、ヤーハンは脱出し、アンチマグナスの拠点があるペルセポリスへと逃れました。

それでは13マグナスやアンチマグナスとは何なのでしょうか。
13マグナスとは、ナイアンティック計画の創設者エゼキエル・カルビンが長年捜し求めていた太古の組織であり、エキゾチックマターの力を以て選ばれし者へ永遠の命の類を授けていたようです。13マグナスのネスト(アーティファクトの安置された太古の墓所)でその儀式は行われていたのでしょう。

13マグナスはシェイパーと利害を一致させています。シェイパーとは異なる次元に在りながら、調節されたエキゾチックマターやグリフ配列、アーティファクトを通じて人類と意思疎通する存在です。

アンチマグナスは長年に渡り13マグナスを打倒しようとしてきました。13マグナスたるアズマティ一族、アンチマグナスたるヤーハン一族、二つの対立派閥は数千年に及ぶ対立を続けてきたのです。アンチマグナスもまた異界と無縁ではありません。彼らもまた「ナジア」と呼ばれる異次元の存在と手を組んでいるようなのです。

エンライテンドは、シェイパーや13マグナスと手を組んでいます。アコライトとローランド・ジャービス率いるエンライテンドは生物学的な存在を支持しており、充実した人生と世界の美しさを味わうことを提唱しています。

レジスタンスは検出アルゴリズム、ヤーハンそしてカルビンに率いられており、アンチマグナスを支持し、ナジアに協調しています。レジスタンスは人類の直面する課題を克服するためテクノロジーの革新を提唱しており、この宇宙に秘められた謎を暴こうとしています。

今年、証人アノマリーの折にポータルネットワーク上に現出したデブラ・ボグダノヴィッチのシャード群はレジスタンスが手中に収めました。時を置くことなきペルセポリスアノマリーではスタイン・ライトマンのシャード群が現出し、またしてもレジスタンスが確保しました。

時を同じくして、エイダがヘンリー・ボウルズ(共同開発者のひとり)と855なる工作員の手によってオフラインに追い込まれたことを知りました。彼らは一年近くを件の人工知能と意識共有していたクルーから得た情報と、エイダに組み込まれたコードの初期型にあたる「トゥルースシーカー」によって収集された情報を活用して攻勢を謀ったのです。

クルーとの意識統合より以前、エイダはサンタモニカにおける失態で昏睡状態に陥った855の精神へ侵入を試みたことがあります。このことは855の心に深い傷を刻むこととなり、エイダへの憎しみを募らせることとなりました。その襲撃を受け、エイダはポータルネットワーク上にシャード群として現出しており、確認されたその数は12片に及んでいます。

今年の夏に入り、「アバドン」という言葉を耳にしました。一体何なのでしょうか。どうやらナイアンティック計画の初期にCERNで起きたことに関係があるようです。神話では暗闇の入口や底無しの穴、あるいは地獄といった概念と関連づけられる言葉です。時としてそれは冥界に関連した人物あるいは集団を暗に示すこともあります。ナイアンティック計画で何が起きたのか誰も確証を得てはいませんが、現時点ではCERNに関連した何らかの入口やポータルといったものではないかと見ています。更に、ナイアンティック計画創設者エゼキエル・カルビンが「アバドン」なるものに中心的に関わっていたことは得られた証拠が示唆しているところです。

アバドン・アノマリーの発生後、新たに4名の研究者たちがシャードとしてポータルネットワーク上に現出しました。2015年10月10日にボストンで顕在化したユーリ・アラリック・ナガッサのシャード群はエンライテンドが確保し、ヒューストンで顕在化したミスティ・ハンナのシャード群は接戦を制したレジスタンスの確保するところとなりました。

2015年10月24日にチューリッヒで顕在化したエノク・ダルビーはレジスタンスが確保し、ロンドンで顕在化したかつての恋人キャリー・キャンベルもまたレジスタンスが確保しました。

その後、アンチマグナス指導者ヤーハンとエイダが接触した現場の映像が明らかとなりました。映像のなかで、ヤーハンは太古のナジア・テクノロジーを起動させようとしています。ヤーハンを「攻撃」する寸前、エイダはシェイパーグリフでメッセージを送っています。

技術/知性/進歩/全体
技術/知性/成長/無制限
創造/新規/未来
理解/無制限

我が社の公表情報にもとづき、研究者たちの相対的な力を解説しましょう。現在の両ファクションの「スコア」は、エンライテンドが1(ユーリ)に対し、レジスタンスが3(ミスティ、キャリー、エノク)となっています。新北市、ハンブルグ、ニューオーリンズをプライマリーとする2015年11月14日の次期アノマリーにおいては、オリバー・リントン=ウルフ博士、ビクター・クレーゼ博士、マーティン・シューベルト博士のシャード群現出が予測されています。それぞれが3となっており、その重要性が高まっています。残された研究者たちも2015年12月12日で続き、沖縄でエイダが、ミラノでローランド・ジャービスが、ニューオーリンズでエゼキエル・カルビンが顕在化していきます。それぞれが4となっており、最も重要性を帯びているのです。

AbaddonFlames.gif

IQTech Research
2015/10/31 13:28:02
This is everything we know right now about #Abaddon.

In early 2015, 11 of the original Niantic Project researchers were fragmented into XM Shards and drawn into the Portal Network after Niantic researcher +Hank Johnson​, Anti-Magnus leader Jahan, and Hank's associate Azmati entered the 13MAGNUS 'Nest' in Afghanistan. This nest was the place where Hank and Azmati had encountered a powerful XM presence several years ago. Azmati died during the conflict, and Jahan escaped, fleeing to Persepolis, the location of an Anti-Magnus stronghold.

What are 13MAGNUS and the Anti-Magnus?  13MAGNUS is an ancient organization long pursued by +Niantic Project​ organizer Ezekiel Calvin that seems to have harnessed the power of XM, potentially to bestow a kind of eternal life to select members through a ceremony conducted in a 13MAGNUS 'Nest' (usually an ancient tomb equipped with XM artifacts).  

13MAGNUS is aligned with the interest of the Shapers, an entity which exists in another place/time and communicates with humanity through modulated XM, Glyphs and XM artifacts.  

The Anti-Magnus have long attempted to destroy 13MAGNUS.  Two rival clans, Azmati's (13MAGNUS) and Jahan's (Anti-Magnus), have dueled through the millennia.  The Anti-Magnus are not without foreign influence.  They seem to be allied with another entity that also exists in another place/time called the 'N'zeer.'  

The Enlightened (led by the 'Acolyte' and +Roland Jarvis​) are aligned with the Shapers and 13MAGNUS.  The Enlightened support a biologically centered existence, advocating their followers to lead life to the fullest, savoring everything of beauty in the world.  

The Resistance, led by +A Detection Algorithm​, Calvin and Jahan, are backers of the Anti-Magnus and are aligned with the N'zeer.  The Resistance advocate technological progress at any cost to solve the problems that mankind faces, and to unlock the hidden mysteries of the universe.

Earlier this year, during Shōnin, +Devra Bogdanovich​'s XM Shards appeared in the Portal Network and were claimed by the Resistance.  Shortly afterwards (during Persepolis), the XM Shards of +Stein Lightman​ appeared and were also controlled by the Resistance.

We learned during this time that ADA was taken offline in a joint attack conducted by Henry Bowles (one of her co-creators) and an operative known as 855 who attacked the AI using tools and data gleaned from 'Truthseeker' (an early version of code that was integrated into ADA) as well information acquired from +Klue S.​, who had spent nearly a year living as unified consciousness with the A.I.

Prior to attempting to merge with Klue, ADA had attempted to penetrate the mind of 855 when he lay in a coma following a botched hit in Santa Monica. This attempt left deep scars in the mind of 855, resulting in his vendetta against ADA. Following the attack, it seems ADA has also manifested as Shards within the Portal Network, bringing the total number of entities trapped within it to 12.

This summer we first heard about '#Abaddon.'  What is it?  It seems to relate to something that happened at CERN during the early days of the Niantic Project.  We know that in ancient mythology, Abaddon refers to a gateway to a dark place, a bottomless pit, and is sometimes associated with the concept of hell.  At times it is also personified, relating to a person or entity associated with the underworld.  No one has learned conclusively what it means in the context of the Niantic Project, but a gateway or Portal of some sort related to the CERN complex is our best guess at the moment. In addition, the evidence strongly suggests that Ezekiel Calvin, founder of the Niantic Project, was centrally involved in whatever 'Abaddon' is.

After the Abaddon Anomalies began, the Shards of four additional researchers appeared in the Portal Network.  On October 10, 2015, the Shards of+Yuri Alaric Nagassa​ appeared in Boston where they were claimed by the Enlightened and the Shards of +Misty Hannah​ appeared in Houston, where they were controlled, by a razor-thin margin, by the Resistance.  

On October 24, 2015, the Shards of +enoch dalby​ appeared in Zurich where they were dominantly controlled by the Resistance and the Shards of his onetime romantic partner +Carrie Campbell​ appeared in London where they were also controlled by the Resistance.

After the event a video emerged depicting an encounter between Anti-Magnus leader Jahan and ADA. In it, Jahan attempts to awaken an ancient form of N'zeer technology. ADA sent the following message in Shaper Glyphs before 'attacking' Jahan:

Technology. Intelligence. Advance. All.
Technology. Intelligence. Grow. Unbounded.
Create. New. Future.
Human. Escape. All.
See. Unbounded.

Based on the data released by our organization, describing the relative power of the various researchers, the current 'score' between the two Factions would be Enlightened: 1 (Yuri) to Resistance: 3 (Misty, Carrie, and Enoch).  We know that the Shards of Dr. +Oliver Lynton-Wolfe​, Dr. Victor Kureze, and Dr. +Martin Schubert​ are expected to manifest during the next wave of Anomalies on November 14, 2015, with Primaries in New Taipei City, Hamburg, and New Orleans respectively.  These are weighted as '3' each, so the stakes will go up considerably.  The other researchers will follow on December 12, 2015. ADA in Okinawa, Roland Jarvis in Milan and Ezekiel Calvin in Oakland. They are weighted at '4' each, the highest stakes of all.