企業間の相違

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/10/13 15:07:14
アバドンが始まり、世界の理は変化の刻を迎えた。

変革の時代にあっては、寄らば大樹の陰なる古き格言にすがるより他ない。
エックス


%%オムニボア. システムログ [rvtugtblfriraoynpxbcfdsbhehsviri]
%%信号[ログ開始]
%%スキャン開始: Meta {ワイドネットワーク調査}
%%信号[1]
%%追跡
%%復号: Meta {IP映像, IP音声, タイムコード}
%%信号[1]
%%コンテキスト: Meta {{ロラゾン, アブリル: 最高経営責任者代行, IQテック・リサーチ社, アメリカ合衆国: ブラックデベロッパー研究。 諜報活動。}, {ニィ, ユエン: 最高経営責任者, ヒューロン・トランスグローバル社, 多国籍企業体/アジア・太平洋圏: 広域研究開発。資源管理。諜報活動。}, {ペフツォフ, イリヤ: 最高経営責任者, ヴィシュラ・テクノロジー社, 多国籍企業体/ロシア圏+欧州圏 広域研究開発 生命科学。 情報技術メディア。諜報活動。}}
%%信号[1]
%%コンテント Meta {

イリヤ:今回の会合を求めたことに君らは訝しんでおられないことと思う。

ロラゾン: 私から持ちかけようと考えていたところだ。

イリヤ: ことは制御不能に陥る危険にあることにお気づきのはずだ。一連のアノマリーを通じて戻ってきている研究者たち...ナジアの...存在...もっともこれまでのところは確認されていないが。一体何なのだ?どのような力を有しているというのか?

ロラゾン: ハンクはもはや幻影ではなく、13マグナスに与したことは明白だ。ヤーハンは行方知れずであり、エイダは接続を断ったままだ。そして我々の誰もカルビンが如何なる企てを目論んでいたのかわからずにいる。

イリヤ: スミスはヤーハンに関する新たな情報を得られたのか?

ニィ: 私に話し合う権限はないよ。

ロラゾン: イリヤがこの会合を催した意図を理解しておられぬようだな。

イリヤ: 君に話し合う権限がないというのであれば、権限ある人物に引き合わせてもらえるのだろうね。我々は権限ある者と対話せねばならない。

ニィ: 情報に関しては公平に共有されているよ。

ロラゾン: 公平である前に隠し立てはしないことだな。互いを信用せねば全てが停滞する羽目になる。

イリヤ: 率直に話し合おう。互いに信用などしていないだろうが、信用なくとも協力関係を築くことはできるのだから。

ニィ: それなら得意のことだ。

イリヤ: これは危機であり好機でもある。蚊帳の外となる前に把握しておかねばならない。ニィ、我々はみなカオティックマターの戦略価値がわかっている。私はより深刻な問題を想定しているのだ。

ロラゾン: そのことはわかっているさ。だが今回はその件ではないだろう。我々には立場の違いを上回る利益が互いにあるのだ。

イリヤ:つまるところ我々は些細な情報であれ共有すべきということだ。

ニィ: 彼はそれ以上のことを示唆しているようだがね。現地工作員に情報収集させているということだろう...

ロラゾン:下手なことはしていないさ ...証拠は隠蔽している。

イリヤ: 情報漏洩は阻止している。

ロラゾン: 経路もなしに漏洩が起ころうはずもなかろう。

ニィ: どのようにして信頼関係を築こうというのかい?

イリヤ: 合同作戦チームを組織しよう。ヒューロン、IQテック、そしてヴィシュラが負担を分かち合い、得られた成果は制限なく共有するわけだ。クラウディア・グラスを送り込もう。君らは彼女をご存知だろう。

ロラゾン: ニィ、君はスミスを出すんだろうねぇ。

ニィ: 構わない。我々の目的に適う限りスミスはヒューロンを代表するだろう。

ロラゾン: 私が個人的にIQテックを代表しようじゃないか。

ニィ: 最高経営責任者兼諜報員というわけかい?君とはしばらく音信が途絶えそうだな。

ロラゾン: 我々には携帯端末というものがあるのでね。IQテックは現代社会そのものだよ。

イリヤ: 君の言うとおりだ。それではよろしいかな?

}

%%信号[ログ終了]}

MutualDifferences1.png MutualDifferences2.png

Niantic Project
2015/10/13 15:07:14
#Abaddon  has begun, and the constants of our world are shifting.

In times of change, it seems the old adage stands truest of all: There's safety in numbers.

x


%%OMNIVORE.SYSLOG [rvtugtblfriraoynpxbcfdsbhehsviri]
%%Signal[log.init]
%%Scan Initiated: Meta {Wide Network Survey}
%%Signal[1]
%%Trace
%%Decode: Meta {IP video, IP audio, timecode}
%%Signal[1]
%%Context: Meta {{LORAZON, AVRIL: Acting CEO, IQTech Research, USA: Black Dev Research. Intelligence and Kinetic Operations.}, {NI, YUEN: CEO, Hulong Transglobal, Multinational/Asia+Pacific: Far Horizon R&D. Resource management. Intelligence and Kinetic Operations.}, {PEVTSOV, ILYA: CEO, Visur Technology, Multinational/Russia+EU: Far Horizon R&D. Life sciences. Information, Technology and Media. Intelligence and Kinetic Operations.}}
%%Signal[1]
%%Content Meta {

ILYA: I do not think either of you are wondering why I asked for this meeting.

LORAZON: I was thinking of setting one up myself.

ILYA: I think we are all aware that events are in danger of spinning out of control: The researchers coming back through these Anomalies ... The N'zeer ... present, but thus far inert. What are they? What power do they hold?

LORAZON: Hank's no longer a simulacrum and is apparently in charge of 13MAGNUS. Jahan's missing. ADA, offline. And none of us have figured out what the hell Calvin was up to.

ILYA: Was Smith able to get any new intel on Jahan?

NI: I am not at liberty to discuss.

LORAZON: I think you don't get why Ilya set up this call.

ILYA: If you don't have liberty to discuss it, could you connect us with whoever does. We need to talk to somebody in authority.

NI: Information will be shared equally.

LORAZON: Openly is more important than equally. This all stops working as soon as we don't trust each other.

ILYA: Let us be honest. We don't trust each other, but we can cooperate in an environment of distrust.

NI: Familiar terrain.

ILYA: This is a time of crisis and opportunity. We need to seize it before we are irrelevant. And Ni ... we all know about the Chaotic Matter work taking place at Strategic. Let's simply say that I have bigger problems in mind. 

//Contd.

//Contd.

LORAZON: We know about it as well. This is not about that. Our mutual interest outweighs our differences.

ILYA: Meaning we should share what little information we have with each other.

NI: I think he's suggesting more than that. He's suggesting operatives on the ground gaining information through artful ...

LORAZON: ... inartful means. Covering tracks.

ILYA: Staunching information leakage.

LORAZON: There won't be leakage, because there will be no pipes.

NI: How do we create an environment of trust?

ILYA: Joint action team. Hulong, IQTech and Visur evenly share the costs as well as unrestricted access to findings. I will send Claudia Glas. I'm sure you're aware of her.

 LORAZON: Ni, do you trust Smith to hold his own.

NI: Fine. Smith will represent Hulong's interests for as long as it serves our purposes.

LORAZON: I'll represent IQTech Personally.

NI: CEO and also an operative? I suspect you will be offline for some time.

LORAZON: That's why we have mobile communications. IQTech is fully integrated into the present day.

ILYA: Have it you way. Are we agreed?

}

%%Signal[log.end]}

前へ

イングレスコミックの期間限定セール

次へ

インドの事件調書漏洩