ユーリを感じ取った

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/10/11 16:04:57
諸君はご存知ないかもしれないが、ユーリの父親はソ連諜報員だった。もっとも彼がそれを認めることは決してなかったろうがね。アンデス山脈高地に位置する観測所で活動し、冷戦期のアメリカ大陸において「重要な天文学研究」を成し遂げた。

孤立した存在だった。ユーリの母親に関しては知らない。彼は母親のことを話すことがなかったし、父親と過ごした時間は観測所設備の作業と「研究」の補助に費やされていた。

ユーリ・アラリック・ナガッサと私の話へ戻そう。ナイアンティック計画が正式に発足される以前のことになるが、彼とは頻繁に接触していた。

パワースポットだ。

ユーリは即座に気づいていた。存在を知覚することのできるひとりのセンシティブとして、そしてテクノロジーの補助なく世界を知るすべを修得したプリビレッジとしてね。私には難しいことだ。テクノロジーに依存してしまっているが、そうあることが感覚を鈍らせていることはわかる。

初めてユーリと出会ったとき、明瞭な感性を察した。彼は気の利く男であり、余人を寄せ付けぬ知性があった。彼の謎に包まれた背景は、共通の話題を得るに充分であった。

ユーリのロシア語訛りなくだらないジョークに笑っては、そして私の着想について議論を始めていたものだ。なにかしらの手助けを彼に求めていた。彼は身を乗り出し、持ち前の訛りも失うのだった。そこは活動の最前線となるのだ。彼はソ連諜報員の不出来な息子として華麗なる天文学者の道をあっという間に諦めた男であった。あるいは、忙しない現代科学文明よりも森の絶え間なき音と調和した神秘的な先住民であった。

再び彼の存在を感じ取った、今日のことだ。それはレンズの焦点が合っていくかのような感覚であった。束の間感じ取ったそれは初めて出会ったときと同じく鮮明であった。

強烈な感覚であった。

そして諸君に疑問が生じていることはわかっている。ユーリを感じ取ったように、ミスティ・ハンナとの絶縁を感じ取ったのだろうか、ということだ。だが、それは公平性に欠くことだ。ミスティと過ごした関係は、ユーリのそれとは同じでないのだからね。

おそらくは誰かが彼女の存在を感じ取ったはずだ。その報告は譲るとしよう。

YuriBoston.jpg

Hank Johnson
2015/10/11 16:04:57
If you didn't know, Yuri's dad was a (he would never admit it in these words) spy for the USSR. He operated an 'observatory' high in the Andes that just happened to be performing 'critical astronomical research' in the Americas during the cold war.

An isolated existence. I don't know what happened to Yuri's mother, he never much talked about her, and what time he did spend with his dad was focused more on working with the equipment in the observatory and helping out with the 'research.'

+Yuri Alaric Nagassa and I go way back. Before Niantic was officially even a thing, he and I shared a frequency.

Power Spots.

He understood immediately. Both within himself, as a sensitive who had felt their presence, and as someone privileged enough to have learned a way to experience the world without the crutch of technology (I'm being harsh, I love technology, but I recognize that it dulls certain senses).

The first time I met Yuri, there was an immediate sense of clarity. 

He was witty, intimidatingly intelligent, and his background in the world of the spooky (both kinds) yielded us some pretty strong common ground.

He laid on some corny jokes in a thick Russian accent, I laughed politely, then we started talking about one of my ideas. Something I was looking for that he could help me find. He leaned in. The accent vanished. It was all a front. He could don that personality, the bumbling son of a Russian spy, and drop it in a millisecond to become the brilliant stargazer, or the mystic native more in tune with the incessant hum of the forest than the rapid-fire world of modern science.

I felt him again, today. Like a lens tuning. For a second, there was that same, sharp clarity that I had felt the first time I met him.

It was a powerful sensation.

And I know the question that many of you want me to answer. Did I feel a connection break with +Misty Hannah just as I felt one form with Yuri? It's an unfair question. I don't have the same history with Misty that I do with Nagassa. 

Perhaps another felt her presence. I'll leave it to them to share that experience.