エネルギーパターンの特定

IQTechLogo.jpgIQテック・リサーチ社(IQTech Research)
2015/10/09 10:50:23
エージェント諸君に告ぐ。

各アバドン・アノマリーに関連した計10種類のエネルギーパターンが検出された。

これらのエネルギーパターンを制御せんとすること、すなわちアバドンにかかる対立の核心となる。


アノマリー機密情報 アバドンシリーズの制御

入手した情報によると、各アバドン・アノマリーにおいて特定のナイアンティック計画研究者に由来するシャード群が現出することが明らかとなった。研究者たちの制御がアノマリーシリーズの趨勢を左右させることとなるだろう。

フラッシュアノマリーにおいては、より多くのシャード群を確保したファクションが研究者の制御を得ることになるだろう。

アノマリーにおいて、シャード群は遠隔地に現出する。シャード群の制御を含むいくつかの要因によっていずれのファクションが研究者を制御するかが決定づけられる。具体的には次のとおりである。

1)アクティブポータルおよび揮発性ポータル
2)ポータルリンク
3)コントロールフィールド
4)戦略フィールド
5)特定のサイクルにおけるグローバルマインドユニットの測定値
6)プライマリーサイトまたはその近郊にあるターゲットポータルへ固定したシャード

それぞれの研究者は次に挙げる1から4の潜在価値を備えている。

2015年10月10日

フラッシュシャード:ヒューストン/ミスティ・ハンナ(1)
フラッシュシャード:ボストン/ユーリ・アラリック・ナガッサ(1)

2015年10月24日
フラッシュシャード:チューリッ/エノク・ダルビー(1)
フラッシュシャード:ロンドン/キャリー・キャンベル(1)

2015年11月14日
アノマリー:新北市/オリバー・リントン=ウルフ(3)
アノマリー:ハンブルグ/ビクター・クレーゼ(3)
アノマリー:ニューオーリンズ/マーティン・シューベルト(3)

2015年12月12日
アノマリー:沖縄/検出アルゴリズム(4)
アノマリー:ミラノ/ローランド・ジャービス(4)
アノマリー:オークランド/エゼキエル・カルビン(4)

潜在総計:25

研究者の制御(そして関連する全ての値)を為し得たファクションが各アノマリーを制御することだろう。

アバドンの結末は、上記の値を活用し研究者の制御に依存することとなる。

AnomalySeries-pg1.png AnomalySeries-pg2.png

IQTech Research
2015/10/09 10:50:23
Attention Agents.

10 Energy Patterns have been detected, one associated with each#Abaddon Anomaly.

Gaining control of these Energy Patterns represents the core conflict at stake in#Abaddon.


ANOMALY INTEL - CONTROL OF #ABADDON SERIES

Our intel confirm that the Shards of a single Niantic Project researcher will manifest at each Abaddon Anomaly. Control of these researchers will determine the overall outcome of the Anomaly Series.

During the Flash Shard Anomalies, the Faction that controls a greater number of Shards will gain control of that researcher.

During the Primary / Remote Anomalies, Shards will manifest at Remote sites and control of the Shards as well as other factors will determine which Faction controls the Researcher. Specifically:

1) Active and Volatile Portals
2) Connected Portal Links
3) Connected Fields
4) Strategic Overhead Fields
5) Global Mind Unit Count at a specified Septicycle measurement.
6) Shards Captured in specified Target Portals at/near Primary cities.

Each Researcher has a potential value of between 1 and 4, as follow:

OCTOBER 10 2015
Flash Shard: Houston Misty Hannah (1)
Flash Shard: Boston Yuri Araric Nagga (1)

OCTOBER 24 2015
Flash Shard: Zurich Enoch Dalby (1)
Flash Shard: London Carrie Campbell (1)

NOVEMBER 14 2015
XM Anomaly: New Taipei City Oliver Lynton-Wolfe (3)
XM Anomaly: Humburg Victor Kureze (3)
XM Anomaly: New Orleans Martin Schubert (3)

DECEMBER 12 2015
XM Anomaly:Okinawa A Detection Algorithm (4)
XM Anomaly: Milan Roland Jarvis (4)
XM Anomaly: Oakland Ezekiel Calvin (4)

Total Possible: 25

Controlling an Anomary will enable a Faction to gain control of the Researcher ( and the entire value associated with them ).

Abaddon's outcome will rest on the control of the Researchers using their values as indicated above.

Page 1