コープス・オブ・アバドン

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/10/07 15:48:01
昨日の不可解な手掛かりをもとに時宜にかなった行動を起こし、テキサス州ダラス郊外クロスプレインズにあるロバート・アーヴィン・ハワード**邸の近郊で重要なデッドドロップ*の在処を特定してみせたケイシャ W.に感謝したい。エージェントとして目覚ましい働きであった。手掛かりの解読に協力した人々や広範なネットワークを通じて支援してくれた人々にも同じく感謝したい。

数多くの情報に加え、一通の書簡が回収された。聞くところによれば、ウィアード・テールズ***編集長ファンズワース・ライトからロバート・E・ハワードへ宛てたものとのことだ。それは「コープス・オブ・アバドン」なる作品の打合せであった。

これは偶然の一致であろうか。

この書簡が事実に反する可能性も視野に入れておかねばなるまいが、おそらくは事実なのだろう。ロバート・アーヴィン・ハワードが創造力に満ちたセンシティブであったとの考えを裏づける証拠を得たのだ。
エックス

*デッドドロップ
現実社会に隠し置かれた情報およびその伝達手段。人伝に直接受け渡しされるライブドロップと対比的に用いられます。アノマリーシリーズにおいてもプライマリーサイトではデッドドロップの争奪が行われることがあります。
**ロバート・アーヴィン・ハワード
「英雄コナン」シリーズで有名な作家。ヒロイック・ファンタジー創始者と見なされています。
***ウィアード・テールズ
伝奇小説、ファンタジー小説、SF小説を取り扱う1923年創刊の専門誌。


1934年10月10日

ロバートへ

「コープス・オブ・アバドン」の原稿は別便で送り返そう、私の琴線には触れなかったからね。

確かに「ウィアード・テールズ」は突拍子もない物語の発刊に誇りを持ってはいるよ、だがこの物語は我々であってさえ度を超して魅了してしまうものだ。80年後の未来なんて設定はやめてはどうかな。研究所の地獄を思わせる部屋に閉じ込められた科学者たちを、英雄コナンの読者が慣れ親しむローブをまとった魔術師といった設定にどうして変更できないのだろうか。「次元遷移」なる訳のわからない科学的な造語をどうして削除できないのだろうか。「異世界群」なる奇妙なプラズマをどうして避けることができないのだろうか。フォレスト・J・アッカーマンであればハドロン衝突型加速器をも上回る話に食いつくやもしれないが、本誌読者にとっては知的に過ぎる。読者が望んでいるのは剣と盾の世界の方だよ。君のペンフレンドが愛想を尽かさないことを祈っているよ。単純明快でいいんだよ、拳と剣で。

母君の容態が良くなってくれることを祈っている。提案を受け入れてくれるのであれば再送してほしい。受信を心待ちにしているさ。

もはや私の手は自分で署名できないほどに不自由なものとなってしまったよ。くそったれな業者の支払いがあれば、小切手に署名するだろうがね。

よろしく

ファンズワース・ライト
編集長
ウィアード・テールズ

Corpses.jpg

Niantic Project
2015/10/07 15:48:01
Thanks to the timely actions of +Keisha W., the cryptic clue from yesterday was found to conceal a large dead drop near the Robert E. Howard house in Cross Plains, TX. Thank you for your excellent work, Agent. Gratitude is also due to those who helped decrypt this clue and pass it through the extensive network of Agents in order to assist in the recovery.

In additional to a number of other items, a letter was recovered, purportedly from Farnsworth Wright (the editor of Weird Tales) to Robert E. Howard. It discusses a story called 'Corpses of Abaddon.'

Coincidence?

Perhaps, but we must consider the possibility that this letter may in fact be real. We have seen evidence before that supported the idea that Robert E. Howard was a powerful creative and XM Sensitive.

x


October 10, 1934

Robert,

I am returning your manuscript CORPSES OF ABADDON in a separate envelops, as it does not appeal to me.

While 'Whird Tales' prides itself in publishing stories that are outlandish. I'm afraid that this story is too far fetched even for us. Instead of setting it eighty years in the future, why don't you replace the scientists trapped in this infernal room in a laboratory with something more familiar to Conan readers, like robed sorcerers, and dispense with the labored scientific mumbo jumbo about 'transdimentionality' and fending off a strange plasma from 'Otherworlds.'

Forry Ackerman might like talk of Hadron Colliders over at Amazing, but that is too egghead for our reader. They much prefer the broadsword and shield. I'm hoping your pen pal isn't wearing off on you. Keep it simple and direct. Fists and blades.

Hope your mother is feeling better. If you want to make my suggested changes and resubmit, my inbox awaits.

My hand is so unsteady that I can no longer sign my own letters. However I will be signing some checks I owe as soon as my damned distributors pay.

Most sincerely,

Farnsworth Wright
Editor
Weird Tales

前へ

アバドン迫る

次へ

研究者たちの命運