エノク・ダルビー

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/09/30 14:41:29
自ら過去に投稿した内容を調べていた。証人アノマリーの折に姿を消した研究者たちを追おうとしていた頃のものからだ。そうすることで、ナイアンティック計画に参画した楽才の消息を追っていたときに起きたことに関しては一切触れていなかったことが分かった。

エノク・ダルビーのことだとお察しいただけることだろうが、彼と言葉を交わすことは叶わなかった。彼の所在を突き止めたときには、場所は明かせないがとある崇高なスタジオで長時間にわたる演奏の最中であった。その様は極めて高レベルのエキゾチックマターを放っているように見えた。当時の私はいまだ新たに得た幻影に馴染もうとしている頃であり...以前よりもポータルに敏感だったようだし、そのスタジオに満ちる過剰なエキゾチックマターに朦朧として、未来に思いを馳せようとしたものだ。

コントロール・ルームに立ったときの私は、レコーディングというよりはむしろ宇宙への打ち上げや手術に立ち会っているような感覚だった。実際にエノクは目の前の部屋にいた。演奏時の彼はしばしばそうであったのだが、光り輝いているようであった。私の知覚にエキゾチックマターが干渉していたに過ぎないのかはわからない。また、周囲のエキゾチックマターが演奏に反応していることもわかった。伝わっているのだろうか、おそらくはそうなのだろう。

誰か話のできる者がいないか探した。エノクの邪魔はしたくなかったのだ。彼はトランス状態にあるように見えた。その身を曲に合わせて揺らし、その指はキーボードと無数の電子機器を踊るように跳ねていた。それはライトワンドを用いてグリフパターンを描くシンセサイザーを操っているかに見えた。

そのとき、唐突にキャリーの気配を感じ取ったのだ。振り向いたが、無論そこには誰もいなかった。だが、確かに彼女の存在を感じ取っていたのだ。何もなき空間を見つめると、彼女の存在を感じ取ることができた。演奏が彼女を引き寄せたのだろうか。その場に存在する人を、そのエキゾチックマターを私はわかったのだ。

ちょうどそのときのことだ、ひとりのプロデューサーが室内に入ってきた。私は違和感を振り払うと申し出た。エノクと会いたいのだが、と。男は私を一瞥すると断言した。「ダルビーはここにはいないよ」と。私は開いた口を塞ぐのも忘れ、しばらく男を見つめてしまった。我々の向かいの部屋にエノクがいるのは明かなことではないか。その演奏に合わせて頭を振っているではないか。そう指摘して振り向き、私は驚いた。そのプロデューサーは無言で肩をすくめると、色褪せ半ば剥げたコンサートツアーアートの並ぶ漆喰の廊下を抜け、コントロール・ルームの外へと連れ出した。

男が扉を開き、私は「エノク」の演奏する室内に足を踏み入れると、優しく彼の肩を叩いた。いや、叩こうとしたんだ。そこには誰もいなかった。それはホログラムだったのだ。

「それはパフォーマンスアートさ。彼が取り組んでいたアルゴリズムにもとづく音楽作品だよ。そいつをホログラムとプロジェクションにしたのさ。」と、そのプロデューサーは言った。

そして男は改めて私に向き直った。「彼に会うことがあれば、私に連絡するよう伝えてくれ。daitomatiksからこいつを預かったとね。そう言えば、彼は恩に着ることだろうさ。」男は私にUSBフラッシュメモリを手渡すと、去っていった。

立ち去ろうとしたときのことだ、彼が、いやホログラムのエノクが私を見つめ、挽歌の如き曲を奏で始めたのだ。それは少なくとも私には挽歌に聞こえた。待ち受ける過酷な現実に相応しい曲であった。

そのUSBフラッシュメモリが今どこにあるのかは思い出せない。積み上げられた山のどこにあるか思い出せたならば、紹介するとしよう。もはやエノクと逢える機会はないのかもしれないのだから。

enoch.jpg

Hank Johnson
2015/09/30 14:41:29
I was looking back over some old G+ posts I made -- back from when I was trying to track down the researchers who disappeared during #Shonin. Turns out I never shared the story of what happened when I went looking for Niantic's resident musical genius.

It wasn't hard to find +enoch dalby, but it was impossible to talk to him. When I found him, he was in a marathon session at a venerated studio (can't disclose location) that seemed to be emitting extremely high levels of XM.  (At the time, I was still getting used to my new post-simulacrum state... I think I was more sensitive to Portals than I used to be, and the high dose exposure at the studio was making me lose focus and start thinking about the future). 

Anyway, as I stood in the engineer booth, it felt more like I was at a space launch or watching a surgery than a recording.  enoch was in a room across from me, practically possessed (which, to be fair, was how he often seemed when playing). He appeared to be almost glowing, but I wasn't sure if that was just the XM interfering with my perception. I also realized that the XM around me was reacting to the music, was it being channeled? Maybe...

I kept looking for someone to talk to. I didn't want to disturb enoch, he looked like he was in the 7th layer of a deep trance, rocking his body to the music, his fingers dancing between keyboards and a myriad of other electronic equipment. At one point, I saw him using what I took to be an experimental synthesizer that he conducted with a light wand, tracing what I knew to be Glyph patterns. I would say it was weird except it wasn't really weirder than everything else about the place.

All of a sudden, I felt Carrie standing beside me. I turned to look, and of course there was no-one there, but I swear I felt her, and I kept feeling her as I stared at the empty space. Was the music pulling her in? Man, the XM in this place were really getting to my head.

Just then, a producer walked into room. I shook off the strangeness and said I was there to see enoch. He gave me a flat look and simply said 'dalby's not here.' I stared back at the man, slack-jawed. enoch was clearly in the room right across from both of us, bobbing his head to the tune. I pointed and shook my head, raising my eyebrows. The laconic producer simply shrugged and led me out of the booth through a hallway plastered in faded and peeling concert tour art.

He opened a door and I stepped into the room where 'enoch' was playing and gently tapped him on the shoulder. Well, I tried to. Nothing. A hologram. 

'Performance art piece. Music's from an algorithm he was working on. And then the hologram and projection stuff,' the producer said. Then he looked me over again. 'If you find him tell him to call me. And tell him daitomatiks sent this for him. Said he was grateful for the advice.' He handed me a USB key and then he left.

As I was leaving, he, enoch the hologram, looked at me and began playing something like an elegy -- or at least that's how I took it.  It was fitting given the morbid nature of what lay ahead.

I can't find that USB key now. I'll see if I can track it down in the stacks of old things and share its contents here, since I doubt I'll be seeing enoch anytime soon.

Niantic Project
2015/09/30 14:44:01
+Hank Johnson shares the story of when he tried to track down +enoch dalby in the wake of the #Shonin XM incident.

x