廊下の向こう側

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

klue.pngクルー(Klue.S.)
2015/09/13 13:06:20
それは長く記憶の片隅に残る奇妙な夢です。

身の凍る闇に包まれた廊下。

私ひとりではないとはわかりました。

横を見ると、そこにはひとりの女性がいました。女性は天井を見上げているようでした。

束の間、その女性は私自身のように思えましたが、そのようなことはあり得ないのです。そこにいるのはデブラ、いえそれはキャリー?それともミスティ?どうしてなのか、その名を口にすることができません。

私たちはどういうわけか出口に向かって進んでいっていました。強いエネルギーが満ちていることは感じ取れました。その出口にはグリフがありました。あるいはグリフそのものが出口なのでしょうか。

どういうことなのかわからない、隣の女性へ必死に訴えかけようとしました。

そこで私は目覚めるのです。汗でぐっしょりと濡れていました。

もうあの夢の続きへ戻ることはできません。

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/09/13 13:08:30
クルー、君は鋭い感性を備えている...おそらくは挑んできた謎の数々につながりを見出したのだろうね。
エックス

Doorway.png

Klue S.
2015/09/13 13:06:20
Odd, haunting dream. 

Cold, dark hallway.

I sense I am not alone. 

I look next to me, there is a woman there. She's looking up at the ceiling.

For a second, I think that woman is me. Then, I realize it's not. It's Devra. Or is it Carrie? Or Misty? Why can't I tell who it is?

We are being propelled toward a doorway. I sense a powerful energy there. There are Glyphs on the door. Or are they Glyphs?

I don't know. I try to warn the woman next to me.

I wake up. I'm sweating.

Now, I can't go back to sleep.


Niantic Project
2015/09/13 13:08:30
You have always had sharp instincts, +Klue S..

Perhaps you are sensing the connections that lie in the mystery you've been trying to solve...

x