アプリケーションパッケージ解析[1.81.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2015/07/14 23:25:08
新たなバージョンです!Connor Tumblesonが今回のアプリケーションパッケージを探究し、アンドロイドウェアに関する情報を得ています。

1-81-0.png

2015年07月14日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析[1.81.0]

新たにイングレスの解析が行われました。今回のバージョンは、プレイストア上で1%の人々に提供されています。今回の解析は僅かな内容ですが、ひとつの大変革が含まれています。それはプログラムコードおよびスキャナー上の双方で確認が取れています。アンドロイドウェアが利用可能となったのです。

アンドロイドウェアのサポート
今回利用可能となったアンドロイドウェアには、幾つか興味深い機能が備わっています。スマートウォッチをお持ちの場合には、1.81.0をインストールすることで端末にアプリケーションをインストールする通知が届きます。このアプリケーションを開くと、次のような画面が表示されます。

2_20150714.png

それではこのスクリーンショットを見ていきましょう。

  • 該当ポータルのポータルキーを所持している場合、画面上部に輝くポータルキーのアイコンで知ることができます。
  • 現在地にはハック可能な範囲が表示されます。
  • 画面端に表示されるカーソルは近隣にある他のポータルを示しています。
    • このカーソルは確保しているファクションに応じて緑色、青色、灰色に色分けされています。
  • 間近のポータルは点で表示され(このスクリーンショットでは緑色です)、タイトルには所有権に応じて緑色または青色となるポータルの名称とレベルが表示されます。
  • これらの点はカーソルと同様に確保しているファクションに応じて色分けされます。
  • ポータルの写真は背景表示されます。
  • 自身の表示は所属ファクションに応じて緑色または青色となります。

3_20150714.png

別のポータルへスワイプしてみましょう。これは新たな機能です。

  • 数字の付記された下矢印が表示されていますが、これら2つのポータル間をスワイプすることができます。

さて、ポータルのひとつがレンジ内に入った際の挙動です。

screen_360-1.png

  • そう、ハック・ボタンが表示されますね。
    • そして次にハックできるまでのハック・タイマーが組み込まれました。

screen_360-2.png

  • ハックに成功しましたね。一連の作業をすべてスマートウォッチから行うことができます。
  • ウェアラブル端末を起動させている限り、自身のエキゾチックマター状況を知ることができます。行動サークルを囲むようにXMバーが表示されるのです。
  • これはロードされるとすぐに非表示となります。

以下がスクリーンショットの一覧です。

screen_360.png 4_20150714.png 6_20150714.png 8_20150714.png 9_20150714.png 10_20150714.png 11_20150714.png

こちらは実際にハックを行っているところの動画となります。

ingress_20150714.gif

ウェアラブル端末のサポート状況

  • LG G Watch
  • Moto 360
  • 私自身はどのウェアラブル端末でも動作すると考えていますが、上記一覧に掲載されていない端末をお持ちの方は情報をお寄せください。

ウェアセッションをアクティベートしたのち、30分間で期限切れとなってしまう。私の携帯電話の場合には「ウェアセッションの有効期限が切れました」と通知が来るのです。このような状況は24時間は続きませんでしたが、これがウェアラブル端末のバッテリー消耗に起因しているのかはわかりません。

総括
以上の変更点が今回のアプリケーションパッケージで発見することのできた唯一のものでした。ウェアラブル・アプリケーションパッケージは実際にイングレスのアプリケーションパッケージへ新たに組み込まれたものです。なぜなら、私は比較するため毎回の更新で新たなアプリケーションパッケージを入手しています。イングレスの1.81.0には、ウェアラブル端末の1.0.0(表示上は1.81.0)が含まれていました。次回更新の際にはウェアラブル端末を比較し、そこから変更を発見できることでしょう。

今回のバージョンは2015年07月07日に構築され、2015年07月14日に手に入れました。興味深い変更はなく、敢えて言えば不具合修正とアンドロイドウェアの有効化にあったのでしょう。

fev games
2015/07/14 23:25:08
A new version!

+Connor Tumbleson explores this apk, including Android Wearables


Published on July 14th, 2015 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.81.0]

Welcome back to another Ingress Teardown. This version is currently on a 1% rollout to a Play Store near you. This teardown is small, but contains one big change, which we can obviously both in the code and on the scanner see -- Wearables is live.

Android Wear Support
Wearables is live, and has some interesting features. If you have a smartwatch, after installing 1.81.0 you will receive a message on your Wearable device to install the Wearable app. After opening the application you will be greeted with a screen like this.

Now lets dig into this screenshot.

  • We see if I have a portal key to this portal, via an illuminated portal key icon on top.

  • My location is shown in relation to the hack range of this portal.

  • Arrows on the edge of screen direct me to other nearby portals.

    • The arrows are colored via which faction owns the portal. (green, blue, gray)
  • Close portals are shown as dots (the two green dots above)The ownership (green/blue) of portal and level is shown in title.

    • These dots, much like arrows, are colored based on faction ownership
  • The photo of portal is shown in background.

  • My action arrow in middle is blue/green depending on faction.

Now if I swipe to another portal, we gain an additional feature.

  • A number withdownward arrow appears.

    • Allowing me to swipe between these two portals

Now if I get in range of one of these portals.

  • Yes, a HACK button appears.

    • With a built in hack timer, till your next hack!
  • A successful hack, all from my watch.

 

While Wearables is launching, you also get a peek at your XM level.

  • You can see my XM bar, in a circle around my action circle.

  • This will disappear shortly after loading

 

Below is a collection of screenshots.

Hack button

With a small animated image showing the hack process.

Wearable device support

  • LG G Watch

  • Moto 360

  • Now I believe any Wearable application works on all Wearable devices. Let us know in the comments if you have a device that isn't listed above which works.

After activating a Wear Session, it will expire in 30 minutes. In which case your phone will report "Wear session has expired.". As this feature is less than 24 hours old, I'm not sure of the battery drain on the watch.

Conclusion
This change was the only thing I could find in the apk. The Wearable APK is in fact a new apk within the Ingress apk. This means I have a new apk to compare every release. So the 1.81.0 release of Ingress, contained the 1.0.0 (labeled 1.81.0) release of Wearables. Next release I will be able to compare Wearables and find out changes that come to it.

This version was built on July 7, and obtained on July 14. No interesting changes to the handshake, so I'd say this version was strictly bug fixes & release of Android Wear.