アプリケーションパッケージ解析 [1.78.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2015/06/03 12:27:40
まもなく新たなアイテムが登場します!Connor Tumbleson はイングレス・スキャナーに係る新たなアプリケーションパッケージの解析を行い、非常に興味深いものを見つけ出しました。MUFGカプセルとは何でしょうか。ご確認ください。

1-78-0.png

2015年06月02日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析 [1.78.0]

新たにアプリケーションパッケージの解析をするときが訪れました。極めて関心の高い今回のバージョンは今のところGoogle Play 上で1% 公開の段階にあります。従前と同様、アプリケーションパッケージの内容から何が起ころうとしているか知ることができました。それでは見ていきましょう。

新アイテムか?MUFGカプセル
このアイテムには次のようなラベルが附されています。

  • 列挙型: INTEREST_CAPSULE
  • 説明: XMオブジェクトを格納し、増殖させることのできるカプセル。

急ぎGoogle検索したところ、これはAXAポータルシールドのようなスポンサーアイテムであり、日本の銀行持株会社と思われます。

interest-e1433298192437.png

さて、これは独自の説明文を備えたカプセルのようですが、実際の機能は明らかになってはいません。どのような機能なのかは私の手の届かぬサーバー側に留まっているのです。来たるイングレスの公式発表を注視しましょう。

メダル再編


2015-06-02-e1433298723809.png

他の場所を押しつつメダルをタップすると、タップしたメダルの周りにオレンジ色の枠が表示されることに気づきました。この機能が何に用いられるかを判断するのは時期尚早ですが、自分好みにメダルを再配置させるものなのかもしれません。次のバージョンでこの機能の真意が明らかになるのかもしれません。
(注意事項)
この機能はバージョン1.77.1で可能となっていましたが、前回の解析では見逃していました。

言語変更の保存
私たちの愛用する応答確認がバージョン1.78.0 の公開を間近にして変化を示しました。

  • enableSetLocale: 10771

基本的には言語を変更する際は「OPS」→「Device」→「Language」と操作しますが、この設定がサーバー側で保存されるようになったのです。その意味するところは、新しい携帯電話を利用する際にイングレスをダウンロードしてご自身のアカウントで立ち上げれば、従前に選択していた言語がデフォルト表示されるということです。

言語の微調整
イングレスのサポートしている言語に微調整がありました。言語ファイル全体での一貫性はない変更ですので、ネイティブ・スピーカーからの指摘に対応したものと思われます。この微調整とは別に、対応言語へノルウェー語が追加されました。

Android ウェアラブル開発続報
極めて小さな変更ですが、wearable_app.xml が次のように変更されました。

<versionCode>1</versionCode>
<versionName>1.0</versionName>

から

<versionCode>10780</versionCode>
<versionName>1.78.0</versionName>

この変更の重要性は定かではありませんが、既に幾つかのバージョンを経ているにも関わらず初めてのことでしたので、取り扱う価値があると判断しました。

総括
今回のバージョンは 2015年05月28日に構築されており、2015年06月02日に入手しました。今回のバージョンには新アイテムが含まれていますが、これは非常に珍しいことです。通常アプリケーションパッケージの更新には2週間ほどの期間があきますから、2016年06月20日のアノマリーはおそらくバージョン1.78.0 で臨むことになるでしょう。私もナッシュビルへ赴きますよ。

fev games
2015/06/03 12:27:40
We've got a new item coming!  +Connor Tumbleson  tears down the new#Ingress  scanner APK file and finds some very interesting treats. What's an MUFG Capsule? click to find out

Published on June 3rd, 2015 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.78.0]

Welcome back to another Ingress APK Teardown. This is quite an interesting version currently on a 1% roll-out to a Play Store near you. Like every teardown, we can peek into the APK and see what is coming. So lets take a look.

New Item? Meet the MUFG Capsule
This item is labelled as the following:

  • Enum: INTEREST_CAPSULE
  • Human Readable: MUFG Capsule
  • Description: An Interest-bearing Capsule is a storage container that holds other objects and pays interest.

After a quick Google search, it seems this is another sponsored item, much like our AXA Shield. This seems to be a Japanese bank holding company.

Now obviously, this looks like another Capsule with a unique description. However the true features of this item remain unknown. Whatever the abilities are remain server side, out of the reach of my investigation. Watch for an official announcement from Ingress in the upcoming days.

Medal Reorganization
We have found out that holding one medal, while tapping another places an orange stroke around that tapped medal. It is too early to tell what this feature will do, but guesses are for re-organizing medals to your own preference. The next version might have a clearer indication for the reason of this feature.

Note: This is possible on 1.77.1. It was missed during the last teardown.

Changing Languages? Saved now.
Our favorite handshake showed us this change shortly before the release of 1.78.0.

  • enableSetLocale: 10771

Basically, after you select a language from "OPS" -> "Device" -> "Language". This is saved server side now. This means you can grab a new phone, download Ingress, sign into your account and the language you selected earlier will appear as the default.

Language Tweaks on Tweaks
The collection of languages Ingress supports saw some tweaks. Native speakers of these languages must have reported some bugs, because the language files saw scattered changes throughout. In addition to this, Norwegian was added.

Android Wearables development continues
A very very minor change but the wearable_app.xml file changed from

<versionCode>1</versionCode>
<versionName>1.0</versionName>
to

<versionCode>10780</versionCode>
<versionName>1.78.0</versionName>

I'm not sure of the significance of this, but since it is the first time the wearable files have been touched in a few versions, I thought it was worth mentioning.

Conclusion
This version was built on May 28 and obtained on June 2. This version had a new item, which is a rare fun occurrence. Since APKs are usually 2 weeks apart, 1.78.0 will probably be the version being used at the June 20 anomalies. I'll see some of you in Nashville.