ナイジェル・モイヤーの書簡

nianticglowsナイアンティック計画
2015/06/02 16:43:14
ハンク・ジョンソンとワシントンD.C.の信頼厚いエージェント諸君の一団を介してナイジェル・モイヤーからスザンナ・モイヤーへと送られた小包、そこに封入されていた書簡がこちらである。

個人的な内容も含まれてはいるが、それすら黎明期のエキゾチックマター研究において中核的役割を果たしたナイジェルの存在に光を当てるのみならず、小包に封入されていた物の来歴やシェイパーグリフがいまだ未知であった頃のメッセージを説明している。

ワシントンD.C.のエージェント諸君らの手で確認されスザンナへと報告されるより前に小包が漏洩していたのかは、いまだ確認できてはいない。
エックス

愛してやまぬスザンナへ

タイプライターで打ち込んだ文書となったことを詫びたい。実際には口述したものなのだ。幾分人間味に欠けるものだが、文字を書いてきた日々が過去のことになってしまうことは恐ろしいものだ。関節炎とは片道切符の旅路のようなものだが、君がそれを学ぶのはずっと先のことになってほしいと願っている。君の友人エイダは正確無比な秘書だ。アランの如き者であれば当然知己になろうと考えるのではなかろうか。彼であれば当然のことのように受け取るに違いない。彼こそは時代の寵児であり、その発想は新たな手段を実現するより遙かに大きな意義を有していると本人も自覚しているのだ。

だから私はポーチに腰を下ろし、見えざる協力者へと語りかけている。ああ、今夜は冷え込みがきついな、君が訪れてくれるなら、それは秋をお勧めしよう。

もちろん、この書簡は父のもとを訪れるよう求めるための単なる長々とした催促というわけではない。君がいま直面している調査のため関心を寄せるであろうことがあったのだ。

最近エシュロン以来の同僚が亡くなった。ここ最近になって多くなっているようだ。そういうことだから、私は長生きな方なのかもしれない。エキゾチックマターにはなにかしら若返りの効能でもあるのだろうか。彼の書斎にならぶ膨大な数の古いファイルも特段魅力的なものではなかった。

繰り返される信号を彼はアンテナアレイの中断に失敗したのだと考えた。彼らは原因を特定することも信号を停止させることもできなかったが、作業を継続するために調整を続けた。その後、そのことは忘れ去られてしまったようだ。

だが私の目に止まった。なぜなら私自身も同様の信号を知っていたからだ。後のディー・グロッケ計画に関する戦後何年にも渡る蔵書で偶然にも見かけたことがあった。それ以前には、ブレッチリーにおいてもだ。その信号は電磁的な干渉と考えられた。まったく奇妙なことだが、幾度にも渡って同様のことが起き、信号ではなくノイズと取り扱うようになった。

パレイドリア効果とは、おそらくは人の精神にも対応したものなのだろう。すなわち、望まない、あるいは説明しがたいものを認識しないようになるのだ。

スタイン・ライトマンへ伝えることができないのは残念だ。彼であれば多くの指摘をしてくれたに違いない。君にも同じように協力してくれる人々がいることだろう。

そろそろ疲れてきた。口述で書き起こさせることすら負担になってしまうとはな。

君の進む全ては我が誇りだ。

無限の愛を込めて。

父より

nigelsletter_20150602.png

Niantic Project
2015/06/02 16:43:14
Here is the letter that was in the package Nigel Moyer sent to +Susanna Moyer via +Hank Johnson and a team of trusted Agents in Washington DC.

While some of the content is personal, it does help shed light on Nigel's presence at the center of the early years of XM science, as well as explain the history of the other item included in the package, a message that includes previously unseen Shaper Glyphs.

I have as of yet not been able to confirm that the package was not compromised before being documented by Agents in Washington DC and then shared with Susanna.

x

TRANSCRIPT
Dearest Susanna,

I apologize for the typewritten letter, Voice diclated, actually. A bit impersonal, but I fear my days of penmanship are behind me. Arthritis is a one way journey, but I hope it will be many years before you come to learn that. Your friend ADA is quite an accurate secretary. I do wonder what someone like Alan would have thought to have met such a creature. I am quite certain he would not have been surprised at all. He was a man trapped in his era. He knew his ideas had implications far greater than the tools of the day would allow.

And so, I sit here on my porch and speak to the invisible helper who surrounds me, and the nights are now quite cold. If you do come visit, I would recommend the fall.

Of course, this letter is not just one long reminder to come visit your father, I have come upon something that will be of interest to your current investigation.

A collegue of mine from ECHELON passed away recently. That seems to be happening more frequently these days. At this point, I think I may outlive all of them (perhaps Exotic matter does have some rejuvenating properties?). A number of old files that had been in his library item did look very intriguing.

It was a repeating signal pattern that he thought might be a failed attempt to disrupt the antenna arrays. They could not isolate the source or stop it, but as it was consistent, they simply calibrated it out in order to continue their work. After that, it seems they simply forgot about it.

It caught my eye, because I had seen that same signal before. Once in a document that I came across many years after the war, part of a cache about potential Die Glocke projects. And once before then, at Bletchley. There too, the signal was viewed as electromagnetic interference. How strange, that we could see the same things so many times and yet always choose to see the noise instead the signal.

Perhaps pareidolia has a counterpart in the human psyche as well: the ability to avoid seeing a pattern if it is not expected or explainable.

It is unfortunate that Stein Lightman cannot be reached. I am sure he would have had much to say. Perhaps you have others who could be of similar help.

Getting tired. Even dictating these letters has become quite a strain.

I am so very proud of everything you do.

With infinite love,

Your father.

前へ

イングレスフィット

次へ

ペルセポリスパック:ポートランド