アプリケーションパッケージ解析 [1.77.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2015/05/21 00:41:41
才能に溢れる Connor Tumbleson が、イングレスのアプリケーションパッケージ [1.77.0] の解析をお伝えします。

1-77-0.png

2015年05月20日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析 [1.77.0]

新たなアプリケーションパッケージの解析をお伝えします。隔週更新が今後も続くのであれば、すぐに次のバージョンをお伝えすることになるでしょう。今回のバージョンは既にPlay Storeで公開されていますから、まもなく誰もがご覧いただけることでしょう。

応答確認
先のバージョン 1.76.0 でも調査しましたが、今後もすべての応答確認に係る変更を追跡していこうと考えています。

handshake1.png

さて、非常に長い文字列ですからゆっくりと確認していきましょう。赤く色分けされた行はすべて解除されたものとなりますが、ゲーム内から削除されたということではなく単純にその変数が利用されなくなったということです。リストに「enableShareButton」と「enableOrnaments」があるのをおわかりになると思います。基本的にこの変更はすべてのプラットフォーム(iOS および Android)の現バージョンに適用されており、これは不要となった機能の有効と無効とを切り替える変数の存在を示唆しています。今回のバージョンでは、これらの変数が整理されたのです。注目すべきはナイアンティックが通常の変数に紛れさせてエイプリルフールに用いた「minimumCommLatencyMS」が解除されている点でしょう。しかしながら、二点の追加も見つけ出しました。

[追加] enableSetLocale
これが何を意味するのかは現時点で全くわかりません。その名称設定は明らかに所在地の設定を指し示すものですが、現状でも「Settings」→「Ops」から言語設定することは可能なのです。この値は今のところ無効を意味する 0となっています。

[追加] disableNewPortalSubmissions
これは残念なものですが、ポータル申請が削除されることを示すものです。既に国家情報局への写真申請は解除されていますが、次の確認をしました。

sip.png

その目標は失われたままでした。シーア・メダルに関してはこちらのページをご確認ください。次に、この応答確認が有効化されることでアクション・ホイールから「NEW PORTAL」が失われれることがわかりました。

disablePortalSubmission.gif

ご覧いただけるように、新規ポータルの申請機能は終焉の道を歩んでいるようです。

外部依存およびビルドシステム等
イングレスでは LibGDX が用いられていますが、今回のバージョンでは LibGDX 1.0.0 以来初めてフレームワークが刷新され、LibGDX 1.5.6 となりました。興味があれば LibGDX 1.5.6 、そしてLibGDX 1.0.0 から全バージョンの公開発表をご覧ください。次に、Google サービスが内部的に更新されました。有益な情報を引き出すことはできませんでしたが、マップとウェアラブルに関連した膨大なファイル更新が行われています。

最後となりましたが、イングレスはAPI 19 ツール群で構築されていますが、バージョン1.77.0 に関して言えば、API 22 ツール群(5.1 Lollipop)を利用して構築されました。

今回取り扱った情報は極めてマニアックなものです。理に適わぬとしても、ご心配なさらずにいてください。

言語
我々お気に入りの言語選択に数多くの言語が追加されました。従前は「自動」「英語」「日本語」が利用できていたのですが、次の画像をご覧ください。

lang.gif

次の言語が選択できるようになったのです。

  • ドイツ語
  • フランス語
  • イタリア語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • 簡体字中国語
  • 繁体字中国語

総括
今回のバージョンでは古い応答確認が解除されたほか、二つの主要な外部依存に更新がありました。今回は非常に多くの整理・構築が行われたのです。次回のバージョンでは実際に幾つかの適用があるかもしれません。

fev games
2015/05/21 00:41:41
Ingress APK Teardown [1.77.0] brought to you by the talented +Connor Tumbleson.

http://goo.gl/1rwQRW

#Ingress #FevGames  

 

Published on May 20th, 2015 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.77.0]
Welcome back to another Ingress Teardown. Continuing the trend of a release every two weeks we are back with another version! This version is rolling out via the Play Store and should reach everyone shortly.

Handshake
Previously explored in 1.76.0, I will cover all handshake changes every version.

Now this is quite the mouthful, so lets take it slowly. All the red highlighted rows have been removed. This does not mean, removed from game. This simply means a configuration variable for this change is no longer required. You can see enableShareButton & enableOrnaments in that list. Basically those changes are on all platforms (iOS & Android) and all currently allowed versions. This means having a variable to turn such a feature off/on is no longer required.

This version proved as a clean-up for all these variables. Notably is the removal of "minimumCommLatencyMS", which was the April Fools Prank, hidden by Niantic under a regular variable.

Though, we saw the addition of two changes.

[added] enableSetLocale
Not quite sure what this means yet. The naming obviously points towards setting a locale, but you can already set the Language via Settings -> Ops. The value is still set at 0 (disabled).

[added] disableNewPortalSubmissions
This is a sad one. It appears portal submissions are being removed. Already removed is the option to share images with NIA. We can see this change below.

As you can see the intent was removed. For status on the Seer medal, check our Seer Medal page here. Secondly, once this handshake change is enabled we will see the loss of "New Portal" from our action wheel.

As you can see from this example. The ability to submit new portals may be coming to an end.

Dependencies, Build System, etc
Ingress runs off the LibGDX. This version updated LibGDX to 1.5.6, our first update to the framework since LibGDX 1.0.0. If this interests you, feel free to read the release announcement of 1.5.6 and all versions between that and 1.0.0.

Secondly, the internal Google Services received an update. I couldn't find any information on the update, but tons of files related to maps & wearables were updated.

Finally, Ingress used to be built on API 19 tools. As of 1.77.0, Ingress is built with API 22 tools (5.1 Lollipop).

All of this mention is very nerdy information. Don't fret if none of it makes sense.

Languages on Languages
Our favorite language selector has gained a ton of languages. Previously available was "Auto", "English" and "Japanese". Now see the image below.

You can see we gained the ability to select the following languages.

  • German
  • French
  • Italian
  • Polish
  • Portuguese
  • Russian
  • Simplified Chinese
  • Traditional Chinese


Conclusion
This version updated two major dependencies in the application, while removing some old handshake changes. This version was very much a cleanup and organization release. Next version might bring some of these changes live to everyone.