ナイジェル・モイヤーとの接見

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/04/28 16:59:16
ナイジェル・モイヤーが死の床にあるとの噂を耳にし、スザンナ・モイヤーへ連絡を取った。聞くところによれば、このようなことは過去に一度や二度ではないようだ。救いを求める警笛のようではないか。確認するようスザンナへ言ったが、彼女は笑うばかりだった。その真意はわからないが、自ら確認をとることにした。ブエノスアイレスはスザンナの住まいからは遠方であったが、私からはさほど遠くはなかったし、まだ空輸という手段を提供してもらえたからだ。

罠を疑いはしたが、そういったものはなかった。現時点で私の死を望むものはいないようだ。長続きはしないだろうが、そうでなければどれほど喜ばしいことだろうか。

ナイジェルは使用人付きの古い大邸宅に住んでいた。門前で検出アルゴリズムことエイダの声で出迎えられるに至って、ナイジェルがこれほどの富を得ていた謎が氷解した。執務室に通されると、ナイジェルは私の来訪を驚くでもなく死の淵に立っているわけでもなかった。女使用人を顎で使い茶を入れ直すよう命じた。彼女は私に目を向けると不愉快そうに眉毛をつり上げられてしまった。スザンナの言い様は全く以て正しかったということだ。

ナイジェルはヤーハンに関する話題をふってきた。もとより私との接見を望んでいたわけだ。慎重にならざるを得なかった。二人に接触がなかったとは到底信じられぬことであるからだ。

アンチマグナスの一員でないかと疑っていることは察知されてしまったようだ。ナイジェルは言った、ペルセポリスへ私が赴いたそのときには人類の未来とテクノロジーとの関わり方について考えを改めることになるやもしれないと。先入観はないのだと応じると、彼は笑みを浮かべて「それでいい」と言った。「先入観にとらわれぬことこそ大宇宙で最も力強い手段なのだから」と。

しばらくナイジェルはとりとめなく語っていた。それはディー・グロッケのことであり、エシュロンのことであり、ドイツにおける13マグナスであるドライセン・グロッセのことであった。眠りにつく間際にナイジェルは私に一通の封書を手渡すと、スザンナへ渡すよう頼み、具体的な指示とともに決して中身を見ぬよう求められた。やり遂げることができるかはわからないと応じると、ナイジェルは言った。「君は偉業を成し遂げたのだ...ビアトール...」やがて彼が居眠りを始めると、ひとりの看護師が入ってきた。辞するときが来たようだ。

BA.jpg

Hank Johnson
2015/04/28 16:59:16
When I heard the rumor that Nigel Moyer was on his deathbed, I contacted+Susanna Moyer. She informed me that he'd been on his deathbed many times before. It was like ringing the bell for the help. I told her I'd check up on him. She laughed. I wasn't sure why, but I figured I'd find out. Buenos Aires is a long way from where she is. Not too far from me, and I still had access to the jet.

I suspected a trap, but didn't get one. It doesn't seem like anybody wants me dead right now. Unlikely to last, but I'll enjoy it while it does.

Nigel was living in a century-old mansion with a full staff. I wondered where he got the money for this until +A Detection Algorithm's voice greeted me at the gate. When I was led to his office, he neither looked surprised to see me nor very near death. As he bossed a housekeeper around, correcting the imperfections in her tea service, she locked eyes with me and raised her eyebrows, exasperated. Susanna had been right after all.

He wanted to talk about Jahan. In fact he wanted me to arrange an introduction. I pondered the request. No part of me believed that they had not been in contact.

I think he sensed me wondering whether he was a member of an Anti-Magnus group. He told me that when I got to Persepolis, I might have an opportunity to re-evaluate my ideas about the future of this species and its relationship to technology. I told him I would keep an open mind. He smiled. "Good," he said. "An open mind is the most powerful tool in the universe."

He rambled on for a while about Die Glocke... Echelon.. Dreizehn Große... (the German 13MAGNUS program)... Before dozing off, he handed me an envelope and asked me to get it to Susanna. He made me promise not to look at it with some specific instructions on the manner of delivery. I told him that I wasn't sure I would be able to accomplish this. He said, "You have done greater things, Viator..." He then nodded off. A nurse entered. It was time for me to leave.

前へ

ポール・スクールとの接触

次へ

ファーストサタデー 2-MAY-2015の開催告知II