降霊術

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/04/26 15:05:53
ハリー・フーディーニがロサンゼルスのローレル・キャニオンにその名を冠する大邸宅に住んでいたか否かは議論の余地がある。ある者は通り向こうに住んでいたことがあると言う。だがそれも、霧に、あるいは魔法に包まれて日暮れのローレル・キャニオンを漂い抜けて繁華街へ現れたり、ハリウッドはフランクリンのマジックキャッスルに登場したりするようなものであり、議論のしようがないことだ。ただし、この地域には極めて高濃度のエキゾチックマター、そしておそらくはカオティックマターさえもが密集していることは間違いない。おそらくはなんらかの変換が発生しているのだ。それがどのような仕組みで行われているのかはわからないが、以前よりも強く感じ取っている。今回も多くの人間が関わっているようだ。直観に相容れぬが、このような変化が生じる以前よりも強く私は「感じ取って」いるのだ。

驚いたことに案内員は私を歓迎し、到着するなり部屋へと通された。私はミスティ・ハンナとの再会を予期していた。彼女の鋭敏な感覚をもってすれば、多くの人々を消失へと至らしめた天変地異の如きエキゾチックマター事象を耐え抜いたのではないか、と結論づけていただからだ。

そこで出会ったのは彼女ではなかった。名高き、いやその信条によっては悪名高い人物、エドガー・アラン・ライト博士であったのだ。彼と初めて出会ったのは数年前、そのときにはデブラ・ボグダノヴィッチも伴っていた。二人の関係性を理解することはできなかったが、それは今に至ってもわからずにいる。関心もないことだ。彼は不気味なほどに当時と変わりなかった。

彼は言った、私が来ることはわかっていたのだと。彼は誠意を示していたが、どこかしら上の空であった。憔悴し、怯えているようだった。予知科学なる「薄気味悪い」領域に長年を費やした男とはこのようなものなのかもしれない。くだらないことを言ってしまったね。我々は内容を口外しないことを条件にしばらく話した。おかげで幾つかのことが明らかとなったが、彼の要望を尊重し言及は避けたい。もっともその核心はやがて白日のもとにさらされることだろう。

彼は言った、降霊術とはこの世界で何が起ころうとしているのかを象徴するのだと。それは彼の理論が正しければの話だ。

そのときのことだ、部屋に何かが起きた。奇妙な音と振動、そして亡霊の如き姿と呻き。判別つかぬ言葉を呟くミスティの声すら聞こえたように感じた。灯りが明滅を繰り返した末に消えた。元に戻ったときには、エドガーの姿はなかった。降霊術に参加したことなど初めてのことだったが、これはマジックキャッスルで行われていることの類なのだろうか、それともまた別物なのだろうか。

Magic.jpg

Hank Johnson
2015/04/26 15:05:53
There is some debate as to whether Harry Houdini ever lived in the mansion that holds his name in the Laurel Canyon section of Los Angeles. Some say he lived briefly across the street. But there can be no debate that a magical mist (or is it magic?) seems to drift down Laurel Canyon to Sunset, west to the strip and east up Hollywood and Franklin to the Magic Castle.  And there is no doubt that extremely enriched XM and perhaps even Chaotic Matter clusters in that area. Some kind of exchange, perhaps. I'm not sure how it works, but I feel it more now. That's one thing about being like this again, more human. It is counter-intuitive, but I 'feel' these things more than I did before this change.  

To my surprise, the attendants there were expecting me, and I was led to the seance room when I got there. I expected to find +Misty Hannah. I had theorized that somehow, given how powerful of a sensitive she is, she may have been immune to this almost cataclysmic XM-event that has caused so many others to disappear.  

It wasn't her that I found. It was the famous, or infamous, depending on what you believe, Dr. +Edgar Allan Wright. I first met him several years ago with +Devra Bogdanovich. I never understood their relationship. I still don't. It isn't any of my business. He is eerily unchanged. 

He said he knew I would be coming. He was cordial, but seemed distracted. Hunted. Haunted. Not surprising for a man who spent so much time in the 'spookier' areas of precognitive science. Pardon the pun. We talked for a while, on condition that I not reveal the content or nature of our discussions. He filled in some blanks. I will honor his request not to relate them, but the essential information will emerge over time.  

He said that a seance is a perfect metaphor for what is about to begin happening in the world, if his theories are right.

At a that point, things started happening in the room. Strange sounds. Shaking. Spectral images. Moaning. I even heard what sounded like Misty's voice muttering indistinguishable words. The lights flickered and went out. When they came back on again, he was gone. I'd never been in the Seance room before. I don't know if that is what one expects in that room of the Magic Castle, or if this was something else.

前へ

OberOesterreich Tourism x Ingress

次へ

フィールドアート・砺波市