アプリケーションパッケージ解析 [1.75.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2015/04/22 05:26:43
Connor Tumbleson によるイングレスのアプリケーションパッケージ解析 [1.75.0] です。ブーストリチャージv2型、アーティファクトや新たなシャードなどが扱われています!更に詳細を掘り下げているところであり、後日更新する場合もあります。

1-75-0.jpg

2015年04月21日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析 [1.75.0]

新たなイングレスの解析をお伝えします。バージョン 1.75.0 は今現在 Play Store 上で1%公開となっています。今回のバージョンでは興味深い変更も示唆されており、通常の不具合修正の公開よりは面白いものです。

プロフィール画面表示の修正
プロフィール画面を共有しようとしてもメダルやミッションバッジが表示されないという厄介な問題がありましたが、ありがたいことにこの問題はバージョン 1.75.0 で解消されました。次の画像でご確認ください。

graphic.png

ローカライズ
次々と特定の文字列が strings.xml ファイルへまとめられていっています。現状で日本語しかない他言語への翻訳を可能とするでしょう。これには特定のCOMM上の文字や報告上の文字、プロフィール上の文字も含まれています。

アーティファクト再来
アプリケーションパッケージ解析をするうえで新たな資産を見つけ出すことは実に容易いことです。大きく緑色の文字で「ここを見ろ」と訴えているのですから。今回は41モデル(.obj ファイル)の追加を見つけ出しました。

  • artifact_lightman.png
  • artifact_frozen_lightman_fragment_[1-41].obj
  • artifact_lightman_fragment_[1-41].obj

イングレスの物語をご存じであれば、これがスタイン・ライトマンを示唆しているとおわかりでしょう。先般のイングレス・レポートでアーティファクトの存在に目星をつけた皆さん、あなたたちは正鵠を射ていたのです。ダニエル・ベントンが再びシャードのレンダリングを提供してくれました。41片のシャードに臨む準備をしましょう、既にここにあるのですから。

LightmanHighlight35.png
Daniel Benton 015/04/21 06:36:02

応答確認の変更
応答確認で3つの興味深い変更に目星をつけていました。ご存じない皆さんのために言うと、応答確認とはプレイする際にサーバーとスキャナーとでやりとりされる僅かな情報で、要は次のようなものです。

  • やあ!IngressUserName アカウントでバージョン 1.75.0 にサインインした携帯電話からだよ。
  • やあ携帯電話、こちらはサーバーさ!それじゃ君に結果を返すよ。
  • クライアント(スキャナー)が戻された結果を解析する。

旧バージョンや新バージョン、現時点では開発中のバージョンがあることは除外しましょう。つまり、スキャナーは理解できない結果は無視することもあるわけです。例を挙げると、バージョン 1.35.0 ではミッションの存在がわかりませんし、バージョン 1.74.0 にはライトマン・アーティファクトの存在がわからないのです。私が応答反応に次の値を見つけたときの興奮をご想像下さい。

  • enableMultipleArtifacts: 0
  • enableEntityPicker: 0
  • enableBoostRechargeV2: 0

この変更の実装を今回のアプリケーションパッケージで確認することを待ちきれませんでしたが、残念なことにあまり多くを見つけ出すことはできませんでした。それはこの変更が初期開発段階に過ぎないのか巧妙に隠匿されているかということになります。難読なバイトコードを読み解くのは容易ではありませんから見つけ出せなかっただけという可能性もあるのです。

enableMultipleArtifacts
この変更は応答確認ファイルに記述があり、スキャナーにおけるアーティファクトのレンダリングを担うものです。しかしながら、アーティファクトのファイルには僅かに整理や要素変更が行われた以上のことを見つけ出せませんでした。ジャービス・シャードや証人ストーンといった複数のアーティファクトを同時に扱えるような変更は一切見つかりませんでした。変更される可能性はあるものの、今回の変更における応答確認の値は3つとも 0、すなわち無効状態となっています。応答確認の値が 1750 や1760 と変更されれば、有効化されたと、そしてまもなく確認できるとわかるでしょう。

enableEntityPicker
この記述は応答確認ファイル上で見つけ出しただけのものです。したがって開発環境で動作するものではないでしょうか。アプリケーションパッケージにはこの変更に係わるバックエンド・コードは実在していません。

enableBoostRechargeV2
今回の変更は応答確認ファイル以外にも記述がありました。現状では1000XM単位でのリチャージに替えてポータルを100%リチャージしようとする「ブーストリチャージ」の拡張版と思われます。この機能を使用する際に生じる「XMが十分ではない」となる不具合の修正ではないでしょうか。

更に確固たるものを見つけ出そうと私は掘り下げ続けましたが適わず、応答確認の変更に関する「ネタバレ」はいたしません。それらが出現するとの報告だけ行いましょう。「enableEntityPicker」の詳細は何ら掴めず、「enableMultipleArtifacts」の実質的な詳細にも欠いているのです。

総括
今回のバージョンは 2015年04月14日に構築されましたが、入手できたのは 2015年04月20日 になってからのことでした。新たなアノマリーとシャードが迫っています。エージェントの皆さんに幸運あれ。

fev games
2015/04/22 05:26:43
Ingress APK Teardown [1.75.0] is here thanks to +Connor Tumbleson . BoostRechargeV2, multiple artifacts, new shards and more!
We're working on digging out a bit more detail on some things and may update this article at a later date.

 

Published on April 21st, 2015 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.75.0]
Welcome back to another Ingress Teardown. This is version 1.75.0 currently on its 1% roll out to a Google Play Store near you. This version hinted at some interesting changes, which made it a bit more exciting than a regular "bug fix" release.

Sharing profiles? Fixed.
There was a nasty problem when sharing your profile that medal images and mission badges would not appear. Thankfully this has been resolved with 1.75.0. You can see the below image for a before and after screen shot.

Localization never ends.
More and more of the hard-coded strings have been abstracted into the strings.xml file. This allows the other language (currently just Japanese) to be further translated. This included hard-coded comm strings, sharing strings and profile strings.

Artifacts again? Yes.
Any asset is quite easy to detect in a new apk. It stands out in big green text and just screams "Look at me". This time around we saw the addition of 41 models (.obj files).

  • artifact_lightman.png
  • artifact_frozen_lightman_fragment_[1-41].obj
  • artifact_lightman_fragment_[1-41].obj

If your into the lore of Ingress, this is probably in reference to Stein Lightman. For those who spotted these artifacts in the recent Ingress Report. You were spot on. Daniel Benton has once again provided these shards in rendered formed. Get ready for 41 more shards, because here they are.

Handshake Changes?
I hinted that 3 interesting changes were spotted in the handshake. For those who don't know the handshake is a bit of information your scanner exchanges with the server every time you play. It basically goes like this.

  • "Hi! I'm phone OnePlus One with version 1.75.0 signed into account IngressUserName"
  • "Hi phone. I'm server! I'm returning values to you now"
  • Client (Scanner) parses values returned to it.

Except there are old versions, new versions and in-development versions of Ingress out there right now. So the scanner has to properly ignore values it doesn't understand. (IE: Ingress 1.35.0 has no idea what missions are), while Ingress 1.74.0 has no idea what lightman artifacts are. So imagine my curiosity when I spotted the following values in the handshake.

  • enableMultipleArtifacts: 0
  • enableEntityPicker: 0
  • enableBoostRechargeV2: 0

I couldn't wait to get my hands on this apk to see what these changes had in store. Unfortunately I couldn't find much. This means these changes are very early in development or hidden enough that I couldn't find them, which is a possibility because obfuscated bytecode is not easy to understand.

enableMultipleArtifacts

This change had an entry in the handshake file and the class responsible for rendering the artifacts on your scanner. Though the changes to the artifact file looked like nothing more than a slight clean up or re-factor. I see no changes that actually allow multiple artifacts (ie: jarvis shards & shonin stones) at the same time. This could change however, as the handshake values for all three of these changes are at 0 (which represents disabled). When the handshake value changes to something like 1750 or 1760 then we know it has been enabled and can take a closer look.

enableEntityPicker

This entry I only found referenced in the handshake file. So assuming Ingress works in a branch like model of development, the back-end code for this change is not present in this apk.

enableBoostRechargeV2

This change had an entry outside of the handshake file. It seems to be an enhanced version of the current "boost recharge", allowing more XM to be consumed to possibly recharge a portal 100% instead of being bounded on 1k increments like it is currently. This should aim to fix the common "not enough xm" bugs encountered when using this feature.

I kept digging hoping I would find something more tangible, but I could not. In the future, I won't write any "spoiler" posts about handshake changes. I will just report them as they come in, because I have no details on enableEntityPicker and lacking substantial details on enableMultipleArtifacts.

Conclusion
This version was built on April 14, but not obtained till April 20. A new set of anomalies and shards are approaching. Good luck agents.