ハンクの旅路は終わる

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/03/26 02:35:57
人々が共存する知られざる手段は今なお残されている。旅路を共にした者たちには、世界を跨ぎ援助活動をする看護師もいれば密輸業者もいるし、農民や宣教師らもいた。興味深い人々であった。死地へ赴こうとも悪い状況には遭わぬ人々だが、諸君らはどこにでもいる人々と思うことだろう。おそらくは、彼ら自身の時空を越えた旅なのだ。彼らの中には確かに鋭敏な感覚を示す者たちがいた。鋭敏な感覚とは、詩人や探検者が備えるものだ。

物事を整理するとしよう。自らの精神というタペストリーを再び織っているかのようだ。記憶に寄れば、ボイドが用いた言い回しであれば私の記憶が確かならば、我々にとって精神というタペストリーを織ることなのである。経験や関連性のネットワークとは、記憶であり忘却であり唐突に閃くということである。かつて夢と現実とを真逆に捉える神秘主義者たちと過ごしたこともある。

私は実際のところ信じており、今はそれを整理しているところなのだ。自らの正気を確認する手段とは、現実認識を共有してみることだ。私は正気であろうとしている。

ここ数週間は宙を舞うものに象徴されてきた。アフガニスタンに舞ったタルクの粉塵、砂漠地帯の激しい砂塵、村落を漂う心地よい薫りの薪煙、峠に舞った雪、そして今は熱帯の波しぶきである。あたかも南太平洋であるかのように周りが緑に包まれている。

今夜、いよいよこの旅路も終わりを迎える。西パキスタンに広がる無人の荒野を抜け、海岸線へと辿り着いた。仲間の特務部隊員から現金の詰まった緊急時用の鞄を受け取ると、その金で湾を横切る現地ではダウと呼ばれている小さな漁船に乗せてもらった。この男が邪な輩に組みしていないことを祈るばかりだ。

ここを渡れば、辛い話をせねばならない。アズマティの叔父に会うのだ。実際に血縁のある叔父かはわからないが、馴染みある言い回しだ。アズマティの死を伝えるべき男であり、彼ならば私が整理できていない事柄にも着目してくれるに違いない。

Sea.jpg

Hank Johnson
2015/03/26 02:35:57
Still in the hidden world that exists in the tendrils that connect pockets of humans in habitation together.  I've been on the road with World Aid nurses, smugglers, farmers and missionaries.  Fascinating people.  They go to hellholes and death is always one bad incident away, but you get the feeling there is nowhere else they would rather be.  Maybe it's their own transdimensional journey.  More than one of them showed signs of being sensitives.  Sensitives tend to be poets and explorers.  

Still sorting things out.  It is as if I am re-weaving my mental tapestry. If memory serves, it was Boyd who first used that phrase (hopefully I haven't mis-attributed the reference) but that's what we are -- mental tapestries.  Networks of experiences, associations, what we remember, what we forget, what pops up in our mental theaters without bidding.  I once spent some time with some mystics who thought dreams were real and reality was a dream. 

I believe in reality, and am sorting through it now.  Shared perception of reality is how we gauge sanity. I am choosing, rightly or wrongly, to be sane.
  
The last few weeks have been defined by objects floating in the air. The fine talc dust of Afghanistan, the harsh sand of the desert regions, the scented woodsmoke of the villages, flakes of snow in a mountain passes and now it is tropical spindrift.  All around me is a pocket of green -- as if the South Seas had been transported a world away.

Tonight is the end of the road.  I made it to the coast through a strip of no man's land in Western Pakistan.  One of my SOF buddies lent me his bug-out bag with some cash in it.  Using that to buy passage on a little fishing boat (they call them 'dhows') across the gulf.  Just hope this guy isn't working for the wrong folks.

Once I get across, I'm going to have a difficult conversation.  I am meeting with Azmati's uncle, though I don't know whether he is a blood uncle or it is a term of familiarity.  He deserves an account of Azmati's death and I'm hoping he can shed light on unsorted things.