ハンクの記憶IV

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/03/22 13:11:33
共に騎乗する女を私は見た...以前に会ったことがある。それは異なる人生の中で。


ヤーハンなのか?

それがフラッシュバックの引き金となった。再帰、負傷、そして寺院。この神秘的で美しい王女の到来、宮殿の崩壊、古の文献、裏切り、そして証人ストーン。アズマティの誘拐、銃を突きつけられた上での13マグナス・ネスト、アズマティの身柄の保証。ネストへの進入、ヤーハンの証人ストーン配置、壁に踊るグリフと映像。永遠とも思える瞬間、アズマティが動く。銃撃と虚無、そして目覚め。闇、アズマティ最期の言葉。砕けた証人ストーン、短剣、そして金貨。暗闇の中を這い進み、いまここにいる。

千年も昔にヤーハンを知っていたというのか、共にブケパロスに跨がっていたというのか。異なる名で、異なる一生の中で、我々は世界を跨ぐ関係であったのだろうか。彼女もまた幻影であったのか、あるいは実在していたのか。あの特異な天変地異のなかを彼女が生き延びたのだとすれば、どこへ行ったというのだろうか。

エンジン音が聞こえ、星々が遠のいていく。今へと引き戻されていき、認識が一気にあふれ出す。遠方に監視する者がいた。申し分ない。おそらくは彼らは自分たちの存在を気づかせようとしたのだろう。月光の反射が瞬く、それはライフルスコープの反射だった。

完全に捉えられていた。いまここで死ぬために千年もの昔を生きたということなのだろうか。

Her.jpg

Hank Johnson
 2015/03/22 13:11:33
Then I saw the woman who rode with me... I had seen her before. In another life.

--------------------------

Jahan?  

It all began coming back in a flash of images.  Recursion.  Wounded.  The Temple.  The arrival of this mysterious and beautiful Indian princess.  Her crumbling palace.  The ancient books.  The betrayal.  The Shōnin Stone.  Azmati kidnapped.  Taken to the 13MAGNUS nest at gunpoint.  Azmati's assurance that 'he had it covered.'  Entering the Nest.  Jahan deploying the stone.  The walls leaping alive with glyphs and images.  Feeling all eternity for a moment.  Azmati making a move.  Gunshots.  Nothing.  Waking.  Darkness.  Azmati's last words.  The shattered Shōnin stone, the dagger, the coin. Crawling in the darkness.  Here.  Now.

Did I know Jahan millennia ago?  Was that us together, riding Bucephalus?  Had our relationship spanned the globe with different names or different incarnations?  Was she, too, a simulacrum?  Or was she alive?  If she lived through the anomalous eruption, where did she go?  

I heard an engine.  The stars receded.  I was ripped back to the present.  Hyper aware.  I was being followed from a distance. The follower was good.  Maybe they wanted me to know they were there.  I caught the glint of moonlight on glass.  Sniper scope.

Completely exposed.  Did I live millennia ago to die here and now?

前へ

ハンクの記憶III

次へ

ハンクの記憶V