ハンクの記憶Ⅱ

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/03/19 14:58:48
13マグナスの洞窟における最後の記憶、それがアズマティを見た最後のときだった。

13マグナス・ネストから立ち去る前に、アズマティの死を確認した。かろうじて彼と確認できる明かりのなか、触れると彼は冷たくなっていた。不自然なほどの冷たさだった。証人ストーンの残骸と、「超次元回路基盤」というほか言葉が見当たらないものは、いまなおエキゾチックマターを脈打たせ、アズマティの短剣のようなダーク・エキゾチックマター反応を警戒した。

アズマティは証人ストーンを粉砕しエキゾチックマターの通わぬ岩の欠片とするために短剣を振るったのだとわかった。ダガーを手にしたままその欠片を拾い上げると、振動と崩壊が収まった。

この空間でどのようなことを感じたか記述しておこう。それは鼓動することを止めて静止していく心臓の中にいるような感覚であった。良い言い回しではないが、それは化石と化した生物、乾いた粘土の中にいる感覚であった。ゆっくりと手足の感覚を取り戻すと、のろのろと光へ向かって進んだ。いまやその力を失ったネストから出る頃には、精神と肉体はひとつとなっていた。完全なる再統合を果たしていた。目覚めのときであった。

もうひとつ身につけているものがあったが、説明しようがない。それは首から鎖で吊り下げた貨幣だった。私には説明できないものだ。それは本物のマケドニア金貨のようだった。洞窟の外では、より実用的なものを見つけた。それは、ヤーハンの護衛のひとりの死体の脇に転がるAK-47だった。狙撃されたのか、あるいは処刑されたのか、男は後頭部を撃ち抜かれていた。銃弾を一発撃ってみた。銃が正常に動作しなかったときのことを考えれば音をたてるだけの価値はある。

振り返り、改めて洞窟を見た。もはや戻ってくることはないだろう。アズマティにとってここ以上に相応しい墓所はないだろう。証人ストーンの粉砕は、洞窟の機能を根こそぎ破壊してしまっていた。

私の夢想は遠方から聞こえる人の動く音によって中断した。

Gold.png

Hank Johnson
14:58
These were my last moments in the 13MAGNUS Cave... and the last time I saw Azmati.

---------

Before leaving the 13MAGNUS Nest, I verified that Azmati was dead. I could barely see him in the light, but he was cold to the touch. Unnaturally cold.  Shattered remnants of the Shōnin Stone and, for lack of a better term, the 'transdimensional circuit board' still pulsed with XM and I suspect Dark XM reactions, as did Azmati's dagger.  

It became clear to me that he had used the dagger to shatter the Shōnin Stone, a lifeless piece of rock when not pulsing with XM.  I took its pieces and the dagger with me. The shaking and crumbling subsided. 

I am trying to describe what it felt to be like in this space... it was like being inside a heart as it stops beating and finally comes to rest. Bad metaphor, but there was this sense of being within a living thing as it was fossilizing... A clay structure hardening in dry heat. 

I crawled towards the light, slowly regaining full use of my limbs.  By the time I emerged from the now inert Nest, I was united in mind and body. Fully reintegrated. Awake.
  
There was one other object on me, for which I had no explanation.  It was a coin hanging by a chain from my neck. I have no explanation for it. It looked Macedonian in origin... gold...  Outside the cave, I found a more practical object, an AK-47 next to the corpse of one of Jahan's bodyguards. He'd been shot in the back of the head, either sniped or executed. I popped off a round. It was worth the noise, because I didn't want to find out at the wrong time that the gun didn't work.  

I turned back and looked into the cave one more time. There would be no purpose in returning ever again. There could be no more fitting burial place for Azmati, and the shattering of the Shōnin stone had destroyed all that was functional about the cave. 

My reverie was broken by the sound of movement in the distance...

前へ

証人アノマリー京都ボランティア募集

次へ

スキャナーの障害