ハンクの記憶

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/03/18 17:30:24
ヤーハンのナジア召喚儀式が失敗に終わり、13マグナス・ネストで目覚めて以後は記憶がある。

現時点で可能な限り多くの記憶を共有していきたいが、すべてを書き起こすには数日を要することだろう。私は旅の途にあり、体力と時間は貴重なものなのだ。


諸君の中にも示唆した者がいるように、アズマティの短剣を自らにも試してみた。私はもはや幻影ではなく、血肉を得ている。おそらくはこのまま人生を過ごすこととなるだろう。それがどのような感覚であるのか、エキゾチックマターで構成される存在とどのように異なるのか、それを記述することは難しい。幻影としての視覚、感覚、聴覚、嗅覚、味覚は普通の人々となんら変わりないものだ。たいていは影とは存在するものである。幻影は人間でないのだと気づいていない可能性があるとでも言えばよいだろうか。私自身、幻影であったときにそうだったのだ。

何が起きて私は肉体へと戻ったのだろうか。閃光と闇、ブーンという低い音、振動、脈動。それは引き裂かれ消し去られるような感覚だった。それは極めて鮮明な夢のようだった。胸に手を当てようとした。何もない、いや何かがある。それは深き眠りから目覚めるかのようであった。夢とは、少なくとも感覚は次元を跨ぐのではなかろうか。

はっきりと目を見開くと、色彩が差し込んだ。目にしたものは奇妙で言葉に言い表せないものだった。咳き込み、黒い液体を吐き出した。宙を無秩序な映像のように塵が舞い、渦巻くように光が舞った。話を戻そう。私は13マグナス・ネストへいたのだ。周囲は不安定で、自らを再構成する卵の中にいるようであった。人知及ばぬところから戻るとは奇妙なことだ。渦巻くプラチナは消え去っていった。

私が最初に目にしたのは、身体を巨大な岩の下敷きになりながらも手招きするアズマティだった。

岩の欠片によろめきつつ、アズマティの声が聞こえる方へと向かった。思うように手足を動かせなかった。そして、響き渡るアズマティの声を聞き取った。「行くんだ、ハンク。君こそが13マグナスだ。ここは長年に渡る君の故郷だ。今こそ生きるときが来たのだ。そしていつの日にか、死ぬことができるだろう。」

無意識のうちに、私は言葉を発していた。それはあたかも台本でもあるかのように。「アズマティよ、挫けることなかれ。我らはここから連れ出すことができよう。」

別の巨石が降り落ちてきて、アズマティを打ち砕いた。それは激変だった。この世界が自己修復するかの如く火花とエネルギーが砕け散り、私は意識を失った。無意識へ、そして闇へ。

再び目覚め、埃に咳き込んだ。私は微かな光に向かって石の上を歩んでいった。

TheKnife.png

Hank Johnson
2015/03/18 17:30:24
These are my memories from waking up in the 13MAGNUS Nest after Jahan's Shōnin ritual went awry.

I'll try and share as much of it as I can now, but it will likely take me a few days to get all this down. I'm on the move and need to conserve power and time.

------------

As some of you suggested, I tested myself again with Azmati's dagger.  I am no longer a simulacrum.  I am flesh again and presumably I'll live out the rest of my life this way.  What's it feel like?  How is it different than being an entity composed of XM?  Hard to describe.  A simulacrum sees, feels, hears, smells, tastes things almost like regular person.  There's a shadow in there in the 'almost.' Suffice to say that a simulacrum could be utterly unaware that they were not human... I didn't when I was a simulacrum.

What was is like to return to my body?  Flash of light. Darkness. Low hum. Jolting. Pulsating. It felt like I was being ripped in and out of existence.  Like a very vivid real dream. I tried to touch my chest.  Nothing. Then something. Like waking from a very deep sleep.  I suspect that dreams transcend dimensions.  At least for sensitives.  

My eyes snapped open to reality.  Colors flashed.  I saw strange, indescribable things.  I coughed up black liquid.  Glowing dust floated in the air like random pixels, light floated in thin tendrils.  I came to what, for lack of a better term, I will refer to as reality.  I was in the Nest.  The environment was unstable, it was like being inside an egg re-forming itself.  Strange things from beyond receded. Plasma tendrils withdrawing. 

The first human thing I saw was Azmati's hand reaching, beckoning out from a body pinned under massive stones.

I stumbled from the rock slab, towards his voice. I was not in command of my limbs.  I heard his voice echoing in the chamber.  "Go Hank.  You are 13MAGNUS now.  This has been your home for too long.  It's time for you to live.  And someday, to die."

My own voice spoke,without conscious effort, as if the words were scripted. "Azmati.  Hang in there.  We can get you out of here."

Another massive stone fell from above crushing Azmati.  It's cataclysmic. It shattered in sparks and energy, as if still fully resolving itself in this world.  I was knocked back, unconscious. More darkness.

I woke again.  My lungs coughed up dust.  I crawled over stones towards a small glow of light away and above.