トゥルースシーカー

ione.jpgスザンナ・モイヤー(Susanna Moyer)
2015/03/12 16:17:18
古いナイアンティック文書によれば、「トゥルースシーカー」はP.A.シャポーによって作成されたプログラムであり、エイダへ組み込まれた可能性があるようです。

クルーは検出アルゴリズムことエイダの起源に迫る手掛かりとなる、電子化されていない文書の捜索協力を求め、私はそれに応じました。見つけ出すことができるのか確証はありません。

ここまでのところ、電子化されていない文書のひとつを入手することができました。古いナイアンティック文書が詰め込まれたゴミ箱のなかにありました。全く平凡な文書ばかりでしたが、一見の価値があるように思えたのです。

この文書は特に有望なもののように思えます。

しかし、トゥルースシーカーとは何でしょうか?


0T-XC0CHJ-H
DEVDOYOF

TS / NIANTIC / ALETHEIA
最高機密経路取扱

連絡票

件名: リチャード・ローブ(人工知能調整コンサルタント)について
宛先: ジェイ・フィリップス; イェン・ニィ; エゼキエル・カルバン

ジェイ・フィリップスによるヒューバート・ファーロウ採用の提案に関して、物理的安全保護は専門外のことであるし異論はない。だが、関心を寄せたのは彼の肩書きが「調査員」と記載されていたことだ。これに関しては誤植ではないだろうか。

我々が人々の知識欲を利用して構築している検出アルゴリズムの調整にリチャード・ローブの採用を提案したい。彼とは長年にわたって仕事してきたが、率直に言って過去の業績はめざましいものだ。提案書に記載する「トゥルースシーカー」を参照してほしい。必ずや革新的な「トゥルースシーカー」プログラムを元に基幹となるシステムと発想を提供してくれることだろう。

さらに、彼は人間のような応答システムを構築し我々を支援する特異な才能を有している。検出アルゴリズム・ユビキタスコンピューターをより親しみあるものとすることで、研究者たちに受け入れられやすいものとなるだろう。

我々研究者のプライバシー権について、複雑な感情を抱いている。自らの研究室があれば重要な会話はそこで行おうとするに違いない。だが、そのような会話も全ての区画で監視下に置かれているのだと研究者たちに周知すべきと考えている。監視環境に関する私の研究では、人々は自らが監視されていることをすぐに忘れて自然なやりとりに戻るものである。

ヘンリー・ボウルズ
2zyb8ch3b7d5b/2saq2b00sdy3rloc9y4n

Truthseeker.png

Susanna Moyer
2015/03/12 16:17:18
An old NIA memo reveals 'Truthseeker,' a program made by PAC that may have been built into ADA.

+Klue S. asked for my help in finding some offline files that may help shed light on+A Detection Algorithm's origins, and so I did. I'm not sure what I expected to find.

I've only been able to gain access to one of the offline archives so far. This one was a small collection of dusty boxes filled with old NIA documents (many of which are utterly mundane). I did, however, find a few that seemed to be worth a second glance.

This one, in particular, seemed promising.

What is Truthseeker?

0T-XC0CHJ-H
DEVDOYOF

TS / NIANTIC / ALETHEIA
HANDLE VIA TOP SECRET CHANNELS

MEMORANDUM

SUBJECT: RICHARD LOEB - AI TUNING CONSULTANT
TO: PHILLIPS , JAY ; NI, YUEN ; CALVIN , EZEKIEL

I have little comment on Jay Phillips' suggestion that we bring on Hubert Farlowe; physical security is outside my realm. I do find it curious, however, that he is listed as an 'Investigator.' I am assuming that this is a mistake.

I would like to bring Richard Loeb onboard Niantic to tune the Detection Algorithm we are building using the Omnivore fork. I have worked with him over the years - he has done, frankly, exceptional work in the past (see 'Truthseeker' in my proposal doc) and he would, of course, bring the essential systems and ideas from his revolutionary 'Truthseeker' program with him.

Beyond that, he has a particular genius for the creation of human-like user response systems that will aid us in tuning the Detection Algorithm ubiquitous computer to be more user friendly and thus accepted by the Investigators.

As to the exact 'privacy' requirement of our Investivators, I have mixed emotions. If there are areas in the Lab that can be presumed to be private, it is almost a certainty that those areas are where many of the most significant conversations will be held. My belief is that the Investigators should be informed that ALL areas will be monitored when it is perceived that conversation is taking place. In my research based on invasive reality television shows and high-surveillance environments, people soon forget that they are being monitored and default to natural communications.

Henry Bowles


2zyb8ch3b7d5b/2saq2b00sdy3rloc9y4n

Niantic Project
2015/03/12 16:23:06
+Susanna Moyer recovers an old NIA document, from the era before the launch of the +Niantic Project, that discusses a program called Truthseeker. 

It seems +H. Richard Loeb (also known as P. A. Chapeau) may have built something called Truthseeker before he joined the Niantic Project to help tune +A Detection Algorithm

If you read between the lines, the real question emerges: Was Truthseeker a component that went into creating ADA? If so, what are the implications of that? What is Truthseeker?

x