アズマティを悼む

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/03/11 17:32:11
ヤーハンの証人儀式は、アズマティが自らを犠牲にして阻止してみせた。偉大なる男に敬意を評し、書き記すことにしよう。

私が初めてミルザ・マスキーン・アズマティに出会ったときのことから話そうか。カンダハル西部の小さな村落の近くで野営していたときのことだ、私はいつもの如く単独で行動していた。このような仕事をしていれば珍しいことではない。ちょっとした揉め事ですぐに時間を浪費してしまうものだが、穴があれば隠れるものだろうし、ひとつずつ排除していけばよい。だが、奴らは行く手を遮ったうえで何処からか迫ってきたのだ。最後の弾倉を撃ち尽くすと、私は最悪の状況に備えた。トラックが悠然と角を曲がりながら火線を伸ばした。その幾つかは命中し、髭面の男がダリー語で、このタリブどもめと罵った。そしてその男は、私の前でフロントドアを開け放ったのだ。

「脚が必要なんじゃあないかい、友よ」
それは流暢な英語だった。

それは予想していたよりもずっと長きに渡る旅路となった。

カブールへ到着するまで、私はトラックの荷台にある息苦しく重い絨毯のなかに丸まり隠れていた。男は自分の店に私を連れ込むと、ともに床に座って手ずからパラオを食べ、緑茶を飲んだ。男の名を訊ねるとミルザ・マスキーン・アズマティと名乗ったものだから、失礼ながら30秒ほども笑ってしまった。彼は微笑みながら「父がキップリングのファンだったものでね」と言った。彼は自分の家系はシルクロードが大陸を跨ぐ細く荒れた唯一の経路だった頃から絨毯の取引をしていたのだと語った。

彼曰く、絨毯は語り部であるという。古代の神話や伝承は、織物のなかに隠匿されているというのだ。それは千年にわたる秘密の知識である。彼の父親はアルファベットよりも先に織物の読み取り方を教えたそうだ。躊躇うことなく信用することを伝えると、彼は微笑んだ。私がそう言うであろうと知っていたのではないかと一瞬疑ったほどだ。食事に感謝すると、彼は黄ばんだレシート紙に番号を走り書きし、私に手渡した。

「君はまた旅しなければならないかもな」
と、彼は言った。

その後、一度二度とアズマティの助けを借りるうち、すぐに彼と私は結束した。彼は前線で活動し、私は周辺の監視と翻訳に従事した。彼にはスパイ活動のノウハウをいくらか教えた。時間に余裕があるときには、歴史やテクノロジー、物理学や神話の話をしたものだ。我々には多くの共通点があった。

当時、アズマティは退屈しのぎに危険や冒険を求めて私と行動を共にしているものと考えていた。だが、物事はもっと明確なものだった。彼は私がアメリカ特殊作戦部隊であると知っているのみならず、他に何かしらあるのだと敏感に察知していたのだ。13マグナスであったからだろうか?私にはわからぬことだが、彼は私の過去と未来へ触れていたのだ。おそらくは絨毯のひとつに記されていたことなのだろう。

運命へと向かう私の拙き道程を彼は導いてくれた。そして遂には、はるかに大きな代償を支払っていったのだ。ヤーハンが証人儀式を始めたとき、アズマティは反射的に行動に移った。私を脇へ押し飛ばすと、何らかの予見があったのか古代のナイフを深々と突き刺した。彼は自らの死に気づいていたのだ。私の目を見つめると、メッセージを残してある、それを探し出せ、と言った。行動に移そうとした瞬間のことだった、部屋は光とエネルギーの爆発に包まれた。意識を失った私は、どこか別の場所で目覚めた。私は全てを取り戻していた。知っているはずの全てを知っていたのだ。

私は走った。アズマティを悼む時間もあったろうが、そうはしなかった。

もはや隠し立てする理由もなく、いまや証人ストーンは露見している。アズマティは13マグナスであった。彼の家系は何千年にもわたってエキゾチックマターとシェイパーの知識を守り続けていたのだ。現代科学がようやく僅かな糸口を掴んだに過ぎない複雑なシステムを以てアンチマグナスとナジアとを我々の世界から阻む障壁を構築していたのだ。

そしてどういうわけか、アズマティは私自身も13マグナスとなる運命にあることを知っていた。ゆっくりとその秘密に触れさせ、その使命へと導いたのだ。

我が友、アズマティよ。君のくそったれなトラックよりは快適な旅を送っていることを願っている。さらばだ。

Azmati.jpg

Hank Johnson
2015/03/11 17:32:11
Azmati sacrificed himself to stop Jahan's Shōnin ritual. I wrote this to pay respect to a great man.

-------

I'll tell you how I first met Mirza Maskeen Azmati. I was taking fire outside a small village just west of Kandahar. I was flying solo... as usual. Comes with the territory. Most of the time these little skirmishes are easy enough to squeeze out of. You find a hole. You hide. You take them out one by one. But they had me pinned and were closing in from everywhere. I slammed in my last clip and prepared for the worst when all of a sudden this ornate, jingly truck calmly rolls around the corner and directly into the line of fire. The truck takes a few hits and a bearded fellow starts swearing at the Talibs in Dari. Then he leans out the front door in my direction.

"You look like you need a ride, my friend." He said, in perfect English.

It was a ride that lasted longer than I ever expected.

I hid in the back of the truck curled up in the choking dust of a half ton of carpets until we arrived in Kabul. He pulled me into his shop and we sat on the floor and ate palau with our hands and drank green tea. I asked him what his name was, he said Mirza Maskeen Azmati, and I (rudely) laughed for about thirty seconds. He smiled and said, "My father was a Kipling fan." He told me his family had been trading carpets since when the silk route was only a thinly worn path across the continent. 

Carpets are storytellers, he said. Ancient myths and legends are hidden within the weaves and the fibers: The secret knowledge of a thousand years. His father had taught him how to read the weaves before he ever saw an alphabet. I told him I believed that without hesitation. He smiled. I wondered for a second if he knew I was going to say that. I thanked him for the meal, and he scrawled a number on yellowing receipt paper and pressed it into my hand.

"You may need a ride again." He said.

After that, I called on Azmati once, then twice. Soon he and I were a fast team. He would be the front man, scoping out an area for me and acting as translator. I shared some of my tradecraft with him. When times were easy, we'd talk about history and technology and physics and myths. There was much shared common ground. 

At the time I thought Azmati put himself on the line with me because he was bored, because he craved danger and adventure. Now, things are so much clearer. He had known who I was all along - not just American Spec-Ops, but something more - a sensitive? 13MAGNUS? I don't know, but he was tuned in to my past and my future. Perhaps it was written into the weaves of one of his carpets.

He shepherded me on my clumsy path towards destiny. And in the end, he paid a price so much higher than I would have ever asked to bring me to here and now. When Jahan began her Shōnin stone ritual, Azmati leapt into action, pushing me aside and stabbing an ancient knife (that he had somehow had the foresight to leave in the chamber) deep into it. He knew it would end him. He looked me in the eye and told me he had left a message for me, and I should find it -- that now was my moment to run. The room exploded in light and energy. I lost consciousness and awoke somewhere else... I was whole again, and I knew everything that I have ever known.

And then I ran. There would be a time to mourn Azmati, but it was not then.

There's no reason to keep secrets, now that the Shōnin stone has exposed so much. Azmati was 13MAGNUS. His family had carried and preserved ancient knowledge about XM and the Shapers for thousands of years. They had built walls to protect our world from Anti-Magnus and the N'zeer using systems so complex that modern science is only beginning to see its first few pixels resolve. 

And somehow, Azmati knew that I was destined to become 13MAGNUS as well. To slowly learn its secrets and carry its mission forward.

Azmati, my friend. I hope the ride you're on now is more comfortable than that damned truck of yours. Goodbye.

前へ

ファーストサタデー 7-MAR-2015の戦績発表

次へ

トゥルースシーカー