デブラとヤーハンの謎への光明

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2015/02/04 04:16:04
デブラとヤーハンの謎に幾許かの光明を当てよう。初めてヤーハンを目にしたとき、私はどこか見覚えがあるように思えたが、彼女の素性は知らなかった。だが今では、カルフォルニア大学ロサンゼルス校において行われた超次元情報伝達を題材としたサマープログラムにおいてデブラの研究に参加していたのだと考えている。大半の「ダイアルトーン」通信は地球外知的生命体へ向けて行われたものだが、その中にひとりの量子学研究者が関与していたのだ。そこにスタイン・ライトマンは居合わせていたと私は考えている。だが、スタイン・ライトマンがヤーハンを覚えているとは思えず、私の推察は誤りであるのかもしれない。いまだ全ての記憶が再び組み合わされてはいないのだ。

この推察が真実であるならば、アンチマグナスの長期的な暗示とは何であるのか?我々は壮大な長期構想の終盤に居合わせたということなのだろうか。もしそうであるならば、迫り来るその暗示とは身も凍るものに違いない。

Edgar Allan Wright
2015/02/04 04:16:04
I believe I can shed some light on Devra and Jahan.  When I first viewed Jahan, she looked familiar, but I did not know where from.  I now believe that she participated in Devra's researches at UCLA in a summer program on Transdimensional Communications.  While most 'dialtone' communication was focussed on Extraterrestrial Intelligence, a Quantum Scientist was involved in this event.  I believe +Stein Lightman might have been present for all or some of the seminar.  But it does not seem that he remembers Jahan, so I could be wrong.  Not all memories have recompiled yet.

If that is true, what are the longitudinal implications of Anti-Magnus? Are we seeing the endgame in a very long plot?  If so, the implications for what is coming are chilling?