適応か死か

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/02/02 12:53:09
「ああ、なんてことなの」
デブラはそう言ってボウルズへ駆け寄ったが、彼を抱擁しようとしてようやく自らの両手首がいまなお拘束されていることに気づいた。

ヘンリー・ボウルズは855を見やった。暗殺者は頷くとレザーマンツールを投げて寄こした。そして、ボウルズは素早く刃先でデブラの拘束を解き放った。

「どういうことなのかわからないわ」
デブラは言った。

「我々は上海から君を追跡していたんだよ、実際にはそれ以前からだがね」
ヘンリー・ボウルズは言った。

「あなたは、あなたは関与しているというの、彼とともに」
デブラは訊ねた。

「やれやれ、事実は二つだけだよ」
855は言った。
「ひとつ目、私は今ここにいる。ふたつ目、私は君の身を救ってやった」

「ごめんなさい、何もかもが、そう、予想外で」

暗殺者は言う。
「あなたに託そう。話してやってくれ、ヘンリー」

ヘンリー・ボウルズはデブラのそばへ歩み寄った。

「エイダは彼の頭脳へ侵入したんだ。深いところまでね。そこで彼女はいくつかの非常に深刻な損害を与えた。彼は彼女を殺して除去することを私に望んでいるのさ。それは不可能なことだが、彼女に変化を促すことができるのではないか、彼を救えるのではないかと思うようになった。どちらも時間を要することだ。エイダに至っては今や世界に解き放たれている。見つけることも難しい。私はひと月を稼いだ、ふた月を稼いだ、そして更にね」

「彼のことは気に入ってきたよ。まだまだ相棒というにはほど遠いがね」
855は作り笑いを浮かべて言った。

「適応か死か、ってことだろう?」
ファーロウはかつて自らを殺した男へ言った。

「適応か死か、か」

「あなたはどうしたいのかしら?」
デブラは855へ訊ねたが、応じたのはボウルズだった。

「それは啓示の夜に関係することだ。セルン(CERN)へと遡ることだ。」

「それはずっと感じていたことよ」
デブラは自問するように応じた。

「何かがあなた方全員の身に起きたのです」
855は彼女に言った。

「もちろん、それはあったこと、私はそこにいた。そしてそれ以来、私は変わってしまったわ」

「あなたがご存じである以上の真実があるよ、先生。ほらね、私の頭脳がエイダの侵入を受けたが、私は予行に過ぎなかった。あなたが標的になることになっていたよ。だが、ある時点で彼女は心変わりした

「何ですって?どうすれば知ることができるというの?」
デブラは訊ねた。

「昏睡状態から目覚めたとき、私には行ったこと全ての記憶があった。思い出したのではない、全ての記憶が存在したのだ。全ての日々が、全ての言葉が、全ての呼吸が、全ての殺害が、全ての食事が、全ての顔がだ」

 ボウルズが言った。
「彼の脳はオーバークロックされたのだ。分類や優先順位付けといった能力を代償としてね」

 855が続けていった。
「私は混乱したものだ。しかし、ヘンリーのおかげで私はこいつを才能と捉え、言うならば利点であると考えることができた」

「私はプログラムのエイダを手助けしていたからね。ひとつのコンピュータであると考えて彼の精神を扱ったわけさ」

これに暗殺者が応じた。
「ヘンリーは私に機械の思考法を教えてくれた。それは私にとって思慮分別だった。だから彼を生かしたのだ」

デブラは頷いた。彼女はようやく一息をついた。だが、遠くで燃える残骸と足下で血を噴く遺骸を見て、ようやく気づいた。

「私とファーロウに何をさせようというの?」
彼女は訊ねた。

「ファーロウだって?どうでもよいことだ。だが、あなたが彼を気に入っているのなら、私に無駄弾を使用する理由はない」

「そいつはありがたいね」
とファーロウは言ったが、本音のようではなかった。
「もう私には影響を与えてはいないようだがね」

「だが、スミスは何かに気づいたようだ。」
暗殺者は応じた。

ファーロウは顔を歪めて頷いた。危険な状況が推移していた。
「阻止せねばならない」

 ヘンリー・ボウルズは頷くと、苛つく男の遺骸へと歩み寄った。ポケットの中を漁り多目的車両の鍵を引っ張り出すと855へ示した。

「行きましょう」

「あなたたちに車はないの?」
デブラが訊ねた。

855が手に持つ小さなリモコンのボタンを押したことに気づき、デブラは不思議に思った。

遙か彼方でブーンという重低音とフラッシュがあがった。一瞬の後、彼女は彼方にあがる砂煙を見た。

「もうありませんね。何事も鮮度が肝心」
855はそう応じた。
「ファーロウ、あなたはこのトラックを使ってはどうでしょう?」

ファーロウは笑って言った。
「糞食らえだ」

 「ああ、これは長い旅路になりそうですね」
855は言った。
「ヘンリー、あなたが運転しなさい。燃やしてしまう前に数時間は乗るとしましょう」

「わかった」
とヘンリー・ボウルズは応じた。

デブラと855は多目的車両へと向かった。

「まだ聞いてないわよ、あなたは私に何をお望みなのかしら?」
デブラは855へ訊ねた。

「エイダが私から出て行ったとき、彼女はミスを犯したのです。エイダは秘密を保持しているのですよ、先生。多くのことを。そして彼女はひとつ残していってしまった、私の元にね」

 「あなたは奈落の底を覗くということをご存じか?」
ヘンリー・ボウルズは言った。

「ヘンリーは混乱を取り除き、前へ踏み出す方法を示してくれた。エイダのような思考法を教えてくれたのだ」

「そしてあなたはこの秘密を知っていると?」

「そのとおりだ」

「そして、それに私が関わっていると?」

「あなた、そして他の者たちも」

「はっきり言ってちょうだい、何なの?」
デブラは訊ねた。

「先生、あなたはその答えに辿り着かねばならない。それだけの価値があることはお約束できる。」
暗殺者は微笑んで後部座席の扉を開けた。ファーロウは車両の反対側に身を寄せて彼女の指示を待った。

ヘンリー・ボウルズは、バックミラーで彼女を確認すると多目的車両を始動させた。

デブラは破壊と死に溢れる周辺を眺め見た。そして破壊と死は扉を開けて待っている。彼女には到底返済の目処のない債務であった。それは車内へ入る刹那の思考でしかなかった。ファーロウが素早く彼女に続いた。

「さて、いいかい。じゃあ行こう」
855が扉を閉めながら言った。

Felicia Hajra-Lee
2015/02/02 12:53:09

Adapt or Die

"My god...", she said as she rushed toward him.  She tried to hug him, but then realized her wrists were still tied together.


Henry Bowles looked at 855.  The assassin gave him a nod and tossed a Leatherman tool towards him, and Bowles quickly pulled the edge of its blade through Devra's restraints.

"I don't understand," Devra said.  

"We've been tracking you since Shanghai.  Before, actually," Henry said.  

"You... you are working with... him... now?", she asked.  

"Okay, two things," 855 said.  "One, I'm right here, and two, I just saved your skin."

"Sorry," Devra said.  "It's all just so... so, unexpected."

"I'll give you that," the assassin said.  "Tell her, Henry."  

Henry Bowles moved toward Devra.  

"ADA got in his head. Deep in, and she did some pretty serious damage while she was in there.  He wanted me to get her out by killing her.  Which is impossible.  But I figured I still might be able to change her, and help him.  Both of which take time.  As for ADA.  She's out in the world now.  Hard to find.  And that bought me a month, then two, then another..."

"He grew on me. Never had a sidekick," 855 said, a smirk crossing his face.  

"Adapt or die, huh?", Farlowe said to the man that killed him.  

"Adapt or die."

"What do you want?", Devra asked 855, though Bowles answered.  

"It has to do with Epiphany Night.  Back at CERN," he said.  

"That feels so long ago," Devra replied, almost to herself.

"Something happened to you all," 855 told her.  

"Of course it did.  I was there.  Something did happen, and I haven't been the same since."

"Truer words than you know, doc.  See, when ADA got inside my head, I was just a test run.  You were supposed to be the target, but at some point she changed her mind," 855 said.    

"What?  How do you know this?", Devra asked.  

"Since I woke up from my coma, I've remembered everything I ever did.  I don't mean I can recall things.  I mean I remember everything.  Every day.  Every conversation.  Every word.  Every breath.  Every kill.  Every meal.  Every face." 

"She overclocked his brain. Broke its ability to categorize and prioritize," Bowles said.  

"It was driving me insane," 855 continued.  "But Henry made me realize that I could turn this gift, if you can call it that, into an advantage."

"I helped program ADA.  So I approached his mind as if he was a computer," Henry said.  

"Henry taught me how to think like a machine," the assassin replied. "That kept me sane.  And kept him alive."  

Devra nodded.  She was breathing easier now.  But as she watched the flaming wreckage in the distance, and the blood flowing from the bodies near her feet, she knew that there was more.  

"What does this have to do with me and Farlowe?", she asked.  

"Farlowe?  Not much, but you like him, so I see no reason to waste a bullet."

"Thanks," Farlowe said.  It didn't sound like he meant it.  "And those don't work on me anymore."  

"Looks like Smith found something that does, though," the assassin replied.

Farlowe grimaced and nodded.  A dangerous development.  "We need to get scarce."

Henry nodded and walked to what was once the angry Hulong man.  He dug around in the man's pocket until he found the keys to the SUV.  He pulled them out and showed them to 855.  

"Let's go."

"Don't you have a vehicle?" Devra asked.

855 pushed the button on a small remote he had in his hand.  When did that get there, she wondered.  There was a distant boom and flash.  A moment later, she could see smoke rising in the distance.  

"Not anymore. Try to keep things fresh." 855 replied.  "Farlowe, you good to get into this truck?"

"Screw you," Hubert smiled.  

"Oh, this is going to be road trip for the ages," 855 said.  "Henry, you drive. We've got a few hours before we need to burn that ride."

"Got it," Bowles replied.  

Devra and 855 moved toward the SUV.  

"You still haven't said what you want with me," Devra said to 855.  

"When ADA left me, she made a mistake.  ADA's been keeping secrets, doc.  Lots of them.  And she left one behind.  With me."

"You know that thing about gazing into the abyss?", Bowles said.

"Henry showed me how to weed out the clutter and bring it forward.  He taught me how to think like her."  

"And you know this secret?"

"Yes."

"And it involves me?"

"You.  And the others."

"So what is it, exactly?", Devra asked.  

"You're going to have earn that answer, doc.  But I can promise you it will be worth it," the assassin smiled as he opened the rear passenger door.  Farlowe was leaning against the opposite side of the vehicle, waiting for her cue.

Henry Bowles watched her through the rear view mirror as he started the SUV.  

Devra looked at the destruction and death around her, and the destruction and death that was holding open the door, offering her a debt she had no idea how she was going to repay.  She didn't think long as she climbed inside the vehicle.  Farlowe quickly followed.

"Well alright, then," 855 said as he slammed the door shut.

xyukfmxyfk42o4lfg7hxucmgiffsxpriukzprma 

fudhgeaetylprcli;gstuvfhtylpb 

Posted by Felicia Hajra-Lee at 7:53 PM