エキスパート

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/02/01 13:36:47
粉塵が彼らの周囲を取り囲むなか、砂埃の中を歩く影があった。それは二人の方へと歩み寄ってくる。幽霊なのか、悪魔なのか、あるいは死の天使か。

デブラは、既に出会ったことがあると気づいた。

855は手にした拳銃を脇へと下ろした。

「この状況については複雑な心境だろうね」

デブラとファーロウは立ち尽くしていた。

「さて、私を見て喜ぶような者はいないとはわかっているさ。だが、私は来た。よかっただろう、ファーロウ?」

「衝撃的であることは、疑いようがないな」
ファーロウは応じた。

デブラがようやく声を出す。

「ここで何をしているというの?」
暗殺者に向かって問いかけた。

「あなた方の抹殺にではないよ、驚いたことにね」
855は微笑んだ。

彼が近づいたことで、デブラは以前出会ったときとは異なることに気づいた。頭部は禿げ、その顔は無精髭に覆われていた。かつてよりも壮健であるようにも見えた。これではカメレオンではないか。その出で立ちはサファリ観光客の如くカーキ色のシャツとズボンを着込んでいた。

「ずいぶんと変わったものね」

「そうかな」

「何がお望みかしら?」
デブラが訊ねた。爆発の衝撃からもかつて自らの人生のほとんどを奪い去った男の突然の出現による衝撃からも彼女は立ち直ったようだった。

「あなたには明白なことでしょう。あなた方お二人には、と言うべきか。あなた方は私のチームへ参加するのですよ、我が好意に報いるためにね」

「お前は単独行動かと思っていたよ」
ファーロウは咳き込みつつも言った。

「ええ、最近までそのお考えは正しいものでした。しかし、それが可能であるとお思いでしょうか?」
かつて世界最大の採掘トラックであった燃え盛る破片を吐きとばすような仕草をみせつつ855は言った。
「つまりだね、セキュリティシステムに、問題ない。だがドローンはハックされたね?特にヒューロン・グローバル社所有のものがだ。中国軍仕様をベースにしたものをだよ。やだねえ、あなた方は専門家を必要としてはいないかい?幸いにも私に心当たりがあるわけだがね?」

「ごきげんよう、ボグダノヴィッチ博士」
その声は背後から投げかけられた。

デブラは近づいてくるひとりの男に振り向いた。男は二つの携帯コンピューターケースを肩にかけていた。他にも大型のバックパックを持ち運んでおり、そこからは長いアンテナが伸びていた。

「ヘンリーですって?」
デブラは驚きのあまり開いた口を塞ぎあぐねた。

「ご覧のように、私は彼を殺しちゃいなかったんだ」
855は彼自身驚いたというように言った。

「専門家が生き延びるには非常に素晴らしい手段だね」
ヘンリー・ボウルズはそう言って微笑んだ。

Felicia Hajra-Lee
2015/02/01 13:36:47
Saturday, January 31, 2015

The Experts

As the dust settled around them, a figure stepped through cloud, moving toward them both.  A ghost.  A demon.  The angel of death.  

Devra realized they had met before.  

855 lowered the 45 automatic in his hand toward his side.  

"You must have a lot of conflicting emotions right about now," he said.  

Devra and Farlowe both stood in silent shock.  

"Okay, I'll admit that no one is ever happy to see me, but I mean, come on.  That was pretty good.  Farlowe?"

"Impressive, no doubt," Farlowe replied.  

Devra found her voice.  

"What are you doing here?", she asked the assassin.  

"Not killing you, surprisingly," 855 smiled.  As he moved closer, she could see he had grown different since their last encounter.  He was bald now.  His face was covered in stubble.  He looked more fit than before, if that was possible.  A human chameleon.  He was wearing a khaki shirt and pants, as if he was a tourist on an outback safari.

"You've changed," she said.

"So have you."

"What do you want?", Devra asked.  She was getting over the shock of the explosion and of the sudden appearance of the man who once almost took her life.  

"You, obviously.  You both, actually.  You're going to join my team while you're repaying this favor."

"I thought you worked alone?", Farlowe coughed out.  

"True.  Until recently, that was correct.  But you think I could do that?" 855 said as he gestured to the smoking, fiery debris that was once one of the world's largest mining truck.  "I mean, security systems, no problem.  But hack a drone?  Especially one of Hulong's, which is basically built to Chinese military specs.  Nope.  For that you need an expert.  Fortunately, I have one."

"Hello, Dr. Bogdanovich", a voice said from behind them.  

Devra turned to see a man walking toward them.  He had two portable computer cases with him, both slung over his shoulder.  He carried a large backpack over the other.  A long antenna extended out from it.

"Henry?", Devra mouthed in shock.  

"As you can see, I didn't kill him," 855 said, sounding almost surprised himself at the revelation.

"Turns out being an expert is a remarkably good way to stay alive." Henry Bowles smiled.

2346511430452317291547262814340232133529 

7dfv7vzmsx8z4y 
Posted by Felicia Hajra-Lee at 8:36 PM