死の天使

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/31 17:44:01
「あなたの策略?」
デブラが訊ねた。

「どこからともなく現れるさ、それは我々二人が赴く場所であるのだが...」
ヒューバートは咳き込んだ。

「私はそうは思わないわ、ヒューバート。生と死は私たちの想像を越えていることをあなたの存在が証明しているのよ。私は死を恐れてはいない、もはやね。私が恐れているのは失敗、それは私にとってこの上ない後悔だわ。世界が炎に包まれようとも、私たちは勇敢に挑みましょう。そいつを倒すのよ、ヒューバート。そう私は確信しているわ。」

 デブラは苛ついていた男を確認した。男は電話中で、なにやら身振り手振りしては時折目映い青空を仰いでいた。

男の視線を追おうと、デブラは拘束された腕を持ち上げ、太陽の光を手で遮った。上空遙か高くに、旋回する小さな黒点があった。

「オーストラリアにハゲタカはいるのかしら?」
デブラはヒューバートに訊ねた。

 「知らないね。おそらくはこの大陸で進化を遂げた動物が食い殺すことだろう。狼にもゴミ漁りはいると言うしね」

「狼も飛ぶことがあるのかしら」
デブラは呟く。旋回する黒点は徐々に降下していた。その翼は鳥にしては直線的すぎた。ようやくファーロウがデブラの視線を追う。

「ドローンか」

「そのとおりよ、観客の皆様ってこと」

「スミスとそのご友人一同だな」

「話していたとおり、ショーをご期待ということね」

「そうだな、彼らにひとつ見せつけてやりたいところだ」
ファーロウは微笑んだ。

言いようのない恐怖を間近にして彼は充実しているようだった。

苛ついた男が二人に近づき、他の男たちもそれに続いた。

「こいつらを立たせろ」
男が命じた。

男達がデブラとファーロウを多目的車両から引きづり離す。苛ついた男はファーロウの眼前に立つ。

「歩けるんだろう」
質問の意図を感じさせぬ物言いで男は言った。

「ああ、だがそうはならんだろうな」
上空を旋回するドローンは、どんどんと降下してきていた。その機体は鈍い灰色をしていた。先端にあるジャイロ補正されたカメラが彼らを追尾していたし、ファーロウもその回転を目視できるまでになっていた。

 「ちょっとは殴ってみろよ、金も取れない安っぽい劇にはうんざりだ」

男は応じるとファーロウの腹を拳で抉った。ファーロウの身体がくの字によじれる。

「やめなさいよ!」
デブラが叫んだ。

男達がデブラに対して笑う。

ドローンは間近に迫り、いまやエンジン音が聞き取れるほどだった。

デブラはファーロウへ手を差しのばす。

「まだ奴らはぼくらを殺せはしないよ、デブラ。彼らにも計画があるし、スミスからの指示もある。保証するよ」
ファーロウはそう囁いた。

突然苛ついた男の電話が鳴り、男は対応していた。デブラは見詰めながら頷いた。

「空を見てみな、商品に危害を加えないようにスミスが言ってるのさ」

苛ついた男の応対を見て、デブラはファーロウの指摘が正しいと悟った。

いまや頭上のドローンは200フィートを下回る低空を飛んでいた。弧を描いて旋回し、彼らのそばで大きな音をたてていた。

「さあ時間だ。歩くのか、あるいは我々に引きづられていくのかだ」
苛ついた男がファーロウとデブラへ言った。

「あなたを救ってみせる」
デブラはファーロウへ言った。

「わかった」
ファーロウが応じる。

「どっちかしら、私たちはどこへ行くというの?」
デブラが訊ねた。

「その穴の入口近くに汚染制御施設がある、さあ行け、すぐにだ。妙なことをしようとは...」
ドローンが直上を通過したため、苛ついた男は言葉を飲み込んだ。それは余りにも近く、デブラやファーロウを含め誰もが慌てて屈み込んだ。

ドローンは急旋回すると三階建ての巨大採掘トラックへとまっすぐに飛んでいった。

一瞬の間をおいて、トラックは膨大な熱に包まれた。すぐさま真っ赤な粉塵に包まれた衝撃波によって爆発の火球が起きる。

トラック運転手を勘定に入れなければ、真っ先に死んだのは二人の未熟な男たちだった。肺を冒す粉塵に咳き込むより早く彼らの頭は爆発していた。

次の犠牲者で何が起きているのか認識するだけはできた。粉塵だけでなく、45口径弾が首を引き裂き男の仲間は頭の中身を噴出させたのだ。

視界が砂埃によって完全に失われる寸前、苛つく男は頭部を失い倒れていく仲間の死に様を見ていた。

凄まじい速さで叩きつけられる粉塵のなかで肉を抉られながら、デブラとファーロウは互いに手を伸ばした。混迷の最中、デブラは絶叫を耳にする。それは苛ついた男の叫び、強い恐怖と痛み苦しむ声であった。そして静まりかえる。

粉塵が彼らの周囲を取り囲むなか、砂埃の中を歩く影があった。それは二人の方へと歩み寄ってくる。幽霊なのか、悪魔なのか、あるいは死の天使か。

デブラは、既に出会ったことがあると気づいた。

Felicia Hajra-Lee
2015/01/31 17:44:01

The Angel of Death

"Your play?", Devra asked. 
"Coming out of nowhere.  And now, that's where we are both going, doc," Hubert coughed.  
"Think so?  Because I don't, Hubert.  You're proof that there is more to life and death than we could have imagined.  I don't fear dying... not anymore.   I fear failure.  That is my biggest regret.  That we will be face down in the sand while the world burns.  And it will burn, Hubert.  Of that, I am sure."
Devra looked at the angry Hulong man.  He was on his phone.  His gestures were animated.  Occasionally, he looked upward, toward the blinding blue sky.    
She followed his gaze.  Lifting her bound hands, she tried to cover the sun from her eyes.  High above, there was a small dot, circling.  
"You know if Australia has vultures?", she asked Hubert.  
"I don't know.  Probably.  Every other animal on this continent has evolved to kill and eat you.  Got to believe there are a few scavengers out there among the wolves," Hubert said.      
"Sometimes the wolves fly," Devra whispered.  As the dot circled, it descended closer.  The wings were too straight from the body to be a bird.  Farlowe looked up to where Devra was staring.    
"Drone."
"Yeah.  Spectators."
"Smith and friends."
"Expecting that show we were talking about...", Devra said.  
"Yeah.  Wish we could give them one," Farlowe smiled.  For a man approaching unspeakable horror, he seemed content.  
The angry Hulong man approached them, nodding to the others.  
"Get them on their feet", he said to the guards.  
The men dragged both Devra and Farlowe up against the SUV.  The angry Hulong man got in Farlowe's face.    
"You can walk," he said.  It didn't sound like a question.  
"Can.  But won't," Farlowe said as the drone circled above, dropping closer still.  It was dull grey.  The gyro stabilized camera in its nose was tracking them now, and Farlowe could see it rotating.   
"Slap me around a little if you need to.  I'd hate for the cheap seats to not get their money's worth," Farlowe said.  
The man complied, punching Farlowe in the stomach.  Farlowe doubled over.  
"Stop it!", Devra screamed.
All of the Hulong men laughed at her.  
The drone flew closer, its engine now audible.  
Devra reached out for Farlowe.   
"They won't kill us yet, Devra.  They have a plan.  And orders from Smith.  Guaranteed," he whispered.    
The angry Hulong man's phone suddenly rang.  He picked it up.  Devra watched him nodding.  "Eye in the sky.  Smith telling him not to harm the merchandise," Farlowe continued.
From the angry Hulong man's reaction, Farlowe knew he was right.  
The drone overhead was low now, no more than a couple of hundred feet.  It circled in a lazy arc and then zoomed right over them.  
"Time to go.  Walk or we will drag you," the angry Hulong man said to Devra and Farlowe.  
"I'll help you," Devra told Farlowe.  
"Okay", he replied.
"Which way?  Where are we going?", Devra asked.  
"There is a contamination control building right near the entrance to the pit.  Move.  Now.   And I would remind you not to try anything stu..."
The angry Hulong man stopped mid-sentence as the drone passed directly over his head.  Close enough that instinctively, everyone ducked, including Devra and Farlowe. 
The drone made a hard turn and flew straight toward the massive three story mining truck.  
A split second later, it impacted with the vehicle, hitting it directly in its huge grill.  The fireball of the explosion was followed almost instantaneously by a shock wave that covered them all in a choking red dust.   
If you didn't count the driver of the mining truck, the two junior level Hulong men were the first to die.  One's head exploded before he could cough up the particles attacking his lungs.  The second had only a moment to register that in addition to dust, he was being sprayed by the inside of his associate's head when his also was ripped from his neck by a .45 round.  
The Angry Hulong man watched both headless bodies fall toward the ground before his view was completely obscured by the cloud of sand and dust.  
Devra and Farlowe both put their hands up toward their faces as the fast moving dust hit them, stinging exposed flesh.  Through the chaos, Devra heard a scream.  The Angry Hulong man.  His voice panicked, in pain, then silenced.  
As the dust settled around them, a figure stepped through cloud, moving toward them both.  A ghost.  A demon.  The angel of death.  
Devra realized they had met before.  

 Posted by Felicia Hajra-Lee at 12:44 AM 

Niantic Project
2015/01/31 17:47:32
Amid the chaos and dust, a familiar face.


Who?
x