センターステージ

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/29 17:09:20
「奴に何をしたのだ」
ヒューロン・トランスグローバル社の男は懸念を滲ませた声音で訊ねた。

「別に何も。彼はそこに座って、このくだらないショーを見物しようとしていたのよ、まさに貴方のようにね。そして前のめりに倒れ込んだのよ、おそらくは興奮しすぎたんでしょうね」
デブラは応じた。

ヒューロン・トランスグローバル社の男は意識のない運転手の首筋に指先をあてると脈を確認した。

「お前も運がいいな、まだ生きているようだぞ」

「私の運が?それは一体どういうことなのかしら」

「黙れ!」

男はコントロールキャビンの運転席扉を閉じると、助手席側へ回り込んだ。荒々しく扉を開けると座席からデブラを引っ張り出す。

「歩け」
男は命じた。

「わかったわ」
両手を前で縛られた状態で、デブラはトラップ前面の階段を慎重に地表へ下りていった。2層の階段を。

そして立ち尽くし、顔をしかめた。

デブラの足は堅い地表を踏みしめていた。償いをしようと彼女は二人のヒューロン・グローバル社の男と側面に身体を寄せるヒューバート・ファーロウのいる多目的車両へ歩み始めた。

「ヒューバート...具合が悪そうね。」
そばまで寄るとデブラは話しかけた。

ヒューバート・ファーロウは作り笑いを浮かべた。
「現時点では何の問題もないさ」

そのとおり、彼は正しかった。デブラは自分の方が死に直面していることに気づいていた。それに説明するすべはないが、彼女はファーロウが既にその領域に辿り着いていることを悟っていた。

苛ついた男がデブラの背後からやってきて、仲間へ呼びかけた。

「二人を監視しておけ、私が監視しろと言ったら目を離すんじゃないぞ、いいか?」

男達が頷くと、苛ついた男は立ち去っていった。デブラは自分を拘束する男たちを観察した。顔立ちから中国人、軍人崩れだろう。そして無慈悲だ。ほんの数年前であれば怯えてしまっていたことだろう。だが、今では苛立たしい男たちだ。彼らはファーロウを突き飛ばすと、数歩離れた。

自重を支えきれずにファーロウは多目的車両の背面タイヤあたりに倒れ込んだ。

デブラは彼のもとへ行くと顔の汚れを拭ってやった。ヒューロン・グローバル社の男たちを見ると、困惑するよりも面白がっているようだった。

「あなたたちは何が可笑しいのかしら?」

どちらの男も答えようとはしなかった。

「あのトラック運転手も面白がっていたようだけれど、もう笑うことすらできなくなったわよ」
デブラは吐きとばすように言葉を紡いだ。

男達は互いに目を合わすと数歩退き、トラックの運転席を見た。ガラス越しに運転手の頭頂部が見える、ハンドルに顔を突っ伏しているのだ。運転手は動かない。知らず知らずのうちに二人の男は武器に手を伸ばしていた。

「思った通りね」
デブラはそう考えた。

好転するかはわからないが、彼女は満足感を覚えた。数年前であれば、このような威圧をすることなどできなかっただろう。いまはエイダの助力もあり、男達へ状況に疑問を抱かせることができたのだ。

「ヒューバート、あなたにはついて来ないよう言っておいたわ、聞いていなかったのかしら」
デブラは訊ねた。

「そうしようと思ったさ。だが私はあの洞窟について考えた。私は君の火に入る夏の虫という奴だな」
ヒューバートは再び笑みを浮かべた。

「あなたの身に何が起きたというの?」
デブラが問う。

「ダーク・エキゾチックマターさ」

聞く前にデブラは答えを知っていた。
「これはヒューロン・グローバル社の採掘作戦よ。最大規模の鉱床に違いないわね。あなたに何が起きたのか...エキゾチックマターであれば可能でしょう。いま私たち二人はその正反対のものを投与されているわ」

「そうだろうね、スミスはそいつを兵器転用したもので私を襲ったんだ。」

「彼はいまどこに?」

「スミスかい?わからない。おそらくは今から起ころうとしていることから安全な距離へ待避したんだろう。だが、奴は君を監視しているに違いない。」

「間違いないわね、あなたと私の見世物を期待しているでしょうから。既に舞台の上ってことね」

かつて自分の命を奪おうとし救う過程で何らかの存在へと変換されてしまった男をデブラは見た。彼はデブラに関心を寄せたが故に苦しんでいた。そして彼の苦しみがここで終わりを迎えるのかさえデブラにはわからぬことであった。

「ごめんなさい、ヒューバート。本当に...ごめんなさい」

「わかっているさ。だが、これは私の責任だ。予見はあった、だがスミスの罠は見抜けなかった。自責するとすれば自らの策略にある」
ヒューバートは笑い、そして咳き込んだ。

「あなたの策略?」
デブラが訊ねた。

「どこからともなく現れるさ、それは我々二人が赴く場所であるのだが...」
ヒューバートは咳き込んだ。

Felicia Hajra-Lee
2015/01/29 17:01:45
Thursday, January 29, 2015
Centerstage

"What did you do to him?", the Hulong man asked in a voice that only partially hid his concern.  

"Nothing.  He was sitting there, anticipating being able to watch this little show you are about to put on, then he slumped forward.  Maybe it was all the excitement," Devra replied.  

The Hulong man touched his fingers to the unconscious mining truck driver's neck, looking for a pulse.    

"Lucky for you he's still alive..."

"Lucky for me?  Or what, exactly?"

"Shut up."

The man slammed the driver's door of the control cabin shut and moved around to the passenger side.  He angrily pulled it open and practically yanked Devra from her seat.  

"Walk," the Hulong man ordered.  

"Sure.  Why not?", Devra replied.  With her hands zip-tied in front of her, she had to be careful as she navigated the stairs down from the front of the truck to the ground below.  Two stories down.  

And nowhere to go but lower.  

As Devra's foot reached the hard earth, she squared herself and began walking toward the SUV where two other Hulong men had Hubert Farlowe propped up against the side of the vehicle.

"Hubert... you don't look so good," Devra told him as she approached.  

Hubert Farlowe forced a smile.  "At this point, what does it matter?"

He was right, of course.  Devra realized that she was fast approaching death.  And in a way that Devra still couldn't explain, she knew that Hubert was already there.  

The angry Hulong man stepped up behind Devra.  He called out to his associates.  

"Watch them both.  And when I say watch them both, your eyes stay locked on them.  Clear?"

The men nodded.  Satisfied, the angry Hulong man stepped away.  Devra studied her captors.  Chinese nationals by the looks of it.  Ex-military.  Merciless.  Men who would have intimidated her only a few years ago.  Now they irritated her.  They let go of Farlowe and stepped a few steps away from him.  

His feet no longer able to hold his weight, he collapsed down near the back tire of the SUV.  

Devra moved to him and pulled his face out of the dirt. 

Looking at the Hulong men, she saw they were more amused than concerned.     

"This is funny to you, huh?"

Neither one answered.  

"Because the driver of that truck thought this was funny too.  He's not laughing now," Devra spat out the words.  

The Hulong men looked at each other and took a few steps back.  They looked toward the cabin of the truck.  Through the glass, both could see the top of the driver's head, his face on the steering wheel.  He wasn't moving.  Without realizing it, both reflexively reached for their weapons.    

"I'm in their heads," Devra thought.   

What good would it do she couldn't yet figure out, but she felt a pang of satisfaction.  A few years ago, she wouldn't have been capable of being this intimidating.  Now with ADA's help, she had the Hulong men questioning their situation.    

"Hubert, I told you not to follow me.  Why didn't you listen?", Devra asked him. 

"I tried.  But I guess since the cave, I've been a moth to your flame."  Hubert smiled again.  

"What happened to you?", she asked.  

"Dark XM."  

She knew the answer before he said it.  "This is a Hulong mining operation.  Must be one of their largest deposits.  What happened to you... Exotic Matter makes it possible.  Now we are both being dosed with its opposite," she replied.

"Yeah.  Smith hit me with some sort of weaponized version of it. "

"Where is he now?"

"Smith?  Don't know.  He turned me over to these clowns and left.  Best guess, he is a safe distance away from whatever is about to happen.  But I guarantee you he is watching."

"No doubt.  You and I are expected to put on quite a show," Devra said.  

"I'm already on stage..."

Devra looked at the man who once was supposed to take her life, and then in the process of trying to save it had been transformed into something else.  Now, because of his concern for her, he was suffering.  And she wasn't sure that his suffering would ever end.   

"I'm sorry, Hubert.  I'm truly sorry about... everything."

"I know.  My fault, though.  Should have anticipated this, but Smith's trap came out of nowhere.  Ticked me off, because that's my play," Hubert laughed, and then began to cough.  

"Your play?", Devra asked. 

"Coming out of nowhere.  And now, that's where we are both going, doc," Hubert coughed.  

nfzfu0;:wr-;9mte9xse;:yt;=vi 

Niantic Project
2015/01/29 17:09:20
Trapped on stage in Smith's dark play, +Devra Bogdanovich and +Hubert Farlowe wait for the curtains to rise...

x