熱きもの

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/27 18:47:09
アントワーヌ・スミスは戦場の準備にその日を費やしていた。彼はファーロウをみくびってはいなかった。あらゆる状況が彼の追悼を不可避と指し示したときも、その男は生き残ってきた。彼には能力があるのだ、おそらくそれはエーテルの力であり、彼の欲する場所のための、彼の欲するときのための力である。そして彼は銃を撃つことに何ら良心の呵責を持ち合わせてはいなかった。

スミスは、ニィの取り組むこの計画に納得してはいなかった。だが、ヒューロン・トランスグローバル社がどれほどの紙幣を支払ったかわかっていたし、彼女がドローンを飛ばして上空から監視していることもわかっていた。ある程度は彼女の方法で行動するとしよう、ひとつ重要な修正を加えたうえで。ヒューバート・ファーロウは没することだろう。彼は他の者たちが成し遂げられないことを行おうとしていた。今日、彼はその元国家情報局エージェントを確実に殺すこととなる。彼女がそのような結果を予見しているにせよおらぬにせよ、それは確実に起ころうとしていた。

「スミスさん、我々は南へ向かうことにするぜ」
厳つい顔付きの傭兵はアントワーヌへ言い、無線通信で届いた事項を中継した。

「改めて言おう、全ての班で奴に当たれ」

「そんなことはわかってますよ、旦那」

「とにかくやれ」
とスミスは言った。

「了解」
そう応じると傭兵は無線通信を始めた。

スミスは傭兵から離れると景色を見回した。まだ何も起きてはいなかった。

「さあ来いよ、ヒューバート、我々は待っているのだ...」
スミスは独り呟いた。

やがて火球が地表から噴出した。すぐさま濃い黒煙があがるとともに轟音が到達する。

「それでいい」
アントワーヌ・スミスはそう呟いたのだった。


ファーロウは自分が一般的な人間よりも興奮しやすいことを自覚していた。それはチューリッヒにおける二年前のあの夜にエキゾチックマターに曝露したと認識したとき以来のことである。

その車は彼にとって気晴らしとなるだろう。様々な人工視覚装置を駆使して行く手を知覚していた。つかの間のことであれ、充分である。

彼らは望んでいた、彼が来ることを。そしてファーロウはやってくる、ただし彼なりの思惑で。まず、彼は対決を望んでいた。

爆発に反応し彼は動きを感知した。左手に二人の男、素早く接近してくる。それを百ヤード前後の距離であると推定した。

ファーロウは車を名残惜しそうにもう一度眺めた。

判断は性急であったが、行動指針に沿ったものであった。もはや後戻りはできないのだ。それは20日間に渡って進んだ道であった。デブラとともにこの場を切り抜ければ、ヒューロン・トランスグローバル社の車両に乗り込むことになるだろう。

過去とは全て無意味なものだな、とヒューバートは考えた。君の未来は、いま始まるのだ。

そうして彼はルガーのマガジンを確認する。ロックし準備を整えると、ファーロウは砂漠の地平を露出した岩へ向けて駆け抜けたのだった。


二人の傭兵だった。ひとりは世界各地で隠密作戦の経験があるアルゼンチン出身の男、もうひとりの元ラグビー選手のような若い男はイラクでは指揮官として複数の作戦に従事した経験があった。男たちは燃えさかる車両へ殺到した。

彼らは前方に岩があることを認識した。銃撃を準備する明らかに優位な場所だ。彼らは本能的に側面へと動いた。

二人の男たちはH&K G-36sを構え、アイコンサイトを注視していた。

「右を頼むぞ」
アルゼンチン人の言葉に応じると、元ラグビー選手は素早く移動して片膝をついた。

「ゆくぞ!」

アルゼンチン人が岩に向かって進み始める。動きはない、何もだ。燃えさかる車両から立ち上った黒煙は風によって彼らの方へと流れ、刹那厚い窒息の壁と化して男たちを包み込んだ。

「視界を失った!」
と元ラグビー選手が言った。

「俺もだ、後退するぞ!」

そのときだ、ルガーが火を噴き、二つの輪郭を貫いたのだ。そして二つの死骸が転がった。

ファーロウは傭兵達の死骸に歩み寄ると、彼らが永遠に戦うことができなくなったことを確認し、男達の足跡を辿っていった。ダッフルバッグを背負って。

Felicia Hajra-Lee
Tuesday, January 27, 2015

Heat Signature

Antoine Smith had spent a day preparing the battlefield.  He wouldn't take Farlowe for granted.  The man had survived when all logic said he should be a memory.  He had an ability, almost ethereal, to be where he needed to be when he needed to be there.  And he had no compunction about pulling the trigger. 

Smith wasn't convinced this plan of Ni's would work.  But seeing as how Hulong was paying the bills, and how she would be watching from overhead via drone, he would let this play out her way, to an extent.... with one important change.  Hubert Farlowe would go down.  Smith was going to do what others had failed to accomplish.  Today, he was going to kill the ex-NIA agent once and for all.  Whether Ni believed it was the likely outcome or not, it was certainly going to happen.

"We're set to the south, Mr. Smith", a square faced mercenary said to Antoine.  He was relaying the message that had come to him from over the radio. 

"Reiterate how I want him engaged to all teams."

"They've got it, sir."

"Do it anyway", Smith said. 

"Copy that", the mercenary replied as he began talking into the radio. 

Smith stepped away from him and surveyed the landscape.  Nothing yet.

"Come on, Hubert.  We're waiting...", Smith said to himself. 

And then the fireball erupted on the horizon.  A moment later, the sound of the explosion arrived as thick black smoke rose into the air. 

"All right, then", Antoine Smith muttered. 

----------------------------------------------

Farlowe knew his heat signature was stronger than the average human.  It had been since that night two years ago in Zurich, when he found himself bathed in Exotic Matter.

The car would provide a heat and light distraction for him.  Something else to look at through the various vision gear he knew was pointed his way.  Momentary, but hopefully enough.  

They wanted him to come to them, and Farlowe would, but on his terms.  First thing, he wanted to see what he was up against. 

Reacting to the explosion, he caught movement.  Two men to the left, closing fast, standard coverage.  He estimated about a hundred yards out and closing.   

Farlowe took one last look at the car. 

Maybe his decision was rash, but it certainly had committed him to a course of action.  No going back now.  It was a twenty day walk in any direction.  If he was going to get out of here with Devra, it was going to be in a Hulong vehicle.  

All that has come before is meaningless, Hubert thought to himself.  Your future begins now. 

With that, he checked the Ruger's magazine.  Locked.  Ready.  Then Farlowe dashed across
the desert landscape, toward an outcropping of rocks. 

----------------------------------------------

The two mercenaries, a man from Argentina that had seen covert action around the globe and a younger man that looked like an ex-rugby player and had done multiple tours as a contractor in Iraq rushed toward the burning vehicle. 

Ahead of them, they could see a rock formation.  An obvious place to set up for a shot, so they instinctively moved to flank the position. 

Both men had H&K G-36s at the ready, leading with their barrels and keeping their eyes in the iron sights. 

"To my right and hold", the Argentinian said.  The ex-rugby player responded, moving quickly and dropping to one knee. 

"Go", he said. 

The Argentinian advanced toward the rock.  No movement.  Nothing.  The rising smoke from the burning car was being blown by the wind in their direction, and a wall of choking black momentarily engulfed them. 

"I've lost visual", the ex-rugby player said. 

"Me too.  Pull back."

Then the Ruger went into action.  Two sharp cracks.  Two kills. 

Farlowe moved toward the dead mercenaries, confirming they were out of the fight permanently, then he moved forward, tracking their path, the duffle bag on his back.  

 

Niantic Project
2015/01/27 18:50:33
Surrounded by the heat and dust of the Australian outback, 
+Hubert Farlowe and Antoine Smith begin their deadly dance.

x