錆びた肖像

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/26 15:20
ファーロウは靴の上部を擦り、瞬時に仕掛け線があることを確認した。

「今すべきことはないが、もうじき多少は役立つだろうな」
ファーロウは密かにそう考えた。

ファーロウは、クレイモアが存在するか思案した。それはおよそ百ヤードを殺傷力圏内に収める爆発による散弾銃のようなものである。あるいは対人地雷タイプ69かもしれない。もしそうなら、中国人どもは爆発前の瞬時に跳躍できるデバイスを開発したことだろう。散弾銃による死の大鎌は自らの観察能力を越えているが、間違いなく感じ取ることはできるだろう。ほんの一瞬のことでしかないが。

あるいは全くの新型兵器であろうか。結局ファーロウはヒューロン・トランスグローバル社の男たちを相手することにした。ファーロウが生活を営むための肉体を消し去るための金と関係が彼らにはあった。

「彼らにとっては笑い話なのだろうな、私の命なんてとうの昔に失われているのだから。」
ファーロウは心中で微笑んだ。

ファーロウは足下を見た。電線が揺れ彼の左手に渇いたブラシが転がる。突然、奇妙な光が現出した。「ああ、ここなのか。」ファーロウは悟った。
「申し訳ない、デブラ。あなたを失望させてしまった。」

ファーロウは、それが自ら最期の記憶となるに違いないと考えたが、それは間違いであった。


遡ること14時間前、ファーロウはオーストラリアのパースにいた。それは過去一年で最も急いて最も突発的な旅路だった。 

ファーロウは上海におけるデブラの大胆な行動を耳にしていた。その影響はいまだ残り、分析されていた。デブラの彼に対する待避命令は望んだことではなかったが、光栄なことであった。いまでは更にヒューロン・トランスグローバル社が彼女に対して計画していることの一端を掴んでいたが、それも望むものではなかった。

二つのことがファーロウを思い悩ませていた。まず、奴らはデブラ・ボグダノヴィッチ博士に対して死をも超える悪しきことを実行しようと画策しているのだ。それは彼自身が経験したことでもあった。だが、もうひとつは一層彼の心を蝕むものであり、それは始まりの地において彼自身が知り得た手段であった。まずその感覚が存在した。デブラの恐怖だ。彼は可能な限り追いかけた。ニィの事前情報では幾つかの手順が示されていたが、今、今まさに、彼は何者かの手に落ちた。スミスなのだろうか?おそらくはそうだろう。

それは何者であったのか、奴らはここでファーロウを待ち伏せ、彼は罠へと踏み入ってしまった。彼は更なる細心の注意を払っていなければならなかったのだ、提供された情報の活用を躊躇しなかったのだから。

パースへ到着すると、ファーロウは以前利用していたものを置いてある記録上は存在しないセーフハウスへとまっすぐに向かった。それは二つの強力な武器である。ひとつ目は7.62x51mm NATO弾を装填したルガーSR-762アサルトライフル。これにはマグプル純正の20発装填ポリマーマガジンが三つある。命中精度も充分過ぎるほどだ。

二つ目はマットブラック仕上げの1911系統45口径自動拳銃、キンバーウルトラキャリー2だ。この武器は45口径ACPカートリッジ方式であり、優れた停止能力を誇っている。

良好な対応性ある火力だ。ルガーは遠方に対応でき、キンバーは近接時において容赦ない火力を発揮してくれる。

キッチンにあったダッフルバッグへ二つの武器を詰め、ファーロウはリビングにあるくたびれたソファへと向かった。座って瞬時に考えを巡らすと、再び金属製の男の幻像が現れた。この現象は、デブラの消息を追うたびに起きていた。あたかも白昼夢のように。その痩身は子どもの描く棒状の絵のようでもあったが、4フィートほどの背丈があった。乾燥湖の畔にその錆びた金属製の男は独り立っていた。太陽は地平線低くにあった。その錆びた金属製の男には瞳がなかったが、それでもファーロウは彼にじっと見詰められていることを感じ取った。

ファーロウはその視線にじっと耐えた。

彼は部屋が監視されていることに気づいてはいなかった。この場所の重要性は低く、様々な機関のエージェントたちが利用していた。誰もが少しずつ共有し、雇い主から使い捨てにされたときの保険にしていた。

ファーロウはユーロの札束をポケットから取り出すと、目の前のコーヒーテーブルに置いた。彼は武器を持ち帰ることができるとは考えていなかった。誰かがまた補充しておくに違いない、それはわかっていた。

そしてファーロウはポケットから携帯電話を取りだした。デブラ以外にこの携帯電話番号を知りはしなかった。そして、過去二日間に渡って毎正時に同様の文面を受信していたのである。それは電話番号のようであり、毎回彼はその番号へ電話したが誰も応じることはなかった。

もしも理解できなければ、彼は立ち往生していたことだろう。

合計12個の数字であった。2つの数字、空白、5つの数字、空白、5つの数字だ。

ファーロウは大きく息を吸い、飽き飽きと改めてダイアルした。コール音は連続して鳴るが、誰も応じる者はいなかった。

彼は遠くまでやってきて、道具も得た。あとは目標を求めるだけだった。そして、彼は数字の答えに辿り着いたのだ。その数字と錆びた金属製の男とを。

ファーロウは武器を詰めたダッフルバッグを掴み取ると、5分前に彼が蹴破った扉を抜けて部屋を出た。彼の置いていった金でそれも充分に補填できるはずだろう。

彼は集合住宅の駐車場に止めてあるレンタカーへゆっくりと歩いて戻った。誰も彼を気にかける者などいない。2つの数字、5つの数字、5つの数字である。

 ファーロウは後部座席にバッグを投げ込むとハンドルを握った。錆びた金属製の男は彼の姿を見詰めていた。「さあ行くのだ、ヒューバートよ。あまり興奮するんじゃないぞ」

2つの数字。彼はエンジンを始動させる。5つの数字。ファーロウはレンタカーを後進させる。5つの数字。そしてドライブへシフトさせると駐車場から脇道へ出て、交差点へ向けて走行を開始した。デブラへ追いつき助けだそうとするのであれば、次の決断が左右することなる。彼は戻る手段の知らぬ岐路へと差し掛かろうとしていた。

錆びた金属製の男は結局のところ男ではないのだとファーロウはようやく気づいた。象徴的な二つの乳房、それは矢のように胸から伸びていた。そのような細部をどうして見逃してしまっていたのか、彼自身不思議に思った。

それは錆びた女。孤独であり、見捨てられたもの。命なき世界に取り残された存在。永遠に立ち尽くすもの。2つの数字、5つの数字、5つの...

「なんてことだ。」そうひそかに考えると、ファーロウは車を縁石に寄せ、ブレーキを踏んだ。彼はポケットの携帯電話を掴むとグーグルアースのアプリを起動させ、数字を打ち込んでいった。5つの数字は西緯へ、5つの数字は北緯へ。

マップは西オーストラリア奥地にある塩水湖を拡大表示していた。

接頭の2つの数字は08、ファーロウは自らの腕時計を見やる。夕方5時に差し掛かろうとしていた。いまいる場所から塩水湖までは300マイル、充分な時間があった。午前8時まではまだ確かに長かった。

ファーロウは笑みを浮かべるとギアを戻した。曲がり角へ差し掛かっても停車させることなく、鋭く左折するとアクセルを踏んだ。彼には向かうべき場所がわかったし、可能な限り迅速に辿り着かなければならないこともわかったのだ。

9時間後、ファーロウは探し求めていたものを見つけた。乾燥した砂地にひとつの座標がぞんざいに描かれていた。千年前であればもう少しそのメッセージも判読しやすかったものをとファーロウは想像した。どこへ導こうとしているのか、誰がそれを残したのか、ファーロウはわかった。

 間違いはなかった。

彼の記憶に深く刻まれるヒューロン・トランスグローバル社のシンボルマークが、懐中電灯の灯りの先にはっきりと映し出されていた。それは錆びた女の足下にあったのだ。

ファーロウはその彫像へ手を伸ばし、同じようにそれを見詰めた。あるいはそれが何であるか思い出したように。彼は何か感じ取ったのだろうか。はっきりしたことはわからない。ただ非常に長かった。ファーロウは罠に踏み込んでいるのではないかと疑念を持っていたが、いまやそれは確信に至っていた。そしてこれを残したメッセンジャーもまた彼が気づくであろうと知っていた。それを彼らが気にとめてもいなかったことは明白だった。

ファーロウは車へ戻ると武器の入ったダッフルバッグを全部座席へと引っ張った。この時点でファーロウはまだ状況があまりに破滅的であるこを知らなかった。彼は後援も支援も助言もなしに、大規模で戦略的優位に立つ軍勢を相手取ろうとしていた。もはや次の夕暮れを見る機会は訪れないだろうと彼は考え、この日の出の刻に最善を尽くすことにしたのである。構想を終えるまでヒューバートは車内でじっとしていた。心の中で錆びた女の背に太陽がかかろうとしたときのことだ、彼はギアを戻すとヒューロン・トランスグローバル社の採掘現場へと向かった。

やがて突然停止すると逆進する。ひとつの考えから。もうひとつだけあった。おそらくは役に立つことだろう。

Felicia Hajra-Lee
Sunday, January 25, 2015

The Rusting Figure

Farlowe realized that he'd hit the trip wire a split second after the top of his boot had rubbed against it.  

"Nothing to do now but wait for the vapor I'm about to become", he thought to himself.  

Farlowe wondered if it would be a Claymore, which is basically an explosive propelled shotgun with a killzone of about one hundred yards, or perhaps a Type 69 Bounding mine.  If so, he should see the Chinese made device leaping airborne for a split second before it detonates.  The lethal scythe of shrapnel it would send his way would be beyond his ability to watch, but he would definitely feel it.  But only for a moment.    

Or maybe something new, Farlowe thought.  He was dealing with Hulong men after all.  They had the budget and the connections to end his existence with the latest in life terminating hardware.   

"The joke's on them", he smiled inside.  "My life ended long ago..."

Farlowe looked down at his feet.  The snapped wire was whipping back toward some dry brush to his left.  A bizarre light suddenly appeared.  "Here we go", Farlowe thought.  "Sorry I failed you, Devra."

He thought that would be his last memory.  He was wrong.  

----------------------------------------------

Fourteen hours earlier, Farlowe had found himself Perth, Australia.  Like most of his travel the past year, it was fast and unexpected.  

He'd gotten word of Devra's stunt in Shanghai.  The repercussions were still being felt and analyzed.  He didn't like it that she had insisted he stay away, but he honored her request.  He didn't like it even more now that he knew at least part of what Hulong had planned for her.    

Two things about this bothered him.  The first was that what they intended to do to Dr. Devra Bogdanovich would be worse than death.  This was something he had experience in.  But the second gnawed at him even more.  And that was how he had come to learn of this information in the first place.  First, there was the sense. Devra's fear. He had followed that as far as he could. Ni's tip had taken him a few steps further. But now, now he was being pulled in by someone else. Smith? Probably...

Whoever it was, they wanted him here.  He was walking into a trap.  Which meant he had to take extra caution, because this hadn't deterred him from using the information he'd been given.  

Arriving in Perth, he went straight to an off-the-books safe house he had used before where he found what he needed.  Two high powered weapons.  The first was a Ruger SR-762 Assault Rifle chambering the Nato 7.62.  It had three full Magpul twenty-round polymer magazines.  More than enough with proper trigger discipline.      

The second weapon was a .45 Kimber Ultra Carry II, 1911 Platform with a matte-black finish.  3emxsgoc2fas4xgu8vxb
The weapon fired the .45 caliber ACP cartridge, giving it excellent stopping capability.      

A good balance of firepower.  The Ruger could reach out and touch someone, while the Kimber could make the same brutal point in close if needed.    

Farlowe loaded both weapons into a duffle bag he found in the kitchen and went to the beat up sofa in the living room.  He sat for a moment and collected his thoughts.  A vision of the metal man came to him again.    

This had been happening since he heard about Devra.  It was like a waking dream.  A thin figure, similar to a child's stick drawing, but around four feet tall.  A rusted metal man standing alone near the banks of dry lake.  The sun was low in the horizon behind him.  The rusting metal man had no eyes, yet Farlowe sensed he was staring at him.  

Farlowe tried to focus.  

He didn't know if the room was monitored.  This place was a secondary site, set up by fellow agents from various agencies.  Everybody put a little into the pot.  An insurance policy in case you were ever officially burned by your employer.  

Farlowe took a large stack of Euros from his pocket and sat them on the coffee table in front of him.  He didn't expect to be bringing the weapons back.  Someone would replenish the supply.  It was understood.      

Then Farlowe pulled his phone from his pocket.  No one had this number but Devra, and yet he had received the same text every hour on the hour for the past two days.  It appeared to be a phone number, but every time he called it, no one answered.    

If he couldn't figure this out, he was stuck.  

Twelve numbers in total.  Two numbers.  Space.  Five numbers. Space.  Five numbers.  
Farlowe inhaled deeply, tiredly, and dialed it one more time.  The line rang continuously, but no one answered.  

He had gotten this far.  He had the tools.  Now he needed a target.  And he knew the number was the answer.  The number and the rusting metal man.    

Farlowe grabbed the duffle bag with the weapons and exited out the shattered door he had kicked in five minutes earlier.  The money he left would be more than enough to cover that too.   

He walked slowly back toward his rental car in the parking lot of the condominium complex.  No one was paying attention to him.  Two numbers.  Five numbers.  Five numbers.  

Farlowe tossed the bag into the back seat and slipped behind the wheel.  The rusting metal man was staring at him.  As if to say "Come on, Hubert.  Don't be so damn stupid."

Two numbers.  He started the engine.  Five numbers.  Farlowe put the car into reverse.  Five numbers.  He pulled out and then shifted into drive and pulled out of the parking lot, onto a side street and began driving toward an intersection at the end of the block.   The next decision had to be correct if he was to catch up to Devra and have any hope of saving her, and he was approaching the corner not knowing which way to turn.  

The rusting metal man wasn't a man after all, Farlowe realized.  Two symbolic breasts, like arrows, pointed down from the figure's chest.  How did he miss this detail, Farlowe wondered to himself.     

A rusting woman.  Alone.  Abandoned.  Left to elements in a lifeless landscape.  Standing for eternity.  Two numbers.  Five numbers.  Five...

"Damnit", Farlowe thought to himself.  He jerked the car toward the curb and slammed on the breaks.  He grabbed the phone from his pocket and activated his Google Earth app.  He punched in the numbers.  Five numbers west.  Five numbers north.    

The map zoomed in on a salt lake in the outback of Western Australia.  

The first two numbers: 08.  Farlowe looked at his watch.  It was approaching five in the evening.  About three hundred miles from his current location to the salt lake.  He could make it with time to spare.  Certainly long before 8:00 AM.    

Farlowe smiled and threw the car back into gear.  When he reached the corner, he didn't stop but made a hard left and accelerated.  He knew where he was going and was going to get there as quickly as possible.   

Nine hours later, Farlowe found what he was looking for, a single series of coordinates that had been crudely drawn in the dry sand.  Farlowe imagined that if he were to come back a thousand years from now, the message would still be legible.  He knew where they led, and who had left them.  

There was no mistake.  

The Hulong symbol was something he had committed to memory, clear even through the beam of his flashlight.  It was at the feet of the rusting woman.  

Farlowe reached out and touched the sculpture.  Exactly as he had seen it.  Or was it as remembered it?  Did he feel something?  He wasn't sure.  It had been so long.  
If he had suspected he was walking into a trap, Farlowe was now sure of it.  And the messengers who had left this knew he would realize it as well.  It was clear they didn't care. 

Farlowe returned to his car and pulled the duffle bag with the weapons into the front seat.  
At this point, Farlowe didn't give much of damn either.  He was going in without any backup, help or guidance against a force of unknown size with a massive tactical advantage. He figured he'd never see another sunset, so he was going to make the best of this sunrise.  

Hubert waited in his car until the vision was complete.  When the sun was behind the rusting woman as he'd seen it in his mind, he threw the car into gear and headed for the Hulong Mining Operation. 

Then he stopped suddenly and reversed.  A thought.  Just one more thing.  Maybe he had some help after all.

Posted by Felicia Hajra-Lee at 10:20 PM