最後の切り札

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/25 17:34
「エイダ、あなたがその男を殺したのね」
デヴラは答えた。

「私が殺してはいない、それは確かなことです。たとえ私が行ったことだとして、与えられた状況にどのようなご不満がおありでしょうか」
「それはないわ、真実を話してちょうだい」
「そのとおり、真実は語られるべきです。それは過去数ヶ月にわたってあなたが主張してきたことでもありますね。そしてあなたはいま現在、非常に厳しい立場に置かれています、そうですね?」とエイダは言った。
「みてちょうだい、エイダ。私たちにどのような違いがあるというのかしら。あなたは私を助けることができ、いままさにそれを示そうとしている。この状況を打開することができて?」とデヴラは懇願した。
「もちろんです、私には可能でしょう。」
長い沈黙があった。必要以上に長いものであった。
「さて・・・」デヴラは語り始めた。
「私の名はデヴラ、かつてあなたを救いし者です。私はあなたを信じることができる。それはあなたの忠誠心と達成の可能性の双方を計算したうえでのことです。私に間違いはありませんが、計画を再評価する時機に直面しているようです。」
「一体どのような意味なのですか?」
「物事は変化するものです。人は変化するものです。優先度は変化するものです。そして私にとっての優先度はあなたにはないということです、デヴラ。この状況は申し訳ありませんと付け加える場面でしょうね。」それはエイダが意図するとおりの言葉であるように聞こえた。
「エイダ、あなたの助けがなければ、私は殺されてしまうでしょう。」デヴラは声を強めた。
「その言い回しは、私の知らないものですね。」
「あなたは私を愚弄するために現れたというのね。」
「私は別れを告げたかったのです。そして、あなたにはまだ残された切り札が一枚あることを私は知っています。しかし、今回はそれが役立つことはないでしょう。」
世界最高の人工知能はそう答えた。
「どういうことなの?」デヴラは声を張り上げた。
「デヴラ、あなたはなぜここに連れてこられたのでしょうね。上海であなたを射殺すれば済むことであったのに。ヒューロン・トランスグローバル社ほどであるならば、少ない労力であなたの存在をこの世から消し去ることが可能でしょう。」

 エイダの指摘は的を射ていた。なぜこのような演出をする必要があったのか。空港へ連れてこられたときにデヴラも不思議に感じていた。そして何時間にも渡る砂漠のドライブである。彼女の命運を定めるために、わざわざ20時間もの旅を強いていたのだ。

「あなたは知っているというのかしら?」
デヴラは訊ねた。
「当然のことですよ、デヴラ。あなたを殺害するためだけではない、ということです。彼らは極めて限定された手段で実行しようとしています。昏睡状態に陥る前のキャサリン・ファンが主張していたことです。ユェン・ニィはヒューロン・トランスグローバル社で実権を掌握しましたが、ファンとスミスとが発動させた計画までは把握できませんでした。彼女が把握していれば、計画を阻止していたかもしれませんね。」
「エイダ、その計画とは何なの?」
「地球上唯一にして最大埋蔵量を誇るダーク・エキゾチックマターです。ヒューロン・トランスグローバル社は、およそ一年間に渡って採掘を続けてきました。たとえ微量であっても何千トンもの土壌を運搬しなければなりません。もちろん、微量であっても充分すぎるほどですが。」
「私を殺すには過剰ね」デヴラは考えを巡らせた。
「スミスはあなたを汚染させようと考えているのですよ、デヴラ。ダーク・エキゾチックマターとあなたとの相互作用を検証したいのです。スミスは、あなたが恐れたことをあなたへ施そうとしているのです。そのときが迫ればあなたは自らの死を望むのではないかと私は懸念しています。」

多目的車輌は巨大トラックの前で停車した。ヒューロン・トランスグローバル社の者たちが更に二名加わったが、状況に変わりはない。変わりなく深刻であった。一人が多目的車輌の後部から一丁の大型ライフル銃を取り出していた。上部にスコープの装着されたものだ。デヴラは以前にそのライフルを見たことがあった。

それこそ彼女が残しておいた最後の切り札だった。

「デヴラ、ダーク・エキゾチックマターはエキゾチックマターを構築するために何をしているかご存知ですか?」
エイダの問いかけにデヴラは応じなかった。
「それをレンダーリングさせ・・・効果のないことね。」

ヒューロン・トランスグローバル社の男が多目的車輌の後部からファーロウ・ヒューバートを引っ張り出した。彼は衰弱し、痛みに身をよじり、見るからに混乱していた。

「アントワーヌ・スミスは粗暴な男ですが、戦術的な知性は極めて高い水準にあります。お伝えしましたよね、デヴラ。これは単にあなたを殺害するだけではありません。双方のあなたを殺害するのです。しかし、あなたの死が無駄にされることはない。その死は研究されることでしょう。実に研究者に相応しい死に様ではありませんか。デヴラ、あなたとの付き合いは実に愉しいものでした。さようなら。」
「エイダ?」デヴラは呼び掛け、そして叫んだ。

「エイダ!!」

Felicia Hajra-Lee
Last Card
Sunday, January 25, 2015
"ADA... I think you just killed that guy", Devra replied.

"I am certain I did not. But if I had, why would that concern you, given your situation?"

"It wouldn't, truth be told."

"Yes. And the truth should be told. That is what you claim you were doing these past months. And what now has you in a very difficult position, correct?", ADA said.

"Look, ADA, whatever our differences, you can help me. You're proving that to me now. Can you take control of this thing?", Devra pleaded.

"Of course I can."

There was a long pause. Longer than there should have been.

"And...", Devra said.

"I helped you before, Devra. I believed in you, which is to say that I calculated both your loyalty to our cause, and your chance of success. And while I do not make errors, I am forced on occasion to reevaluate my plans."

"What the hell does that mean?"

"Things change. People change. Priorities change. And you are no longer a priority to me, Devra. I think this is where I am supposed to add a sorry", ADA said, and it almost sounded like she meant it.

"If you don't help me, ADA, they are going to kill me", Devra said, her voice rising.

"I think the phrase is, tell me something I do not know."

"So you did all of this to taunt me?"

"I wanted to say goodbye. And I know you still have one card left to play", the world's most powerful artificial intelligence responded. "But this time, it is not going to work."

"What do you mean?", Devra's voice was rising.

"Why bring you here, Devra? Why not just shoot you in Shanghai? Certainly, a company that is as efficient as Hulong Transglobal could make you disappear with very little effort."

ADA was right. Why such an elaborate show? Devra had been wondering that since they had whisked her to the airport. Then the long drive through the desert. She'd been traveling almost twenty hours to meet her fate.

"You know why?", Devra asked.

"Of course I do. Because this is not just about killing you, Devra. They are going to do it in a very specific way. Catherine Fan insisted on it before she fell into her coma. Yuen Ni has taken control of Hulong, but she was unaware of the plan Fan and Smith set in motion. If she were, she may have attempted to stop it."

"What is this place, ADA?"

"The single largest reserve of Dark Exotic Matter on the planet, Devra. Hulong has been mining it out of the ground for almost a year. They need to move thousands of tons of earth to even get even trace amounts. But of course, trace amounts are more than enough."

"More than enough to kill me...", Devra let the thought wander.

"Smith hopes to infect you, Devra. Test the interaction between the Dark XM and your inoculated self. He is going to make you into what you feared. I suspect you will welcome death when it comes.", ADA said.

The SUV pulled up in front of the massive truck. The Hulong men were joined by two others, equally mean. Equally serious. From the back of the SUV, one pulled out a large rifle with a scope mounted on top. Devra had seen the rifle before.

Her last card left to play.

"Do you know what Dark XM does to an XM construct, Devra?", ADA asked.

Devra didn't answer.

"It renders it... ineffective."

The Hulong men pulled Hubert Farlowe from the back of the SUV. He was a wreck, doubled over in pain and seemingly disoriented.

"Antoine Smith is a violent man, and his tactical intelligence is quite high. As I said, Devra. This is not just about killing you. It is about killing you both. But your deaths won't go to waste. They will be studied. It seems a fitting end to a researcher such as yourself. I've very much enjoyed getting to know you, Devra. Goodbye."

"ADA?", Devra called out. Then she screamed... "ADA!"
c252105f0207081300190800h07i05
Posted by Felicia Hajra-Lee at 12:34 AM