古き友

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/24 18:10
デヴラが外を見ると、目の前の地面に巨大な穴があった。少なくとも半マイルはあり、その深さもおそらくは同じくらいはあった。それは人工のクレーターだった。それはまるで隕石の直撃を受けたかのようだった。胃がぐっと沈み込むのを彼女は感じた。

次に目に入ったものは、クレーター内部へ通じる未舗装の車道に掲げられた警告看板であった。

「制限区画。許可を受けた調査員以外は立入禁止」

「ここから先、汚染レベル3」

「持ち出しはただちに処罰される」

「警備員には侵入者の射殺が許可されている」

デヴラの心は早鐘を打った。それは目に見えぬ息苦しい重圧である。ヒューロン・トランスグローバル社もダーク・エキゾチックマターの採掘場を隠し持っていたのだろうか、あるいはここで古代のパワースポットを発見したのだろうか。

遠方で塵雲が舞い上がった。一台のスポーツ用多目的車輌が砂地を横斬り、クレーターの外縁に沿って向かってきた。

ヒューロン・トランスグローバル社の武装工作員らがT282の前面に歩み出て、再びデヴラの視界に入った。男たちは整列して多目的車輌の到着を待った。彼らが持つ武装は可変式のストックを装着した改造カラシニコフであった。計画に無関係のことであるのか、車輌の接近に対して男たちに緊張は見られなかった。

「あれは誰なの?」
デヴラは運転手へ訊ねた。

「知らねぇな」
運転手は笑みを浮かべることなく答えた。運転手が隠し事しているようには見えなかった。

突然、甲高い音がキャビン内に響いた。リープヘルT282は地球上で最大の車輌でありオペレーターキャビンは二人が座るには充分に広い空間であったが、そもそも人を運ぶようには設計されていなかった。一日に何百万ドルもの価値を生み出す鉱石を運搬するための車輌である。運転手よりはるかに重いものを積載させるよう設計されているのだから快適である。だが、それは動かすのにより多くの費用を必要とすることを意味しているし、このトラックを利用することは明らかな赤字であった。

運転手はポケットを不器用に手探りし、携帯電話を抜き出すと画面を見た。

男の知っている人物からであったようだ。苛立たしげに画面をタップすると、携帯電話を耳にあてた。

「今朝のことだが、連絡に関して俺はお前に何と言っておいた?はっきりと言えば・・・グアァァッ」

運転手が叫び声をあげ、小さなキャビン内に響き渡った。男は白目を剥くと前のめりに首をハンドルに叩きつけたのをデヴラは見た。

男の身体から力が抜け、手から滑り落ちた携帯電話がキャビンの床に転がった。携帯電話のスピーカーへデヴラは甲高い泣き声をあげてみせると、しばらくして通話を切った。

デヴラは生気を失った運転手を眺め、そしてヒューロン・トランスグローバル社の武装工作員らに目を向けた。彼らが気づいた様子はなかった。当然のことだろう、オフィスビルの三階で起きたことと同じようなものなのだから。彼らは異なる世界にいたのである。

例の多目的車輌はいよいよ間近まで迫っていた。

唐突にキャビン内の無線通話が作動した。運転席の操作盤中央に配置されたフラットディスプレイにあったものだ。画面上のデジタルナンバーがスクロールしていき、やがて止まった。一瞬遅れて音声が流れてきた。

「ごきげんよう、デヴラ」
それはエイダだった。

フェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
Saturday, January 24, 2015
Old Friend

As Devra looked out, she could see the massive hole in the ground in front of her. At least a half mile wide, and probably just as deep. A man-made crater. It looked like the earth had been hit by a meteor. Her stomach sank.

Next to the dirt roadway leading into its interior, there were warning signs.

"Restricted area. Authorized Strategic Explorations personnel only."

"Level 3 Contamination Protocols from this point."

"Theft is punishable by immediate termination."

"Guards have been authorized to shoot trespassers."

Devra's mind raced. She could sense the mass and pull of the mine. An invisible, suffocating weight. Another Hulong Dark XM mine? Had they found an ancient power-spot here?

In the distance, a dust cloud was kicking up. An SUV was racing across the desert landscape, along the rim of the crater, coming toward them.

The Hulong men had stepped far enough in front of the T282 that Devra could see them again. They were aligned in a row, waiting for the SUV. Their weapons, modified AK47s with collapsible folding stocks , were at their sides. If this was unplanned, the men didn't seem nervous about whatever was approaching.

"Who's that?", Devra asked the driver.

He wasn't smiling. "Don't know", he said. To Devra, it sounded like he was telling the truth.

Suddenly, a loud ringing echoed in the cabin. Although the Liebherr T282 was one of the largest vehicles on the planet, the operator's cabin was only big enough for two people. The truck wasn't designed to haul people, but millions of dollars worth of ore each and every day. Making it comfortable for more than the driver meant adding weight, which meant adding costs to operate, which meant subtracting from the bottom line of why the truck existed in the first place.

The driver fumbled for his phone. He pulled it from his pocket and looked at the screen.
Someone he knew. Frustrated, he tapped on the screen and brought the phone to his ear.

"This morning... what did I tell you about calling? Specifically, not to... aghhhh!"

The driver screamed out, his cries echoing around the small cabin. Devra watched as his eyes rolled back and his head collapsed forward, smashing into the steering wheel.

The phone dropped from his hand onto the floor of the cabin as his body went limp. From the speaker of the phone, Devra could make out a high-pitched whine. After a moment, it cut out.

Devra looked at the lifeless driver, then out toward the Hulong men. They hadn't seen anything. How could they? What just happened might as well have been inside the third floor of an office building. They were in another world.

The SUV was getting closer.

Suddenly, the radio in the cabin turned on. It was part of a flat panel display set in the center of the driver's console. Devra watched as digital numbers scrolled across the screen, then stopped. A moment later, the voice came through.

"Hello, Devra", ADA said.

Posted by Felicia Hajra-Lee at 1:10 AM