デヴラは箱の中

fhlprofile.jpgフェリシア・ハジュラ=リー(Felicia Hajra-Lee)
2015/01/11 17:50
デヴラは箱の中にいた。比喩ではなく文字通りに、それは改修された輸送用コンテナだった。それは彼女自身が耳にしたアジア地域におけるマイクロホテルの居室のようであったが、何らかのシールドが張られておりエキゾチック・マターが衝突していた。奴らは彼女を拷問しようとはしなかったが、おそらくはカメラを通じて彼女を観察していたのだろう。しかし、たとえ奴らがいたとしても、彼女は興味深い観察対象とはいえなかった。彼女は大半の時間を瞑想し、自らの再蓄積に努めていたのだ。彼女はこの状況下で生き残るためにそうしていた。

どれほどの期間をそうしていただろうか、彼女自身は知らなかった。憶測するしかなかったが、数日間を経た、あるいは数週間であったかもしれない。彼女には時を測る手段がなかったし、何を接種されているのかも測る手段を持ち合わせていなかったのだ。

彼女は、接触した人々に何が起きたかは知っていた。ウォンには、―彼女の使用する最良の表現で言えば、自己破壊―発作のようなものがあり、子宮で泳ぐように最後の力を尽き果て、そして死んだ。

この世界は、デヴラにとって実に明白なものとなっていた。それはゲームのようであった。彼女は警備がホールへと走り下りていく音を聞いたが、扉は施錠されていたし、ウォンはキーカードを所持してはいなかった。したがって、唯一の脆い箇所は巨大な両開き窓だけであった。デヴラは窓目掛けて椅子を投げ、粉々に砕いた。彼女は緊張状態にあるファンに遭遇した。彼女は死んではいなかった、少なくともまだ。彼女には未だ息があった。デヴラはファンを見ても何も感じはしなかった。それは冷酷さゆえでなく、欠如しているのだった。ひとつだけだが、共通する問題が横たわっていた。彼女は呼吸をしていたのだ。

警備が突入してきた。彼らの反応は幾つかの点でウォンに共通していた。唯一、アントワーヌ・スミスだけは影響を受けはしなかったが、それは既に彼はダーク・エキゾチック・マターに晒されていたのだった。スミスはデヴラを取り押さえた。そして彼女が目覚めたときには箱の中にいたのだ。それ以来というもの、彼女はそこにいる。

彼女は暗闇をこそ好んだ。明確な視界は、苦痛をともなう。それはフローチャートや設計図のような装飾なき世界を見ているようなものであった。感情もなければ期待もない。マトリックス上に文字を書くではないが、彼女はそのような比喩を思い起こした。

ファンはそういったものによるショックにより死に至ったのではないかと彼女は推察した。この視界の鮮明さによってである。ガラスが凍結したことによるシールドと同様の現象が、ファンを殺害したのだ。

箱は移動していた。どこへであろうか。彼女には識別することができた。トラックで研究所の外へと運び出され、そして航空機へと積載された。彼女は速度と方角だけは認識することができたのだ。

しかし、彼女は何処かへ持ち出されてしまった。何処へ、果たしてどのような目的のために。

次の三通りのシナリオが考えられる。
1.研究のために遠隔地の研究室へと移設された。
2. ヒューロン・トランスグローバル社との関連する痕跡を絶ったうえで殺害するために遠方へ移設された。
3. 様々な利害対立が生じているため、計画なしに単純な移設が行われた。

最後の可能性が最も高いように思える。

Darkness.jpg

Felicia Hajra-Lee
2015/01/11 17:50
Devra was in a box. Not figuratively, but literally. A converted shipping container, maybe like one of those micro hotel rooms she'd heard of in Asia, but shielded somehow and being bombarded with Exotic Matter. They weren't trying to torture her... maybe they were studying her through cameras, but if they were, she wasn't very interesting to watch. She spent most of her time meditating - recompiling herself. Trying to survive this.

How long had it been? She didn't know. That was speculation. It had been days. Maybe weeks. She had no way to measure time. She also had no way to measure what the inoculation had done to her.

She did know what it had done to those who had come in contact with her. Hwang had - the best word she could use for it - self-destructed - had what looked like a seizure, expending the last of his energy to crawl into a fetal ball... and die
.
The world had been amazingly clear for Devra. It was like a game. She heard guards running down the hall. The door was locked. There was no key card on Hwang's body thus the only point of vulnerability was the giant two way window. Devra had thrown a chair through it. It shattered. She saw Fan in a catatonic state. She wasn't dead... not yet. She was still breathing. Devra felt nothing as she watched Fan. It wasn't coldness. It was absence. There was only one relevant issue. She was breathing.

Guards broke in. Their reaction was, in some ways similar to Hwangs. Only Antoine Smith was unaffected. But then he'd been exposed to Dark XM before.

He subdued her.
When she awoke, it was in the box.
She had been there ever since.

She liked the darkness. Seeing was painful in its clarity. It was like seeing the world without ornamentation - like a flowchart or an engineering diagram. Without sentiment. Without illusion. Pure. Not exactly like the dripping text in the Matrix, but somehow she was reminded of the metaphor.

Her guess was that Hwang died from from the shock brought on by this. From the sharpness of this sight. The same phenomena, shielded by the glass had frozen, maybe killed Fan.

The box was moving. To where? As best she could discern it had been transported out of the lab by truck and loaded onto an airplane. She could only speculate on speed and direction.

But she was being taken somewhere. Where and for what purpose?

She had worked out three scenarios:
1) She was being taken to a remote facility for study.
2) She was being taken to a distant place to be killed with no traces leading back to Hulong.
3) She was simply being taken 'away' without a plan, while various interested parties argued over what to do.

The latter seemed the most likely.