夢のなかの夢

anazktec.jpgユーリ・アラリック・ナガッサ(Yuri Alaric Nagassa)
2014/12/27 15:58
珍しい経験でした。私は以前に一度だけそういった経験をしたことがありました。

ひどく困惑する夢から私は目覚めました。私の見る多くの夢と同じように、それは範疇及ばぬなかを彷徨い、朝霧のごとく漠然としていました。村の地面に横たわったまま、私は眠い目をこすりました。

私はそばにいるAnazktecの友人らを見渡そうとしましたが、彼らは忽然と姿を消していたのです。

なぜ彼らは私を置いていってしまったのでしょうか。それはわかり得ぬことでした。そして、私は奇妙なものを耳にしたのです。

その音はなんだったのでしょうか。それは近くの崖向こうから聞こえてくるようでした。

私は立ち上がると、その音の方へと歩いていきました。

崖の端へ辿り着くと、私の前にふたりがいました。彼らは歌っていました。その歌は調和がとれてはいなませんでしたが、より良い言い回しあるいは概念、完全さに欠いていました。彼らが歌えば、その口は大きく広く開けられていました。

ひとり目の腔内にある形、色、ざらざらとした触感の渦巻きを私は見ることができました。彼らはあたかもキャンバス上の絵画や森の大地の模様のようにクルクルと回っていました。

ふたり目の腔内は光と闇からなる小さな幾百万粒の雲でした。それは魚の群れの鱗のようにチカチカと揺らめいていて、数学的に完璧であり、果てしなく複雑でした。

その歌はいよいよ盛り上がりをみせて、私を圧倒しました。

そして私はもう一度目覚めたのです。それは、夢のなかの夢であったのでした。

Awake.jpg

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2014/12/27 16:05
ユーリ・アラリック・ナガッサが不可思議な夢の話を投稿した。彼が投稿する話にはしばしばあることだが、隠喩と奇妙な発想のなかから発見されるものとは多いのだ。
エックス

Yuri Alaric Nagassa
2014/12/27 15:58
A rare experience. It has only happened to me once before.

I awoke from a bewildering dream. Like so many of my dreams, it hung just outside of reach, intangible like the morning mist. I lay on the ground in the village and rubbed the sleep from my eyes. 

I looked around, expecting to see my Anazktec friends nearby, but everyone was gone. 

Why had they left me? It was unclear. Then, I heard something strange. 

What was that sound? It seemed to come from beyond a nearby cliff.

I rose and walked towards it.

As I reached the edge, I saw two faces hanging before me. They were singing. The music was not harmonious, but it was... for lack of a better word or concept, complete. 

As they sang, their mouths opened wider and wider. Within the throat of the first face I could see a typhoon of... shapes... colors... textures. They swirled together like the patterns on a canvas painting or a forest floor.

Within the throat of the second was a cloud of millions of tiny points of light and darkness. It shimmered like the scales of a school of fish... mathematically perfect, infinitely complex. 

The symphony grew louder and overcame me.

I awoke once more. It had been a dream within a dream.

Niantic Project
2014/12/27 16:05
+Yuri Alaric Nagassa shares a mysterious dream. As is often the case with the stories he shares, there is often more to be uncovered from within the metaphors and strange ideas.

x