手段を学ばねばならない

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2014/12/08 17:15
私がまだ大学院生であった頃、ジーク・カルビンは13マグナスの探求を私に依頼し、私はその影を、その負の空間を、その虚空を感じ取った。諸君らであればどのように比喩するだろうか。

Cold.png

長き月日を経て、いまや私の心の内でひとつの疑問が育まれてた。シェイパーが闘争してきたものとは何であるのか。最近になって、その敵対者の名のみ知るところとなった。ナジアである。

時に私はその抑圧された暗い存在を感じ取った。コンゴで、サンサバの近くで。私がダーク・エキゾチックマターの存在下にいたときのことだ。それは強力な存在であった。私はそれを邪悪であると言うことはない。なぜならそれは先入観にとらわれたことと自覚したからだ、私は科学者なのである。だが、それは間違いなく抑圧され空虚な感情であり、おそらくは暴虐的な存在感であった。私の知る建設的進歩や美、楽観といったもの全てに争う存在であった。

私は古代闘争があったことを知っており、その影を見たのだ。イシスとオリシスの物語、邪悪なる秘密結社、解放される混沌の化身。おそらくは無意識のうちにディオダディから、あるときにはラグクラフトやハワードから着想を得ていたのだ。彼らがそうなることを意図したとは思わないが、醜態である。

ほぼすべてのナジアの痕跡が歴史から改ざんされていたことを知った。だが、完全に根絶することなどできないのだ。上書きし、かき消し、影に隠すことならばできよう。暗号へ、物語へ、そしてグリフとなって隠されたのだ。だが、決して根絶されることはない。

さて、私はようやくシェイパーとナジアの間に生じた闘争の古代描写に注意を払わねばならないとわかった。私には解放するような勇気はない。今は無理だ。私は研究せねばならない。それはヤーハンの書庫にあり、何世紀も、おそらくは千年単位で彼女の一族が守ってきたものだ。文書、図柄、彫刻などがある。ナジアはかつて敗れた。それを再び成すこともできよう。私はその手段を学ばねばならないのだ。

ディオダティ
ディオダティ荘の怪奇談義の意と思われる。1816年に創作の怪奇譚を持ち寄り披露した出来事で、フランケンシュタインや吸血鬼の元となった。
ラグクラフト
ハワード・フィリップス・ラヴクラフト(Howard Phillips Lovecraft)と思われる。コズミック・ホラーと呼ばれるSF的なホラー小説で有名。
ハワード
ロバート・アーヴィン・ハワード(Robert Ervin Howard)と思われる。怪奇幻想小説とアクションヒーローものを融合したヒロイック・ファンタジーの生みの親。

Hank Johnson
2014/12/08 17:15
Ever since I was a grad student and Zeke Calvin sent me on a quest for 13MAGNUS, I have felt the shadow... The negative space... The void... Pick your analogy.

For a long time now, a question has been brewing in my mind:  What is it that the Shapers have been struggling against? It is only recently that I have learned the name of the antagonists - the N'zeer.  

I have felt their cold, dark presence at times - in the Congo...  Near San Saba... When I have been in the presence of Dark XM.  It is a powerful substance. I wouldn't quite call it evil, because I realize that I come to it from my own biases and I am a scientist, but it is definitely a cold, emotionally hollow, perhaps oppressive presence... a presence that fights with all I know of positive advancement, beauty, optimism...  

I knew there was an ancient struggle, and I saw its shadows. The story of Isis and Osiris, the dark secret societies... The chaotic monsters unleashed, perhaps unwittingly by the Diodati Epiphany and at times by Lovecraft and Howard, though I do not think they intended to do so...  The abominations.

I knew that nearly every trace of the N'zeer had been struck from history, but nothing can ever be fully eradicated. It can be written over, drown out, hidden in the shadows...  Hidden behind codes, stories and perhaps glyphs..... But it can not be eradicated.

Now, for the first time, I believe I have beheld ancient depictions of the struggle between the Shapers and the N'zeer  I dare not release them. Not now.  I must study them.  They are in Jahan's library, kept by her family for centuries, maybe millennia. Texts. Artworks. Carvings. The N'zeer were vanquished once. It can be done again. I must learn how.

前へ

エイダの奇妙な振る舞い

次へ

エキゾチックマターによる脅威と好機