ハンクこそが鍵である

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2014/11/14 01:33:16
リダクトされし者はハンク・ジョンソンの生存を望んでいるようだ。頭の中でハンク・ジョンソンこそが鍵であると鳴り響き続けている。鍵だと?何の鍵だというのだ?そして誰がそれを用いるというのか?どんなに逃げ回ろうとも、彼の周囲には部隊が近づきつつあるようだ。ハンクよ、君がこれを読んでいるのであれば、予測しようのない行動を取ってくれ。そうすれば、未知の脅威から逃げのびることができるだろう。

アントワーヌ・スミスについても触れておこう。かの文書における「スミス」なる者ではないかと私は疑っている。諸君にはイングレス・アライメントを思い出して欲しい。コンゴにおいて、スミスはハンク・ジョンソンとコンラッド・イェーツに危うく対抗するところだった。スミスは極めて危険な人物である。スミスとその仲間、チョウあるいはチェンという名であったか?は戦略的調査と呼ばれるヒューロン・トランスグローバル社の取り組みを指揮していた。しかるに、今回の件にはヒューロン・トランスグローバル社が関与しているということだ。そして、私に致命的な読み違いがない限り、我々の仲間の誰かがヒューロン・トランスグローバル社と裏で手引きしている。

ヒューロン・トランスグローバル社を注意深く監視する時期に至ったようだ。彼らは如何なる思惑を隠しているのだろうか?私の知る限り、ユェン・ニィには自身に様々な思惑があるようだ。キャサリン・ファンは蜂の巣に座っているようなものである。そしてスミスだ、奴とロラゾン氏はまさに衝突しようとしているように思えるのだが、その騒ぎにクラウディア・グラスが加わっても私は驚きはしない。騒ぎは起ころうとしている。

H. Richard Loeb
2014/11/14 01:33:16
So it seems that Redacted wants Hank alive.  The thing that keeps ringing in my head is that 
+Hank Johnson is the 'key'.  Key.  Key to what?  And who plans on using it?  Any way around, it seems like forces are closing in around him. If you're reading this, Hank. Do something unexpected. Unpredictable. Basically, just get the hell off the X.

And a quick note on Antoine Smith (who I suspect is the 'Smith' in this document.  If you recall The Alignment: Ingress, he was nearly a match for both Hank Johnson and Conrad Yeats in the Congo.  He is extremely dangerous.  He and another fellow (Chow? Chen?) were leading a Hulong effort called Strategic Explorations.  That means Hulong is in on this -- and unless I'm very wrong, another friend of ours is playing footsie with Hulong.  

Its time to take a hard look at Hulong.  What's their agenda?  Ni has multiple agendas of her own as far as I can tell.  Fan is sitting on a hornet's next.  And Smith...  Why do I think that he and Mr. Lorazon are about to run into each other... Wouldn't surprise me if Claudia Glass showed up at the party... And there there is going to be a party.