アプリケーションパッケージ解析 [1.59.1]

DecodeIngress.jpgデコード・イングレス(DeCode Ingress)
2014/08/30 04:11:55
アプリケーションパッケージ解析 [1.59.1] をご紹介します。早速ご覧ください!

1-59-1.png

アプリケーションパッケージ解析 [1.59.1]
2014年08月29日 Connor Tumbleson

私たちにとって9度目となる解析を紹介します。公式発表では「不具合修正」とだけ記載されていますが、アプリケーションパッケージ内を探ってそれと違うものを見ていきましょう。

ミッション
アプリケーションパッケージ内にはバージョン 1.55.0 から存在しています。

様々なミッション機能の中から二つの変更点を見つけ出しました。パスフレーズ・ミッションパラメーターの手がかりは質問と名称変更され、ミッションを達成することで得られる情報の MissionStats では、numUniqueCompletedPlayers の値が加えられました。これによって、何名のエージェントがそのミッションを達成したことがあるのか知ることができるようになります。

サーバー・クライアント間の機能への変更点は二つに留まりました。ミッションに関する変更の大半は、デザイン面とレイアウト面で行われているものだったのです。パスフレーズとフィールドトリップ・カードに関連した多数の文字列が追加されていることがわかっています。

  • ERROR_WHILE_VIEWING_FIELD_TRIP_CARD = "Failed to complete Field Trip card objective: %s"
  • TEXT_PASSPHRASE_DEFAULT_QUESTION = "PASSPHRASE:"
  • TEXT_PASSPHRASE_INCORRECT = "Incorrect."
  • TEXT_PASSPHRASE_WAYPOINT_NULL = "Unavailable."
  • TEXT_ONLY_ONE_MISSION_IN_PROGRESS = "Mission already in progress"
  • TEXT_HIDDEN_WAYPOINT_TITLE = "???"

注目すべき新たなレイアウト・クラスが追加されています。

  • missions-objective-passphrase-entry
  • missions-objective-button-down
  • missions-objective-button-up
  • nav-beacon
  • missions-list-item-waypoint-title-highlighted

6 バージョン前にこの機能を発見してからというもの、かなり多くのことがわかってきています。間もなくの完成を期待してよいようです。

オーナメント
はじめに気づいたのは、2014年08月18日に応答確認とインテルマップでのことでした。この変更が今回のアプリケーションパッケージにも隠されていることを期待していたところ、確かに存在していました。オーナメントとは、アノマリーに関連したものと思われます。これらのオーナメントは四類型に応じてポータルへ適用されます(anomaly_cluster、anomaly_end、anomaly_start、anomaly_volatile)。しかしながら、その外観から機能を知ることはできません。ポータルへ適用されることとなるオーナメント各類型の画像がこちらです。

ornaments.png
オーナメント各類型

 ご覧のように、この機能は今現在アプリケーションパッケージとインテルマップの双方に存在しています。これによってアノマリーの最中にGoogle+ と交互に確認することなくクラスターポータルや揮発性ポータルを識別することができるようになるでしょう。ポータルにオーナメントが適用された際には、追加の属性も適用されます。それが次の一覧です。

  • designation
  • groupColor
  • pulseIntensity
  • rotationSpeed
  • scale

これらの属性はかなり広範なもので、アノマリーに直接ハードコードされてはいません。特定のポータルを目立たさせなければならない状況で今後利用されていくようです。

ジェイルブレイクとルーティング
バージョン 1.58.2 の解析において、ジュエルブレイクやルーティングされた端末をロックアウトするであろう新たな変更を発見していましたが、バージョン 1.59.1 では次の確認が削除されていたことをご報告いたします。

  • canLaunchCydia
  • hasSubstrateLib
  • rooted

これらのブール値はバージョン 1.58.2 で追加され、端末からの応答確認としてナイアンティック社へ送信されていました。ナイアンティック社はデータ収集をしたものの、エージェントのロックアウトはしようと考えていなかったようです。このコードは削除されています。

グリフハック
皆さんの誰もがグリフハックとは何かをまだ知らないエージェントと遭ったことがあるえしょう。グリフハックは誰もに可能ですが、今回の新たな追加によってこの機能に気づきやすくなるかもしれませんね。

  • hack-progress-indicator

この機能によって、ハック・ボタンを長押しした時間に応じて増加する DoubleSidedProgressBar が表示されます。

player-2014-08-29-14-06-11-35.gif

ご覧いただけるように、この機能によってグリフハックの存在を早くに気づくようになるでしょう。

ダイレクト・リチャージの手順
応答確認とアプリケーションパッケージから「enableDirectRechargeFlow」の変更が示唆されています。バージョン 1.59.1 において、リチャージの手順は次のようになりました。ポータルキーを確認し、リチャージ・ボタンを押し、Recharge All または個別のリゾネーターを選択してリチャージします。今回の方法であれば、バージョン 1.58.2 での変更よりも少ないボタン入力となります。

その他

  • 構築 2014年08月26日
  • 漏洩 2014年08月28日
  • 応答確認の変更
    • [追加] enableDirectRechargeFlow
    • [追加] enableHackLongPressIndicator
    • [追加] enableOrnaments
    • [廃止] enableNewsOfTheDay

総括
オーナメントには目を奪われてしまいました。ヘリオスでセカンダリサイトとなっているタルサで実際にこの機能を見てみたいですね。ミッションやダイレクト・リチャージ、オーナメントと数多くの開発が進められています。今回のバージョンは、おそらくバージョン1.60.0 の大規模更新に向けた足がかりなのでしょう!エージェントの皆さん、タルサでお会いしましょう。

Decode Ingress
2014/08/30 04:11:55
Ingress Apk / Scanner Teardown [1.59.1]

Get it while it's hot! 

#DeCodeIngress   #ingress   #apk

Ingress Apk / Scanner Teardown [1.59.1]
BY CONNOR TUMBLESON ON AUGUST 29, 2014 GAME, UPDATES

Welcome back to our 9th teardown of Ingress APKs. This version only lists "bug fixes" as the official changelog on Google Play, but we can dig beneath the surface and see what's really different.

Missions
In APK since 1.55.0
We saw two changes in the expected responses of various mission functions. The passphrase mission parameter clue was renamed to question, and the MissionStats response (the information you get when clicking on a mission) gained the numUniqueCompletedPlayers integer. So now we can see how many unique agents completed a certain mission.

There were only two changes to the server -> client functionality. The bulk of mission changes happened in the design and layout of them. We saw the addition of many strings which are related from passphrases to field trip cards.

  • ERROR_WHILE_VIEWING_FIELD_TRIP_CARD = "Failed to complete Field Trip card objective: %s"
  • TEXT_PASSPHRASE_DEFAULT_QUESTION = "PASSPHRASE:"
  • TEXT_PASSPHRASE_INCORRECT = "Incorrect."
  • TEXT_PASSPHRASE_WAYPOINT_NULL = "Unavailable."
  • TEXT_ONLY_ONE_MISSION_IN_PROGRESS = "Mission already in progress"
  • TEXT_HIDDEN_WAYPOINT_TITLE = "???"

Notable new layout classes are

  • missions-objective-passphrase-entry
  • missions-objective-button-down
  • missions-objective-button-up
  • nav-beacon
  • missions-list-item-waypoint-title-highlighted

As we've discovered this feature almost 6 versions ago the functionality is quite known. We can only sit and watch as the feature nears completion.

Ornaments
First noticed in the Handshake and Intel map around August 18, this change was expected to be hidden in this APK and sure enough made an appearance. Ornaments appear to be directly related to Anomalies. These ornaments attach to certain specified portals with one of the following four types (anomaly_cluster, anomaly_end, anomaly_start, anomaly_volatile). However, our perception of an ornament doesn't help with understanding this feature's look. Below are the images for each type of ornament as it would be laid over a portal.

  • Various types of ornaments

As you can see, this feature has now been located in both the APK and Intel Map. This might help provide agents quick access to identify cluster / volatile portals in the middle of an anomaly instead of cross referencing Google Plus. When an ornament is attached to a portal, additional attributes are attached to it. These are listed below.

  • designation
  • groupColor
  • pulseIntensity
  • rotationSpeed
  • scale

These attributes are quite broad and not hardcoded to anomalies directly which looks like they might play into future use where certain portals need to stand out from others.

Jailbreaking / Rooting
On our previous teardown of 1.58.2, we noticed a few new changes that may have locked out jailbroken/rooted devices. I'm proud to announce that as of 1.59.1 the below checks have been removed.

  • canLaunchCydia
  • hasSubstrateLib
  • rooted

These boolean values were added in 1.58.2 and sent to Niantic as part of the Device handshake. It appears they got the data they wanted and didn't want to lock out this percentage of agent user base. This code has been removed.

Glyph Hacking
Everyone has come across an agent who still doesn't know what Glyph Hacking is. It happens to everyone. It appears that a new addition may help new agents discover this feature.

  • hack-progress-indicator

This feature references a DoubleSidedProgressBar which increases in value depending on how long the HACK button has been held.

As you can see above, whenever this feature is released new agents should discover Glyph hacking much quicker.

Direct Recharge Flow
Our Handshake and APK has now hinted at a "enableDirectRechargeFlow" change. In 1.59.1, the progression for recharging is now: find a Portal Key -> Recharge -> Recharge All / Pick a resonator to recharge. This method is now less button clicks after the jarring change in 1.58.2.

Nitty Gritty

  • Build August 26
  • Leaked August 28
  • Handshake Changes
    • [added] enableDirectRechargeFlow
    • [added] enableHackLongPressIndicator
    • [added] enableOrnaments
    • [deprecated] enableNewsOfTheDay

Conclusion
Ornaments have caught my eye and I'm hoping they are live in time for Tulsa (Helios secondary site), as I'd like to see this feature live there. Lots of activity now with missions, direct recharge, and ornaments. This version is probably just a stepping stone for a bigger feature release of 1.60.0! Hack on agents, I'll see some of you at Tulsa.