アプリケーションパッケージ解析 [1.57.1]

DecodeIngress.jpgデコード・イングレス(DeCode Ingress)
2014/08/02 00:21:32
アプリケーションパッケージ解析 [1.57.1] の紹介です。

1-57-1.png

アプリケーションパッケージ解析 [1.57.1]
2014年08月01日 Connor Tumbleson

私たちにとって7度目となる解析を紹介します。今回ご紹介するのはバージョン 1.57.1 となります。このバージョンは今現在 Play Store上で僅かながら展開されています。

当然注目を集めているのはミッションですが、まだご存じでない方もいるかもしれませんね。今回の解析では改めて詳細には触れませんので、初めてミッション機能の存在が発見されたバージョン 1.55.0 の解析と、引き続きミッション機能の開発が進められたバージョン 1.56.0 の解析をご覧ください。それではお愉しみください!

新ポータル画面
インベントリ内のポータルキーを選択すると、大きなポータル画像が回転表示されるようになりました。また、リチャージボタンの配置が移動されています。

1_20140802.jpg

ポータルキーの大量リサイクル機能
バージョン 1.54.0 で導入されていた大量リサイクル機能ですが、ポータルキーのリサイクルには対応していなかったことへの苦情が真っ先に寄せられていました。皆さんの提案が汲まれ、追加されたのです!

2_20140802.png

ミッション
アプリケーションパッケージ内にはバージョン 1.55.0 から存在しています。

今回の開発状況から、レイアウトとバックエンド・コードとの関連性がわかりました。数多くの視覚的な変更が行われており、アクションの開発は終えているようです。例を挙げると、ミッションを終えウェイポイントや課題を達した際には、素敵なメッセージで応じられるのです。

  • ミッションメダルを獲得しました。

さて、戸惑う前に深呼吸といきましょう。私たちはこのメダルがプロフィール画面上にある所謂バッジとは考えていません。ミッションのレイアウトにあるラベルやテーブルを確認したところ、このメダルは機能的には別個のものと思われます。このメダルはミッションを達成したことを示すものに過ぎないでしょう。

ミッションに要する時間を算出するためのタイマーが存在しています。このタイマーには次のようなフィールドがありました。

  • 分数、時間数および日数

表面上は何も得られぬものですが、1時間では達成できないミッションの存在を示唆するものなのかもしれません。数日を要するミッションがあるのかもしれないのです。裏を返せば、多くの時間を割くことのできないエージェントのための予防措置に過ぎないのかもしれません。

ミッション機能は大詰めを迎えているようにも見えます。次回のバージョンでこの機能の導入もあり得るのではないでしょうか。そうすればこの機能の発見から四度目のバージョンで導入されることとなり、カプセルやレベルといった新機能に要する開発から導入までの日程とおおよそ重なります。

Android のバックアップ
今週は若干の変更が目に留まりました。allowBackup 属性のブール値が false へと変更されていたのです。

  • android:allowBackup="false"

私自身は携帯電話間で多くのことを切り替えて利用していますから、adb のバックアップにアプリケーションを利用することは決して珍しいことではありません。また、イングレスは主としてサーバー側で処理されており、今回の変更がクライアント側のストレージに関してさほど悪影響はありません。それでも、どうして今回の変更が行われたのかはわからずにいます。

フィールドトリップ
ナイアンティックの手掛ける別のアプリケーション、フィールドトリップに関しては以前ご紹介しましたが、新たに「SimpleFieldTripCard」と「FieldTripCard」という二種類のファイルが存在しています。これらは同アプリケーションと直接的に関係するものです。しかしながら、それらはどことも紐づけられておらず、イングレスにおける用途はわかっていません。

言語
言語の文字列が名称変更され、翻訳が修正され、言語の抽象化が行われ、10 以上のロケールが更新されていました。利用されている言語が英語でない場合には、言語関連に何らかの変更が確認できることでしょう。

その他

  • 応答確認
    • [追加] enableBadAnalyticsTrackingEventLogging
  • 構築
    • 構築 2014年07月29日
    • 入手 2014年07月29日

総括
ミッション機能の開発は達成されようとしています。影響の続く厄介なエキゾチックマターの不具合に関しても仄めかしておきましょう。スキャナー画面では複合的なゲーム状況があります。ゲーム内のアクションの中には「updateVacuumedEnergyGlobs」機能の引き金となるものもありますが、この機能に不具合があるように思えるのです。ハックの最中にエキゾチックマターが消失したことはありませんか。バージョン 1.57.1 で確認し、報告するとしましょう。

Decode Ingress
2014/08/02 00:21:32
Ingress Apk / Scanner Teardown [1.57.1]

http://goo.gl/HXC6CX

#Ingress #DeCodeIngress +Ingress

Ingress Apk / Scanner Teardown [1.57.1]
BY CONNOR TUMBLESON ON AUGUST 1, 2014 GAME, UPDATES

Welcome to the 7th edition of Ingress Teardowns. This time we are peeking into 1.57.1. This version is currently on a small rollout to a Play Store near you. Missions of course are the big interested topic, so if you haven't heard of them yet. Please read the 1.55.0 Teardown (Missions first discovered) and 1.56.0 Teardown (Development of Missions continued), as we will not repeat details in this teardown. Enjoy!

New Portal View screen
When selecting a key in your inventory, you are presented with a large rotating picture of the portal. Also, the Recharge button has been moved to a new location.

Mass Recycle keys
The first complaint following the Mass Recycle feature (introduced in 1.54.0) was lack of mass key recycling. Rejoice, your suggestion has been taken into consideration and added!

Missions
In APK since (1.55.0)
In this iteration of development we saw the connection of layout to backend code, along with a lot of the visual changes and actions being developed / finished. For example, when you finish a mission, and complete the waypoints / tasks. You will be greeted with a nice message.

  • You've earned a Mission medal.

Now lets take a quick breath before panicking. I don't believe this medal is like one that would go on our profile page (ie badges). I see an entire label and table contained within the mission layouts. This means that this medal is probably isolated to that feature. These medals are probably more or less proof that you completed that mission.

There is a timer that runs for missions for calculating how long it took you. This timer only has the following fields

  • Minutes, Hours and Days

On the surface, this is probably nothing, but it might be a hint for missions that cannot be completed in a less than an hour. There may be missions that take days or more. Or on the flip side of the coin this is just a precaution for agents who may take a lot of time.

Missions appear to be nearing the end of its development. I would venture a guess that the next version might have this feature live. It would be the 4th release since the discovery of this addition, which is about the timescale that new features (Capsules and levels) seem to take for development and launching.

Android Backup
A tiny change caught my eye this week. A boolean value for the allowBackup attribute was changed to false.

  • android:allowBackup="false"

I switch between phones a lot, so using applications that utilize adb backup isn't uncommon for me. Then again, Ingress is mainly server side so this change doesn't hurt as bad as applications that only have client side storage. Still makes me wonder what triggered this change.

Field Trip
As we've spoken before about Niantic's other application: Field Trip. There are two new files (SimpleFieldTripCard and FieldTripCard), which directly relate to that application. However, they are not referenced anywhere else yet. So there functionality and use in Ingress is still unknown.

Language
Language strings were renamed, translations modified, languages abstracted and 10+ locales were updated. If your language is not English, I would take a look because maybe something language related has changed.

Nitty Gritty

  • Handshake
    • Added enableBadAnalyticsTrackingEventLogging
  • Build Dates
    • Built July 29
    • Obtained July 29

Closing
Along with the almost completed development of missions. I saw another hint at the dreaded XM bug that continues to affect people. There are multiple states of the game when simply at the scanner screen. With some in-game actions triggering an updateVacuumedEnergyGlobs function, this function I believe is in response to that bug. If you've experienced vanishing XM during hacking. I would give 1.57.1 a try and report back.