サーティンマグナス:デヴラの主張

devra.pngデヴラ・ボグダノヴィッチ(Devra Bogdanovich)
2013/11/12 13:50:12
私はナイアンティック計画において研究責任者を務めていました。私たちはエキゾチックマター(エックスエム)の脅威と機会を研究するために国家情報局の引き抜きを受けたのです。エックスエムは「ポータル」と呼ばれるものの周囲に集まる性質を備えた全く新しい形態です。

私たちはポータルが芸術的、文化的、歴史的に重要な場所に存在することを突き止めました。これは国籍や文化に関わらずあらゆる人類史に符合するものと考えられます。

エックスエムの強い影響を受けた人々がいることも明らかとなりました。私たちはそういった人々を「センシティブ」と分類しています。エックスエムによる影響は大半の人々とって望ましいものであり、創造力や認識能力の向上が期待できます。

エックスエムの解析にあたり、私たちはその中に暗号化された情報があることも突き止めました。それはあたかも、何者かが私たちとのコミュニケーションを試みようとしているかのようでした。このような事実とエックスエムによる影響から、その未知なる存在は「シェイパー」と呼ばれるようになりました。

「スキャナー」はエックスエムを収集・制御し、ポータルのエックスエム出力を増強させるための様々な検証を目的としてリントン=ウルフ博士が開発したものです。

不測の事態からエックスエム・スキャナーは外部へ渡り、イングレスと呼ばれる「ゲーム」として公開されてしまいました。その結果、エックスエム・スキャナーは広範に普及し、エックスエム曝露した何億人もの人々の影響に対処することを余儀なくされています。

研究所において、エックスエムとそれを用いて私たちとコミュニケーションを図ろうとしている勢力に関する見解で私たちに対立が生じました。エックスエムによる人類の革新へ期待し、シェイパーを継続的な進化のうえでは味方であると考える者たちもいました。エックスエムとシェイパーを人類の存続に対する脅威と見る者たちもいました。エックスエムの研究とその活用を支援する者たちは「エンライテンド」と呼ばれ、それに対抗することを誓う者たちは「レジスタンス」と呼ばれました。

ナイアンティック計画の構成員であった同僚のひとり、芸術家でセンシティブと思われたローランド・ジャービスなる人物は、膨大なエキゾチックマターに曝露した直後に殺害されました。遺体解剖が行われた際、それは解剖の支障となることが判明しています。

その死から1ヶ月後、ローランド・ジャービスはサンフランシスコのキューピッドスパンのポータルでエックスエム体として「顕現」しました。新たな姿を成したジャービスは、エンライテンドの指導者と見做されるようになったのです。以降、彼はエックスエムとそれを背景とした数々のコミュニケーションを図っていったのです。

2013年08月、ジャービスは「オペレーション・カサンドラ」の名で知られることとなった一連の事件で世界各地のパワーセンターを確保しようとし、エックスエム闘争は新たな局面に達しました。その過程で人の精神に影響を及ぼし改変させることさえある古代言語あるいは「グリフ」の存在が明らかとなり、危険を孕んだグリフ群が世界中に解き放たれたのです。グリフは拡散してしまいましたが、旧ナイアンティックメンバーのキャリー・キャンベルが彼女自身を犠牲にしてそれを防ぎました。

まだまだありますが、ただ事態は悪化していったに過ぎません。

かつてはナイアンティック・メンバーであったオリバー・リントン=ウルフは当初ジャービスを救おうとしていましたが、オペレーション・カサンドラで彼に攻撃されるやバンコクへ戻って新型のエックスエム兵器を開発したのです。それは「ダーク・エックスエム」若しくは「カオティックマター」を使用したものでした。ジャービスに対してその兵器を使用しましたが、倒すことはできず、ジャービス「エンティティ」は世界各地のポータルへ13片の「シャード」として分散したのです。

バンコクで、ジャービスは自ら「オシリス」を名乗ったことは注目に値することでしょう。ご存知の通り、神話の「オシリス」は肉体を13片に分かたれたあとに復活を果たしています。

今ではジャービスが自らの復活を計画していたと考えています。それはサンフランシスコのキューピッドスパンにあるメガポータルへ相当数のシャードが集められることで叶うことでしょう。エンライテンド・エージェントは既にその実現に取り組んでいます。対してレジスタンス・エージェントはジャービス・エンティティを完全破壊すべくアルゼンチンのブエノスアイレスにあるもうひとつのメガポータルへシャードを集めようとしています。

私たちは何としてもシャードの統合を阻止しなければならないでしょう。

デヴラ・ボグダノヴィッチ

Devra Bogdanovich
2013/11/12 13:50:12
I was Research Lead on the Niantic Project. We were chartered by the NIA to study the threats and opportunities coming from Exotic Matter (XM). XM is a new form of matter that clusters near what we refer to as 'Portals.'

We discovered that Portals occur in places of artistic, cultural, or historic significance. We believe this has been the case for humans of all nationalities and cultures, throughout recorded history.

It also became clear that certain people are deeply affected by XM. We classify these individuals as 'sensitives.' The effects of XM are considered positive by many and may include heightened creativity and cognitive capacity.

During our analysis of XM, we also discovered that XM seemed to be carrying encoded information within it. Someone, or something, seemed to be trying to communicate with us. Because of this, and the perceived effects of XM, that unknown entity became known as 'the Shapers.'

The 'Scanner' was created as by Dr. Lynton-Wolfe as a means to harvest XM and to test various XM constructs designed to control XM and to increase the output of XM from Portals.

In an unanticipated event, the XM Scanner slipped into private hands and was released to the public as a 'game' called Ingress. As a result, the XM scanner was widely disbursed and we are left to deal with the effects of XM exposure on hundreds of millions of people.

Within the lab, our opinions about XM, and the force that might be using it to try to communicate with us, were split. Some believed that XM held great promise for the progress of humanity and that the Shapers, whatever they are, might be our allies in continued evolution. Others saw XM and the Shapers as an existential threat to human existence. Those supporting the study and use of XM became known as 'the Enlightened.' Those committed to fighting it became known as 'the Resistance.'

One of my fellow team Niantic members, an artist and suspected Sensitive named Roland Jarvis, was killed shortly after being exposed to a massive dose of Exotic Matter. When an autopsy was carried out on his body, it was found to be obdurate to the autopsy process.

A month after his death, Roland Jarvis 'manifested' as some kind of XM being at the Cupid's Span portal in San Francisco. Jarvis, in this new form, came to be seen as a kind of leader for the The Enlightened. He has since issues a number of communications about the meaning of XM and those behind it.

In August 2013, the struggle over XM reached a new level of urgency when Jarvis instigated an effort to gain control of power centers around the world in a series of events that came to be known as 'Operation Cassandra.' In the process, information was uncovered about an ancient language of shapes or 'glyphs' which have the ability to influence, and perhaps even 'program' human minds. A series of potentially dangerous glyphs were unleashed on the world. These were ultimately diffused but not until former Niantic lab member +Carrie Campbell sacrificed herself in an effort to block them.

There's more. And it only gets worse.

Former Niantic Lab member Dr. Oliver Lynton-Wolfe first tried to help Jarvis, but after being attacked by him during Operation Cassandra, retreated to Bangkok where he developed a new type of XM weapon, this time using 'Dark XM' or 'Chaotic Matter.' When he used this weapon against Jarvis he not only failed to defeat him, the Jarvis 'entity' shattered into 13 pieces or 'Shards' that dispersed to Portals around the world.

It is significant to note that in Bangkok Jarvis referred to himself as 'Osiris.' As you know, the Osiris myth relates to resurrection after a body is divided into 13 parts.

We now believe that Jarvis is plotting a resurrection of his own. This will be achieved if a viable number of Shards are gathered at the Cupid's Span mega-Portal in San Francisco. Enlightened agents are working at this very moment to make that happen. A parallel effort by Resistance agents is underway to gather the Shards into another mega-Portal in Buenos Aires, Argentina in order to destroy the Jarvis entity forever.

It is my firm belief that we should prevent a unification of the Shards at all costs.

+Devra Bogdanovich

前へ

視線のダンス

次へ

啓示の夜