HAZDATA

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
HAZDATA
2013/04/21

HAZDATA
HAZDATAは、データの検疫、サルベージ、オフライン化を行う独立企業である。彼らの専門は、「感染している」と考えられる私的・公的環境下のデータを防疫し、阻止し、凍結し、検索することである。
GLOBAL DATA ANALYSIS GROUP, INC.

リーダーシップ
HAZDATAはカオル・ウォンによって創立された。カオル・ウォンはホワイト&ブラックハット(※訳注=善意/悪意のハッカー)であり、施設侵入やサイバー、物理的セキュリティのハッキングを行ってきた元情報分析官である。彼は仮想・物理的オペレーションを実行してきた。10年の勤務の後、彼は民間セクターに異動した。HAZDATAの活動が成功した場合、その大部分は非活動によって特徴付けられる。別の言葉で言うならば「何も起こらない」ということである。

エッセンシャル・システム
HAZDATAは不正なデータとデータ環境に対処する。生物学的大量感染時に使われる医療技術に類似したメソッドを採用している。HAZDATAの能力はザラ・パフレヴィによって強化された。彼はFBIのサイバー科学捜査官で、サイバー犯罪の初期の法的執行プロトコルを「サイバーCSI:コンピュータ犯罪現場分析」(FBI、2009)に著わした人物である。

HAZDATAはあらゆる形の犯罪、データ漏洩、その他の独占利用に完全に対処する装備を持っている。彼らがアクセスする必要があるほとんどのケースにおいて、必要があれば武装もしくは非武装による「実働部門の出動」そして「排除」を実施する能力を有する。HAZDATAは致死性のある活動は専門外である。

インフラストラクチャー
HAZDATAはカリフォルニア州レッドウッド・ショアーズにオフィスを持つ。同所で彼らのビジネスを支えるのはデータの保守、追跡、検索である。HAZDATAはバンを数台と、海外活動のための軍事的輸送力を持つ。HAZDATAは身分秘匿操作や、扮装危険地帯、また武装地帯での活動は行わない。同社はブラックバッグ・オペレーション(不法侵入作戦)や戦闘状況には対応しない。ホスト国家や要請者は非武装作戦可能な環境を用意する必要がある。HAZDATAが軍事地帯で活動したことがあったとしても、それらは特殊な状況と見なされる。

フィールド・フォース
HAZDATAの実働部門には、二つの異なる形態がある。IC専門・法専門サイバー犯罪執行官と、実力行使部隊である。HAZDATAの従業員は、即応・軽度の戦闘の訓練が必要とされるものだ。彼らはボディアーマーとあらゆるタイプの非殺装備を使用することが出来るという。HAZDATAは必要であれば、指揮命令系コアチーム(それは「ミッション・インポッシブル/スパイ大作戦」めいた選別を経ているという)のサポートを受けて稼働する。
HAZDATAは作戦において、各組織や政治・軍事主体に完全な情報開示を要求する。合わせて、いかなる非公開または過失的に察知できなかった脅威に対して補償を求める。

HAZDATA
HAZDATA is a data quarantine, salvage, and offlining entity. Their specialty is cordoning, containing, freezing, and retrieving data in private and public environments that are believed to be "diseased," either as transmitters of nefarious viruses or targets of data extraction.
GLOBAL DATA ANALYSIS GROUP, INC.

LEADERSHIP
HAZDATA was created by Kaoru Wong, an ex-intelligence analyst who specialized in white and black hat facility penetration and cyber and physical security hacking. He ran both virtual and kinetic operations. After 10 years in the service, he transferred to the private sector. Most of HAZDATA's successful operations have been characterized by non-activity, in other words, what did not happen.

ESSENTIAL SYSTEMS
HAZDATA deals with corrupt data and data environments, adopting methods similar to medical procedures used in biological outbreaks. HAZDATA's capabilities are enhanced by Zara Pahlavi, a cyber-forensicist at the FBI who wrote pioneering law enforcement protocols in The Cyber CSI: Computer Crime Scene Analysis, FBI 2009.

HAZDATA is fully equipped to deal with all forms of crimes, data leaks, and other exploitations. They require access in most cases, though they have the ability to do armed and unarmed "employee interviewing" and "exiting." HAZDATA does not specialize in operations involving lethal force.

INFRASTRUCTURE
HAZDATA has offices in Redwood Shores, California, and their primary source of business in that location is data security, tracking, and retrieval. HAZDATA owns several vans and a military transport for foreign operations. HAZDATA is not an undercover operation and will work in conflicted regions, but not embattled regions. The company is not designed for black bag operations or combat situations. Host nations or employers are expected to provide non-militarized operational environments. At times, HAZDATA has operated in militarized zones, but these have been special occasions.

FIELDED FORCES
HAZDATA employees come in two distinct forms: ex-IC and ex-law enforcement cyber crime and threat operatives. HAZDATA employees are expected to take response and light combat courses. They should be comfortable with body armor and non-lethal force of all types. HAZDATA works with a core team that is supported by contractors, as needed, in what they call a "Mission: Impossible" type team selection.
HAZDATA demands full disclosure of all corporate, political and military players in an operation and requires insurance that guarantees against any undisclosed or negligently unrealized threats.