起源

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
Origins
12/09/2012

これをしっかりと見てみたまえ。目だけでは見えぬものがさらにある。
ナイアンティック内部の私の情報源とは何者か? なぜ彼らはこのような奇妙な方法で私に情報を送るのか? 私には与り知らぬ事だ。
--PAC

Look closely at this one. There's more here than meets the eye.
Who is my source inside Niantic? Why are they sending me information in such a strange way? I haven't fully figured it out yet.
‐‐PAC

ncb.png

※表示される画像の九箇所(マウスオーバーで緑色に変化する)が、それぞれ音声ファイルにがリンクしている。

ローランド・ジャービス 音声記録

父は戦闘機のパイロットで、エドワーズ空軍基地(訳注:カリフォルニア州東部モハヴェ砂漠に実在する。現在もおそらく続く試作航空機の実験の場でもある)に配属された。母は典型的な60/70年代の母だった。1965年、不動産屋がカリフォルニアのカリフォルニア・シティに優良物件があると父に信じ込ませた。「いずれカリフォルニアで三番目に大きくなる市ですよ。その一等地、いかがです?」

彼はビュートの砂漠とセコイアの一角に、家財一切を降ろした。我々は両側のたくさんの家々を、さらに我々は通りの向こうの土地を取得した。そして焼けたカリフォルニアの砂漠に腰を据え、隣人が現れるのを待った。お分かりだろう、誰も来なかったよ。

ご近所さんがいない環境で成長するのは、よい点もあった。何も無いけれど、歩き回り、遊ぶ場所には事欠かない。子供たちが空っぽのストリートを通りがかったら、彼らと遊べただろう。まったく不毛な土地だったから、母は私がどこに居るか探す必要も無かった。窓の外を見れば、すぐに私が見えたからね。

ある日、私たちにとって死ぬほど驚く事件があった。1機のXF-103ジェット戦闘機が、エドワーズで試験飛行か何かを行っていた。一体何が行われようとしていたか、何を目的にしていたのか知る人がいるか分からないままだ。その内容はインディ・ジョーンズのロッカーの深いところに埋もれているか、Xファイルみたいに秘密にされているんだろう。
ともあれ、私たちは高速で降下する音を聞いた。飛行機の通り道に住んだことがあれば、君も通常時と非常時の違いに敏感になるだろうね。いずれにしても、何か大きな音を聞いたが、それは墜落の音では無かった。エンジンが叫びを上げているのよりも「鈍い」ものだった。

私たちは外に駆けだした。
そこにはXF-103が、ダーツのように地面に突き刺さっていた。全く完全な姿だ。損傷している部分を指摘できないほどだった。私たちの家からわずか1ブロックを隔てた場所だった。フットボール場2面ぐらいかな。とにかく間近だった。
私は突っ立って、それを見ていた。母は私がそれ以上近づかないようにしていた、爆発するのではないかと恐れていたのだ。アフターバーナーから炎が出て...ジェット機というより松明のように見えた。

時間が止まったようだったが、しかし...やがてゆっくりと動き始めた。
おそらく30秒が経った頃、パイロットが通りの向こうに降着した。パラシュートをまとめ、私たちの方へ歩み寄ってくる。「マダム、お騒がせして申し訳ありません」。母は肩をすくめた、父が墜落したのでは無いことを喜んでいたのだろう。

彼女は彼にレモネードを供し、緊急トラックが来るのを待った。トラックは数分後、白いセダンを伴ってやってきた。セダンは政府専用の種類のものだ。何人かは白いコート、他はダークジャケットにサングラス姿。映画みたいだった。彼らは周囲を確認し、覆いを作ると飛行機の復旧を始めた。

彼らの一人が私たちに近づき、この件について誰にも話さないようにと伝えた。私たちは誰も彼も、露助がそれを見つけ出したりしたら私たちの命を終わらせると考えていた。私たちは彼らがミサイル・ギャップ(訳注:冷戦期のミサイル開発競争。アメリカよりもソ連が優勢だったとされていた)を埋めることを望むのみだった。
翌日、戦闘機は覆いで隠されて長いトラックで牽引されていった。コヨーテのつがいが巣穴へ引っ込み、全ては何事も起こらなかったように元に戻った。

思い返せば、地面に突き刺さった飛行機が私の人生を変えたのだ。それは私が見た初めての彫刻だった。私の行くべき道を先導した。私は、私にとってXF-103が砂漠に墜落したくらい、人々を驚嘆させるものを作りたいのだ。

Roland Jarvis Audiodiaries

My father was a Fighter Pilot stationed at Edwards Air Force base. My mother was a 60's/70's mom. In 1965, a real-estate guy convinced dad that the smart thing to do was buy property in a place called California City, California. "It's going to be the third largest City in California. You're in on the ground floor."

He put down all he had on a house at the corner of Desert Butte and Sequoia. We owned the lot next door on both sides, and we owned the lot across the street. And there we sat in the baking California desert, waiting for other neighbors to show up. Of course, they never came.

Growing up in a neighborhood with no neighbors has its advantages. You have nothing but space to roam and play. And kids would come riding over on the empty streets, and I'd play with them. The terrain was so barren, my mother didn't have to wonder where I was. She could just look out the window and see me.

One day, we almost got killed. An XF-103 fighter jet was doing some kind of flight tests out of Edwards. I'm not sure anybody knows what it was doing or supposed to be doing, that kind of information was pretty deeply buried in some Indiana Jones locker somewhere, or secreted on some X-File.
Anyway, we heard the sound of a jet descending at high speed - when you live in a flight path, you become sensitive to the normal and abnormal. In any case, then we heard something loud, but it wasn't a crash. It was more of a 'thud', but with the screaming of engines.

We ran outside.
There was an XF-103 sticking into the ground like a dart. It was fully intact. Not even damaged from what I could tell. It was only about a block from our house. Maybe a couple football fields. Real close.
I just stood there watching it. My mother wouldn't let me get all that close, fearing that it might blow up. There were flames coming out of the afterburners and...they looked more like torches than jets.

It was as if time had stopped or-or at least slowed down to nothing.
About 30 seconds later the pilot drifted down to a lot across the street. Chucked his parachute and walked over to us. "Sorry about the interruption, ma'am." My mother shrugged, happy to see that dad wasn't in the crash.

She offered him some lemonade and we just waited for the emergency trucks. They came by in a few minutes along with some white sedans. The kind only the government drives. Some men in white coats and some other guys in dark jackets and sunglasses got out. It was just like the movies. They looked around. Put some tarps up and began removing the plane.

One of the men came over to us and said that we weren't supposed to tell anybody about this. We understood as did everybody back then that if the Rooskies ever found out about it, life as we knew it would end. We just hoped that they were closing the missile gap.
The next day, the fighter plane was hauled off on a long truck covered by a tarp. A pair of coyotes moved into the hole and the whole thing didn't happen.

Remembering the planes stricking out of the ground changed my life. It was the first sculpture I had ever seen. It set me off on my path. I want to create things as amazing for people as that XF-103 crashed in the desert was to me.