参考人ファイル

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
Persons of Interest
12/05/2012

今日の更新はチューリッヒHBでの事件にさらなる必要な光を当てたね。
理解されねばならぬものは、いまだ多い。「チューリッヒでの殺人事件の犠牲者であり、ジャービスは中立化されたと思われる」
何者が彼らを死に至らしめたのか? そして何故?

Today's update sheds some much needed light on the Zurich HB incident.
There's much to be understood, still: "The victim of foul-play in Zurich, Jarvis is believed to have been neutralized."
Who set them up to die? And why?

データベース[        ]▼
----
クエリ [        ]
ボグダノヴィッチ と ナイアンティック では1つの結果が見つかりました
----
関連: ナイアンティック・プロジェクト | プロジェクト・ワイダ | SETI | エゼキエル・カルビン

データベース: NIA 参考人ファイル
記録番号: ABZ8235315315
題名: デヴラ・ボグダノヴィッチ博士
ファイル作成: エージェント#D993 (K.オーウェン)
最終更新: 12.04.2012.14.57.33
公開範囲: TS NIANTIC LEGERDEMAIN
デヴラ・ボグダノヴィッチはナイアンティック計画の先頭に立つため、スタンフォード大学から引き抜かれた。

引き付けられる身体と同僚の警戒を解く能力で、彼女は量子生物学を牽引する研究者であり続けた。彼女は契約が結ばれた当初、NIAとナイアンティックの関係に気付いていなかった。しかしもはや既知となっただろう。

チューリッヒ報告(4RF:II)によれば、ボグダノヴィッチ博士はチューリッヒ中央駅での殺人事件の犠牲者の一人とみられる。しかし、それら案件は不自然さを感じる(彼女の遺体が発見されていないことに限定しない)し、彼女の現在の所在地の個別の確認がなければ、彼女の死亡は現状では未確認のままだ。ボグダノヴィッチ博士が悪漢と共に行動している疑いもある。

ボグダノヴィッチ博士に関するさらなる調査は、ディレクターに提出せねばならない。

ディレクターの指示により、当参考人ファイルの全ての情報は機密扱いを維持する。

アーカイブ・ファイル画像ID y8q2w
MORE
データベース[        ]▼
----
クエリ [2wc2dalbyr2w2q  ]
ローランド と ジャービス と ナイアンティック では1つの結果が見つかりました
----
関連:
ナイアンティック・プロジェクト | センシティヴ・トラッキング | エゼキエル・カルビン | チューリッヒ
データベース: NIA 参考人ファイル
記録番号: ABZ8235512655
題名: ローランド・ジャービス
ファイル作成: エージェント#D993 (K.オーウェン)
最終更新: 12.04.2012.15.39.17
公開範囲: TS NIANTIC FILAMENT
ローランド・ジャービスは、その作品の着想はシェイパーズとのチャネルによって繋がっていると信じていた彫刻家であった。彼は、クラシックカーのコレクターだった。

彼がデヴラ・ボグダノヴィッチ博士と緊密な結びつきを共有していたことを、証拠は示唆している。彼らは共謀しナイアンティック計画研究所からジュネーヴへと脱出し、啓示の夜として知られる出来事の夕方、共に鉄道でチューリッヒ中央駅に旅していたということも、証拠は示唆している。

彼の仕事と人生は、彼が「シェイパーズ」と呼ぶ存在によって力づけられた、と彼が言っていたと記録されている。彼が子供の時に始まったと思われ、そして彼の時として批難を受けた彫刻は、トランスディメンジョナル・アノマリーに関わる試みであった可能性がある。彼は、墓の向こうから「symp」ムーブメントと呼ばれるものを導いていると疑われている。個別の事案は確認中であるが、エックスエム現象の説明に類似すると思われる──彼らがそのようなコミュニケーションを容易にすると、これまでに理論付けられている。チューリッヒでの殺人事件の犠牲者、ジャービスは中立化されたと思われる。

(ディレクターの命令により、地元の法執行機関の全てのファイルは抹消され、当参考人ファイルの情報との関連は機密化た)

アーカイブ・ファイル画像ID #sh7z2y2w
more

Database [        ]▼
----
Query [        ]
Found 1 results for BOGDANOVICH + NIANTIC
----
Related: NIANTIC PROJECT | PROJECT WHYDAH | SETI | CALVIN, EZEKIEL

Database: NIA Persons of Interest Filed by: Agent #D993 (Owen, K.)
Record: ABZ8235315315 Last Update: 12.04.2012.14.57.33
Subject: DR. BOGDANOVICH, DEVRA Clearance: TS NIANTIC LEGERDEMAIN

Dr. Rogdanovich was recruited from Stanford University to head the Niantic Project.

Physically attractive and disarming to colleagues, she remains the leading researcher in quantum biology. She was not aware of NIA involvement in Niantic at the time her service was engaged, however that may no longer be the case.

Per the Zurich report (4RF:II), Dr. Bogdanovich is believed to have been one of the murder victims at Zurich Hauptbahnhof. However, given the mysterious nature of those events (including but not limited to her body not being found) and the lack of independent verification of her presence at the location, her death remains unconfirmed at this time. Suspicion that Dr. Bogdanovich has gone rogue remain.

All further inquiries into Dr. Bogdanovich must be submitted to the Director.

Per Director orders, all information pertaining to this Persons of Interest report remains Classified.

Archive File Photo ID y8q2w

MORE

Database [        ]▼
----
Query [2wc2dalbyr2w2q ]
Found 1 results for ROLAND + JARVIS + NIANTIC
----
Related: NIANTIC PROJECT | SENSITIVE TRACKING I CALVIN, EZEKIEL | ZURICH

Database: NIA Persons of Interest Filed by: Agent #D993 (Owen, K.)
Record: ABZ8235512655 Last Update: 12.04.2012.15.39.17
Subject: JARVIS, ROLAND Clearance: TS NIANTIC FILAMENT

Roland Jarvis was a sculptor who believed the inspiration for his works was channeled to him by the Shapers. He was a collector of classic automobiles.

Evidence suggests that he shared a close bond with Dr. Devra Bogdanovich. Evidence also suggests that they were co-conspirators in their escape from the Niantic Project Laboratory in Geneva, and travelled together to Zurich Hauptbahnhof by rail on the evening of the event known internally as Epiphany Night.

Jarvis is on record as having reported that his work and life were empowered by what he called "the Shapers". This may have started when he was a child, and his maligned sculptures may have been attempts to channel trans-dimensional anomalies. He is suspected of leading what is being referred to as the "symp" movement from beyond the grave. Independent verification is ongoing, but XM-phenomena seem a likely explanation - that they could facilitate such communication has up until now only been theorized. The victim of foul play in Zurich, Jarvis is believed to have been neutralized.

(Per Director's orders, all files with local law enforcement have been scrubbed, information pertaining to this Persons of Interest report is Classified).

Archive File Photo ID #sh7z2y2w

MORE