ナイアンティック調査・4

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
The Niantic Investigation 4
2012/11/30

NIANTIC INVESTIGATION BY
P.A. CHAPEAU
EP 4: THE SPHERE OF WEIRDNESS
A conspiracy Revealed

P.A. シャポー:
オーケイ、我々はナイアンティック調査の重要地点に辿り着いた。これまでに我々が暴いてきたことを振り返ってみるのに、良いタイミングだと思う。

私のこの旅の第一歩は、謎めいた電子メール──その多くの中の一つが、私が追跡できたものだ。メッセージはなく、リンクだけがあった。

それが私を、電話に問題を抱えた男性のYouTubeの動画に導いた。彼がその電話を所有したことが、翻って彼の最大の問題となった。

さらにメールは続いた。他の人物たちの情報とデータを持つ何者かと接触し、私が知ったのは、秘密の先進研究を行う、暗号名「ナイアンティック計画」だった。しかし、ナイアンティックとは一体全体、何なのだろうか?

明らかに、ポータル...エネルギーのたぐいを発生させる場所には、何かがある。この教授はその件について講義を行っていた。おそらく私の情報提供者と同じ人物が彼に接触しようとしたのだろう。そうであるなら、彼に質問する機会は失われたとみるべきだろうね。

彼だけが消えたのでは無い。彼の生徒の一人もそうだった。共に政府組織NIAの秘密工作員と接触し、おそらくその後、行方不明となっている。すぐに彼らより増える。ああ、電話に不具合があった彼かい? そうさ、彼もまた音信不通だ。

毎日、更なる漏洩が私にもたらされ...僅かな一滴が、やがて奔流と変わる。謎めき、興味深く、憂慮すべき情報の奔流は、今日も続いている。当初は、これがどこに向かうかなど、全く分からなかったが、もし私の考えが正しければ、ボブ・シーガーの歌詞にもあるように「その時のように知らないままでいれば良かったのに」ということになる。そして私は今や、NIAを知ったのだ。
(※訳注:ボブ・シーガーはアメリカの存命シンガーソングライター。「Against the Wind」(1980年発表)という曲の歌詞「Wish I didn't know now what I didn't know then」からのようです)

彼らはこの男を探していた。アーティストで、名前はタイコ。コミコンでのことだ。彼らが彼を捕捉する前に、タイコはシェイパー、そしてポータル、さらに別の次元のことをわめき散らしていた。彼の作品には隠されたメッセージがあった。私にも一部を解読することができるが、彼らをどこへ導いただろうか? ナイアンティックに戻ろう。適当なサイズに収まりきらず好き勝手に成長している陰謀に戻ろう。なぜ(収まりきらないか)って? 私のせいさ。私と匿名情報源は、真実を白日の下にさらそうとしているのだから。

私はかつて使われる側だったのだ──だが何のために? その目的は見えないままだ。NIAはまだ、私の口封じの方法を探しているかも知れないが、彼らに我々全員を黙らせることなどできはしない。これを聞きとめたなら、忘れないでくれたまえ:何かが、ひどくおかしくなっている。我々の周りの至る所が。今そこで起こっていることは、人類の発祥にまで遡るかも知れない。ナイアンティック計画がシェイパーと名付けた存在が、その影にあるのだ。

私が明らかにできるのは、陰謀を企てる者たちにはシェイパーを止める力は無いと言うことだ。あるいはそうするつもりがないのかもしれない。どちらにしても居心地の悪いことだがね。

このサイト、つまりnianticproject.com、このサイトは私にとって、ナイアンティックを知りすぎた他の人たちのように、NIAが私を見つけ出し消すことに対抗するための、保険証書だ。もし私が突然、投稿を止めたならば、最悪の事態だと見なしてくれたまえ。そしてそのような事態になったら、次に何を為すべきかは、諸君に委ねよう。私は選択を済ませた。諸君の選択は如何に?

彼らは我らが内にあり。
NIANTICPROJECT.COM

NIANTIC INVESTIGATION BY
P.A. CHAPEAU
EP 4: THE SPHERE OF WEIRDNESS
A conspiracy Revealed

P.A. CHAPEAU:
Okay, so now that we have reached this point in the Niantic Investigation, I think it is a good time to reflect on what we've uncovered to date.

My first step on this journey started with a cryptic email - one of many - that I haven't been able to trace. No message, just alink.

It led me to a video on YouTube about a guy who was having problems with his phone. Turned out him having possession of the phone was his biggest problem.

More emails followed. Information and data about other people who had come into contact with what I learned was a secret initiative, code-named The Niantic Project. But what was Niantic all about?

Apparently, it has something to do with portals... locations that radiate a kind of energy. This professor was giving a lecture on the subject. Maybe the same source that tipped me off was contacting him, as well. If so, it looks like I'll never get the chance to ask him.

He wasn't the only one to go missing. So did one of his students. Both came into contact with a secretive government agency, the NIA, which supposedly no longer exists. More on them in a moment. Oh, and the guy with the glitchy phone? Yeah, he's gone radio silent, too.

Everyday, more would be leaked to me... a slow drip that was turning into a flood. That flood of cryptic, intriguing, worrying information continues to this day. At first, I wasn't sure where this was all going. Now, if my suspicions are right, in the words of Bob Seger, "I wish I didn't know now what I didn't know then." And what I know now is the NIA.

They were hunting for this guy, an artist named Tycho, at Comic-Con. Before they got to him, Tycho was ranting about Shapers, and Portals, and other dimensions. His art included hidden messages. I've been able to decode some, and where do they lead? Back to Niantic. Back to a conspiracy that is growing not only in size, but also in desperation. Why? Because of me. Me and the anonymous source who so desires the truth to be revealed.

I realize I'm being used, but to what end? That remains to be seen. The NIA may yet find a way to muzzle me, but they cannot silence us all. So listen and remember this: Something is very wrong, and it's all around us. It is taking place now, and may trace its roots all the way back to the dawn of man. What the Niantic Project have identified as Shapers are behind it.

What I have been able to reveal is that the conspirators are either powerless to stop the Shapers. Or unwilling to do so. Neither thought is comforting.

This site, nianticproject.com, this site is my insurance policy against the NIA finding a way to make me disappear like the others who got too close to Niantic. If I suddenly stop posting, you can assume the worst. And if that happens, it will be up to you to decide what to do next. I've made my choice. What's yours?

THEY ARE WITHIN US
NIANTICPROJECT.COM


Monitor Lynton-Wolfe

(EP4動画中のQRコードからのリンク)
※訳者注:以下のチャットログは「ナイアンティック・プロジェクト・ファイル」には掲載されていませんが、調査において重要と思われるため、翻訳・掲載します


ジーク:リントン=ウルフを監視せよ。彼がシェイパーに操られていないか確信を得たい。
午後5時50分(木)送信
このチャットログは記録されません


ADA:貴方もご存じの通り、カルヴィン博士、エキゾチックマターは個々人に極めて幅広い影響を与えます。ある人はそれを神秘との合一と理解し、他の人にとっては単に強化と考えます、類似性としては精神的なステロイドでしょうか。私はリントン=ウルフ博士は後者であると信じます。彼は彼の分野でより輝きを増しているだけで、心理的また観念的変化は無いと報告します。


ジーク:彼の監視を続けよ。彼は実験を前にして、いつもより殺気立っているようだ。


ADA:彼を監視します、カルヴィン博士。


Zeke: Monitor Lynton-Wolfe. I want to be absolutely certain that he is not under shaper control.
Sent at 5:50 PM on Thursday
This chat is off the record


ADA: As you know, Dr. Calvin, the effects of Exotic Matter vary widely from individual to individual. Some see it as what can be described as a mystical infusion, others see it as merely an enhancement, the analogy would be a mental steroid. I believe Dr. Lynton-Wolfe is in the latter category. He is simply more brilliant in his field, but I have noticed no psychological or ideological changes.


Zeke: Keep monitoring him. He seems more than usually frenetic as he prepares for the test.


ADA: I will monitor him, Dr. Calvin.