較正:ハンク・ジョンソン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
Johnson
2012/11/20

TS.NIA.NIANTICRECON
DO NOT RETRANSMIT
Calibration.HankJohnson

ハンク・ジョンソン:
神話というものの奇妙さは、常に足跡を残すということだ。

ADA:
ハンク、そういったアイデアはどこから来たのですか?

ハンク・ジョンソン:
俺にはセオリーがあってね、それを明るみに出さないことが最善だと早い時期に気がついたので、自分自身をおおよそ保ってこられた。基本的に...基本的に、俺は場所に続く道を感じ取る。俺の理論は、人々ばかりか出来事をも引きつける、ある種のエネルギーが特定の場所に常にあるということ。俺の言葉で言うなら「彼らにはそれらに対する特別な感覚を持っているということ」になるな。その感覚はある場所ではとても強く、強くない場所でもほぼ必ずと言っていいほど存在する。今、これらの場所がXM、エキゾチックマターの存在と強く相関していることが分かり、俺の本当の贈り物(天の与えた才能)が、その影響を受けてきたことで非常に強まっていると気付いたんだ。

:EOF

TS.NIA.NIANTICRECON
DO NOT RETRANSMIT
Calibration.HankJohnson

HANK JOHNSON:
The odd thing about mythology, is it always leaves a trace.

ADA:
Hank, where did these ideas come from?

HANK JOHNSON:
I have a theory, which I kept mostly to myself because I discovered early on that it was wisest to keep this one dark. Basically... Basically, I feel my way to places. My theory has always been that certain places have an energy that not only attracts people, but attracts events. The best way that I can describe it is that they have a special feeling to
them. The feeling is very strong in some places, and not as strong in others, but nevertheless it's nearly always present. I now know that those places strongly correlate to the presence of XM, Exotic Matter, and realized that my real gift was a very strong sense of when I was being affected by it.

:EOF
DO NOT RETRANSMIT